08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Momokichi no Kimachi stock and computer edition -Google翻訳で遊んでみた-

キャプチャ
図1:Momokichi no Kimachi Google翻訳

前回の記事「FOMC議事録 -Google翻訳の精度が上がっている件-」でGoogle翻訳がいい仕事をしていることがわかりました。


FOMC議事録が日本語に翻訳できたということで、日本語から英語への翻訳も気になります。特に、お行儀の悪い日本語。

ということで、不本意ながら前回の記事を英語に翻訳して表示してみました。何だか申し訳ないぐらい一生懸命翻訳してくれています。

例えば

--みょ もきち♪の日本語よりもちゃんとしているみょ

うん。ちゃんとしています。びっくりです。昔のGoogle翻訳とは大違いです。

ってのは

- It is better than Japanese of Miyokochi ♪

Yup. It is properly done. I am surprised. It is very different from old Google translate.

ってなもんです。

--みょ Miyokochi ♪だみょ

うん。「うん。」は「Yup.」です。一生懸命翻訳しているのです。

ちなみにもう一度日本語に翻訳するとちょっと怪しくなってきます。

- みよ子ちゃんの日本語よりもいいよ♪

うん。それは適切に行われます。私は驚いています。それは古いGoogle翻訳とは非常に異なっています。


--みゃ ついにみよ子ちゃんになっちゃったみょ

うん。これはしょうがないのかと思います。


ドイツ語だって大丈夫です。

キャプチャ
図2:ドイツ連銀

でも、英語ほどは流ちょうには翻訳できないようです。

60年には独連銀の歴史は非常に起こっています。「一つのことが変わっていない。金融政策の中核信念に中央銀行を」、独連銀総裁ジェンス・ウェイドマン記念の解説に書いて。それはだったと物価の安定に焦点まま。60年もの間、独連銀は、彼らが上で、Weidmannの安定性リスクを見ると政治的に背く、恥ずかしがり屋ではありません。「人口のあなたの評判が害されていません。」

引用:60 Jahre Bundesbank: "Geldpolitische Grundüberzeugung hat sich nicht geändert"


何だか最初にFOMCの議事録を見たときの驚きは薄れてきました。

今のところは「お行儀よく書かれた英語」は流ちょうな日本語に翻訳できるようになってきたというところかもしれません。

でも、考えてみれば機械翻訳がほしいのはお行儀がいい英語から日本語への翻訳がほとんどです。それだけでも十分ありがたいと思っています。

FOMC議事録 -Google翻訳の精度が上がっている件-

キャプチャ
図1:FOMC議事議事録 Google翻訳

英語は苦手です。FOMC議事録も誰かが翻訳してくれないとなかなか読めません。


英語のサイトしかないときにはGoogle翻訳に頼っていますが、このGoogle翻訳の精度が上がっています。

以前はそもそも日本語として無理があって、機械翻訳の限界だと思っていたのですが、今回の7月FOMC議事録をGoogleさんに翻訳してもらったら、ちゃんとした日本語になっています。

6月の会合でのFOMCの目標金利の上昇は、他のマネーマーケットの金利にも反映され、実質的なフェデラルファンドの利回りは、四半期を除いて、新たな目標範囲の中間付近にあった。システムの一夜のリバース・レポ契約は、平均で約2,000億ドルであった。為替スワップ市場の状況はかなり安定しており、中央銀行のドルオークションの需要は比較的低かった。また、経営陣は、営業活動の準備を促進するために日常的に実施されている小売り市場の小規模なテストについても報告しました。

引用:FOMC議事録 Google翻訳

--みょ もきち♪の日本語よりもちゃんとしているみょ

うん。ちゃんとしています。びっくりです。昔のGoogle翻訳とは大違いです。


調べてみると、昨年11月ごろから急に精度が上がったようです。

どうやら「ニューラルネットワーク」なる技術を取り入れたことで翻訳精度が向上したとのことです。

「ニューラルネットワーク」ってのは何だかややこしいのですが、一言でいうと「文章全体を見て文脈に合わせて翻訳している」ということのようです。

つまり、やっぱりGoogleが日本語をしゃべっているということです。


このままGoogle翻訳の精度が向上すると、少なくともWeb上では言葉の壁がなくなるのかもしれません。

FOMCの議事録はもきち♪でも読めるということになります。

もちろん。お行儀のいい文章ばかりではありません。スラングが使われていたり、独特の言い回しを使っていたりしてお行儀の悪い文章がちゃんと翻訳できるのかは疑問ではあります。

お行儀の悪い文章はちゃんとお行儀の悪い翻訳が必要になります。

FOMCの議事録はきっとちゃんとしたお役人がちゃんと書いている文章ですから機械翻訳に向いているのかもしれません。

すべての文章でちゃんとした翻訳ができるのかはわかりませんが、少なくともマーケットの大人が書いた文章は内容が読み取れるぐらいには翻訳してくれそうです。だからと言って理解できるかは別問題ですが。


海外の情報がリアルタイムに日本語で読めるというのはありがたいことです。

今は少なくとも主要な8言語に対して「ニューラルネットワーク」が適用されていると発表されています。

英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、日本語、韓国語、トルコ語の8言語だそうです。

--みょ 1,2,3,,,9言語だみょ

うん。どう調べても9言語です。英語を数え忘れたのかもしれません。どちらにしてもたくさんです。英語以外でも大丈夫なのです。シルブプレってなもんです。

ありがたいことです。

日経平均株価収益率(PERに相当)が14倍を切ってきたけど

キャプチャ
図1:日経平均と収益率(PER)日足2年チャート

何やら北の方が気になるのか、日経平均が伸び悩んでいます。


個別銘柄だと、PERやPBRなどで割高割安を調べます。

本来日経平均は株価指数ですので、PERとかPBRとかってのはピンときません。でも、やっぱり業績に対する適正水準ってのは気になります。

そこで、日経平均株価の計算式に個々の銘柄の業績を当てはめて便宜的に日経平均のPERやPBRを求めて評価しているようです。

ということで、日経平均株価のPERを求めてみたのが図1です。


PER(株価収益率:Price Earnings Ratio)は、株価を1株当たり純利益で割って求めます。純利益の何倍まで買われているかを調べています。利益に対する倍率ですので、低い方が割安です。

指標といっても、割高割安の絶対値が決まっているわけではありません。例えば長期金利や景気状況や業種によって大きく変わりますし、増益が続いている企業だと当然高めになります。

一般には15倍から20倍に収まっていると居心地がいいようです。

PERが20倍ということは、年利5%になります。(20/1=100/5)

同様にPER15倍は6.67%に相当します。このあたりが居心地がいいようです。


個別銘柄だと1株当たり利益というのはほとんど変わりません。決算短信は四半期ごとの発表ですし、業績の修正も頻繁にあるわけではありません。また、発行済み株式数も大きくは変動しません。

つまり、PERの推移はほとんど株価推移に一致します。でも、それが225社となると、ほとんど毎日何らかの情報が開示されます。1株当たり利益がほぼ毎日変動するのです。

ということで、日経平均株価の推移とPERの推移に乖離が生じてきます。


今は日経平均株価に対してPERが乖離しています。

PERが低くなっているということは、1株利益に対して日経平均株価が割安に放置されているということです。

日経平均採用銘柄が好決算を発表しているのに、日経平均株価が2万円の水準から大きく上昇できていないのです。PERは14倍割れです。年利7.14%に相当します。

--みょ 割安だみょ いっぱい買うみょ

うん。でも、北の方から何やらややこしいものが飛んできたときにどうなるのか判断できなくて、大人たちもリスクを取れないのだと思います。ひよこ投資家™はなおさらリスクは取りにくいのです。

もちろん個別も同じです。日経平均採用銘柄は全体的にPERが低いということですので、個別でPERが低いからと言って割安とは言えないということです。


日経平均は、次の四半期7-9月期に業績が伸びないのではないかというのを織り込んでいるのかもしれません。

でも、やっぱりPERが14倍を切るというのは少し行き過ぎのような気もします。15倍で計算すると21000円で17倍だと24000円だったりするわけですが、業績の方が落ちてくるのかもしれません。

ただ、株価指標の水準は意識しておいた方がいいと思っています。

日経新聞が無料で読める? 倹約投資家の勧め

キャプチャ
図1:楽天証券 マーケットスピードの日経テレコン

個人投資家にとって情報は命です。情報源は大切です。


個人投資家の情報源として真っ先に頭に浮かぶのが「日経新聞(日本経済新聞)」です。

「経済」を謳うだけあって経済ニュースをメインに伝えてくれています。相場に影響を与えそうなニュースはほとんど網羅されています。

そして、投資家の多くが読んでいる新聞です。一般紙と同じニュースでも経済的な切り口で伝えてくれますので、ニュースに対する着眼ポイントの勉強にもなります。

投資だけではなくてビジネスに役立つ情報が詰まっています。兼業投資家にもありがたい新聞です。


もきち♪も平成4年に中小企業診断士の勉強を始めてからずっと愛読していました。

ビジネス文書の一つの正解だとも言えますので、用語や言い回しなどが記述試験の参考にもなりました。毎日1時間程度かけて隅から隅まで読んでいました。

一般紙と違って、どこかのお年寄りが交通事故でけがをしたとか、空き巣が捕まったとかの記事はほとんどありませんので、隅から隅まで参考になります。貴重な資料でした。

でも、退職してしばらくしてふと思ったのです。「新しい情報が載っていない」。

--みょ 新聞なのに新しくないの?

うん。新聞だと、取材して、記事を書いて、校閲して、印刷して、配達するという時間が必要になります。それも朝刊と夕刊の1日2回に限られます。

テレビニュースをちゃんと観て、インターネットで最新の情報を調べていると新聞を読む前にほとんどのニュースは知っているのです。ということで、購読を止めてしまいました。


とは言っても、やっぱり日経新聞です。独自記事もありますし、同じニュースでも独自情報を取り上げていることもあります。そして、ほとんどの投資家は日経新聞を読んでいるのです。

やっぱり内容は気になります。

確かにインターネットでは日経新聞独自情報のフォローもあります。また、日本経済新聞社のサイトに会員登録すると月間10記事まで無料で読めます。でも、すべての記事をリアルタイムで読めるわけではありません。

かといって、また日経新聞を再開するのも何だか違う。日経電子版も月額4200円となっています。

キャプチャ
図2:日本経済新聞 ご購読の申し込み


ということで、貧乏倹約投資家は何とか日経新聞のヘッドラインをざっくり調べて気になる記事をじっくりと読みたくなります。

そんな時には証券会社に頼ってみるのもいいのかもしれません。

もきち♪がお世話になている証券会社では、楽天証券マーケットスピードで日経新聞の全記事を閲覧することができます。

口座を持っていれば無料です。マーケットスピードにはMac版もありますし、スマホ用のトレードツールiSPEEDでも閲覧可能です。

日経テレコンの楽天証券用機能限定版ですので、日経新聞のほかに、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧・記事検索が可能です。口座を持っていれば無料です。


情報は命ですが、それぞれの情報にお金を払っていると、個人投資家にとっては大きな負担になります。

証券会社は投資家に向けて様々なサービスを提供してくれています。まずはこのようなサービスをありがたく活用することが倹約投資家の第一歩だと思っています。

今さら聞けない デュポン・システム 算数とは勝手が違います

キャプチャ
図1:ROEの変形

ROEを評価するための分析手法でデュポン・システムってのがあります。


ROE(自己資本利益率:Return On Equity)」は、自己資本に対してどれぐらいの利益を上げているかを評価する指標です。純利益を自己資本で割って求めます。

自己資本は株主全員の資産です。同様に純利益は株主全員の利益です。つまり、株主全員の投下資本とリターンの割合です。

債券で考えると、自己資本は購入価格で、純利益は利子、ROEは利回りと考えられます。

--みょ んでも純利益は全部配当されるわけじゃないみょ

うん。でも、配当に回さずに内部留保した利益は、自己資本に回ります。結局株主の資本を増やすことになります。複利で回すようなものなのです。


ROEは会社の成績を評価するために便利な指標ですが、ざっくりしすぎています。

自己資本と純利益しか見ていません。もしここでROEを向上させようとしたら、自己資本を減らすか、一生懸命頑張って利益を増やしましょうという精神論しか言えません。

そこで、デュポンがROEを分析するために取り入れたのが「デュポン・システム(デュポン式、デュポン・フォーミュラ、デュポン分析)」です。


少し算数のお話です。

分数では分母と分子に同じ数をかけても値は変わりません。図1はROEを変形したものです。すべて同じ式です。

--みょ 何だか複雑になっているみょ 信用できないみょ

うん。算数や数学では式が単純になるように変形しますが、財務分析では都合のいいように分解しますので、複雑になるように変形します。同じ式だというのを検証します。

キャプチャ
図2:ROEの変形2

結局。最初の「当期純利益」÷「自己資本」の分母と分子に同じ「売上高」と「総資産」をかけただけです。

でも、こうやってROEを「売上高利益率」×「資産回転率」×「財務レバレッジ」に分解することで、ROEを向上させるためのとっかかりができます。


もちろん分解したからと言ってそれだけでROEが向上するわけではありません。

でも、分解することで分析しやすくなります。ROEを伸ばすために何をすればいいのか、逆にROEが伸びた場合に何が要因なのか、ROEが伸びても副作用の心配はないのかといった評価がしやすくなります。

財務分析では日常的に指標を分解しています。その分解方式の中で名前がついて一般に使われるということはそれだけ使い勝手がいいのだと思います。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告