08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Momokichi no Kimachi stock and computer edition -Google翻訳で遊んでみた-

キャプチャ
図1:Momokichi no Kimachi Google翻訳

前回の記事「FOMC議事録 -Google翻訳の精度が上がっている件-」でGoogle翻訳がいい仕事をしていることがわかりました。


FOMC議事録が日本語に翻訳できたということで、日本語から英語への翻訳も気になります。特に、お行儀の悪い日本語。

ということで、不本意ながら前回の記事を英語に翻訳して表示してみました。何だか申し訳ないぐらい一生懸命翻訳してくれています。

例えば

--みょ もきち♪の日本語よりもちゃんとしているみょ

うん。ちゃんとしています。びっくりです。昔のGoogle翻訳とは大違いです。

ってのは

- It is better than Japanese of Miyokochi ♪

Yup. It is properly done. I am surprised. It is very different from old Google translate.

ってなもんです。

--みょ Miyokochi ♪だみょ

うん。「うん。」は「Yup.」です。一生懸命翻訳しているのです。

ちなみにもう一度日本語に翻訳するとちょっと怪しくなってきます。

- みよ子ちゃんの日本語よりもいいよ♪

うん。それは適切に行われます。私は驚いています。それは古いGoogle翻訳とは非常に異なっています。


--みゃ ついにみよ子ちゃんになっちゃったみょ

うん。これはしょうがないのかと思います。


ドイツ語だって大丈夫です。

キャプチャ
図2:ドイツ連銀

でも、英語ほどは流ちょうには翻訳できないようです。

60年には独連銀の歴史は非常に起こっています。「一つのことが変わっていない。金融政策の中核信念に中央銀行を」、独連銀総裁ジェンス・ウェイドマン記念の解説に書いて。それはだったと物価の安定に焦点まま。60年もの間、独連銀は、彼らが上で、Weidmannの安定性リスクを見ると政治的に背く、恥ずかしがり屋ではありません。「人口のあなたの評判が害されていません。」

引用:60 Jahre Bundesbank: "Geldpolitische Grundüberzeugung hat sich nicht geändert"


何だか最初にFOMCの議事録を見たときの驚きは薄れてきました。

今のところは「お行儀よく書かれた英語」は流ちょうな日本語に翻訳できるようになってきたというところかもしれません。

でも、考えてみれば機械翻訳がほしいのはお行儀がいい英語から日本語への翻訳がほとんどです。それだけでも十分ありがたいと思っています。

FOMC議事録 -Google翻訳の精度が上がっている件-

キャプチャ
図1:FOMC議事議事録 Google翻訳

英語は苦手です。FOMC議事録も誰かが翻訳してくれないとなかなか読めません。


英語のサイトしかないときにはGoogle翻訳に頼っていますが、このGoogle翻訳の精度が上がっています。

以前はそもそも日本語として無理があって、機械翻訳の限界だと思っていたのですが、今回の7月FOMC議事録をGoogleさんに翻訳してもらったら、ちゃんとした日本語になっています。

6月の会合でのFOMCの目標金利の上昇は、他のマネーマーケットの金利にも反映され、実質的なフェデラルファンドの利回りは、四半期を除いて、新たな目標範囲の中間付近にあった。システムの一夜のリバース・レポ契約は、平均で約2,000億ドルであった。為替スワップ市場の状況はかなり安定しており、中央銀行のドルオークションの需要は比較的低かった。また、経営陣は、営業活動の準備を促進するために日常的に実施されている小売り市場の小規模なテストについても報告しました。

引用:FOMC議事録 Google翻訳

--みょ もきち♪の日本語よりもちゃんとしているみょ

うん。ちゃんとしています。びっくりです。昔のGoogle翻訳とは大違いです。


調べてみると、昨年11月ごろから急に精度が上がったようです。

どうやら「ニューラルネットワーク」なる技術を取り入れたことで翻訳精度が向上したとのことです。

「ニューラルネットワーク」ってのは何だかややこしいのですが、一言でいうと「文章全体を見て文脈に合わせて翻訳している」ということのようです。

つまり、やっぱりGoogleが日本語をしゃべっているということです。


このままGoogle翻訳の精度が向上すると、少なくともWeb上では言葉の壁がなくなるのかもしれません。

FOMCの議事録はもきち♪でも読めるということになります。

もちろん。お行儀のいい文章ばかりではありません。スラングが使われていたり、独特の言い回しを使っていたりしてお行儀の悪い文章がちゃんと翻訳できるのかは疑問ではあります。

お行儀の悪い文章はちゃんとお行儀の悪い翻訳が必要になります。

FOMCの議事録はきっとちゃんとしたお役人がちゃんと書いている文章ですから機械翻訳に向いているのかもしれません。

すべての文章でちゃんとした翻訳ができるのかはわかりませんが、少なくともマーケットの大人が書いた文章は内容が読み取れるぐらいには翻訳してくれそうです。だからと言って理解できるかは別問題ですが。


海外の情報がリアルタイムに日本語で読めるというのはありがたいことです。

今は少なくとも主要な8言語に対して「ニューラルネットワーク」が適用されていると発表されています。

英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、日本語、韓国語、トルコ語の8言語だそうです。

--みょ 1,2,3,,,9言語だみょ

うん。どう調べても9言語です。英語を数え忘れたのかもしれません。どちらにしてもたくさんです。英語以外でも大丈夫なのです。シルブプレってなもんです。

ありがたいことです。

MicrosoftOfficeプリインストール版の再インストール

キャプチャ
図1:Microsoft Office 2013 プレインストール版 (PIPC) 製品インストールページ

Windowsパソコンは使っているとだんだんゴミがたまって動きがおかしくなる場合があります。


動きがおかしくなったら、リストアかクリーンインストールするのが手っ取り早い。もきち♪は動きが少しでもおかしくなったらすぐにクリーンインストールしています。

大体月に2回ぐらいのペースでクリーンインストールしています。Windowsパソコンを快適に使うには最もお手軽な方法だと思っています。

昔はリストアしていました。パソコンの内臓ストレージに保存されているリストアイメージから、工場出荷状態に戻していました。

クリーンインストールだと、適切なデバイスドライバを個々に当てていくのが面倒だったのです。

メーカー製パソコンだと、デバイスもちょっと特殊なものがつかわれていて、ちゃんとしたデバイスドライバはリストアイメージにしかない場合があるのです。

でも、リストアだと工場出荷時の状態ですので、Windows Updateが面倒です。出荷時から今までのWindows Updateをすべて適用する必要があります。

ましてや、Windows8だったりすると、Windows 10にUpgradeするまでの手間が面倒です。


そこで、Windows 10をクリーンインストールしてみたところ、デバイスドライバはちゃんと当たっていました。いつの間にかWindows標準で対応できるようになっているようです。ありがたい。

キャプチャ
図2:Windows 10標準で適用したデバイスマネージャー

クリーンインストールでデバイスドライバがちゃんと当たるのならリストアする必要はありません。クリーンインストールなら半分以下の時間で済みます。ありがたい。


クリーンインストールだと、不要なおまけソフトもインストールされませんのですっきりです。

ただ、そのままではすっきりしすぎていて、プリインストールのMicrosoft Officeまでありません。

ということで、プリインストール版のMicrosoft Officeを再インストールできるのが「Microsoft Office 2013 プレインストール版 (PIPC) 製品インストールページ」です。

Microsoft Officeプリインストールパソコンにはプロダクトキーが書かれたプロダクト キー カードが付いていますので、クリーンインストールしても再インストールすることができます。

安心してクリーンインストールすることができます。


Windowsパソコンを快適に使い続けるにはリストアかクリーンインストールが不可欠だと思っています。

リストアだとWindows Updateと不要なソフトを整理するのが面倒です。デバイスドライバが標準でちゃんと当たるのなら、クリーンインストールがお手軽です。

もちろん。必要なデータは確実にバックアップすることが何よりも大切です。

OneNoteにメールを送る?

キャプチャ
図1:OneNoteにメールを貼り付け

OneNoteが便利で、もう手放せなくなってきました。


OneNoteは、MicrosoftOfficeのアプリケーションの一つですが、MicrosoftOfficeユーザーでなくても、無料で使うことができます。

Windowsだけじゃなくて、AndroidでもMacでもiOSでも使えます。

OneNoteを一言でいうと、大きな白紙です。スケッチブックでもあり、スクラップブックでもある。テキストや絵を描くことができますし、ファイルを貼り付けることも可能です。直接録音したり録画したりもできます。

自由なデジタル白紙なのです。ありがたい。特にデジタイザペンと一緒に使うともう手放せません。


OneNoteでは、「ノートブック」「セクション」「ページ」という階層でページが管理されています。

そして、「ページ」はサブページとして2階層までまとめることができて、サブページを非表示にすることもできます。

プロジェクトやタスクなどでまとめて整理することができます。

キャプチャ
図2:「ノートブック」「セクション」「ページ」


使ってはいるのですが、すべての機能を完全に使えているわけではありません。

ということで、OneNoteにお手紙が送れることを知りませんでした。

あらかじめ登録してあるメールアドレスからme@onenote.comにメールを送ると、OneNoteに新しいページとして登録されます。

もちろん転送でも大丈夫です。

そして、件名を「@セクション名」とすれば、セクションを指定することもできます。

例えばプロジェクトで必要な情報と、作業ファイルと、メールをまとめるということでもできるのです。


昔Evernoteを使ってみたことがありますが、どうも体質的に合わなくてすぐに辞めてしまいました。今だったら使えるのかもしれません。

でも、今はOneNoteにどっぷりと浸かっています。ちょっと手放せなくなっていたりします。

あまりビル・ゲイツに依存するのもどうかとは思っているのですが。


追記:OneNoteの内容はMicrosoftのクラウドストレージサービスOneDriveに保存されて、すべてのデバイスで共有されます。

OneDrive用のノートということでOneNoteなのかもしれません。

チカンはエッチ

キャプチャ
図1:エクセルの置換画面

チカンはエッチです。

--みょ 痴漢は犯罪だみょ!! エッチは犯罪じゃないみょ

うん。痴漢がエッチだというのではなくて、「置換はH」なのです。


エクセルとかのショートカットキーのお話です。「Ctrl」キーを押したまま「H」キーを押すと「置換」画面が表示されます。

ショートカットキーって便利です。面倒な操作が一発で指定できます。でも、たくさんありますので、とても覚えきれません。人生にはもっと覚えないといけない事柄がたくさんあります。

それに、OSやアプリケーションやバージョンによって動きが異なったりします。「Ctrl」キーを押しながら「H」ってのもWebブラウザでは「履歴」だったりします。

とても覚えきれません。よく使うものだけで精一杯です。


ショートカットキーも単語の頭文字で覚えやすいものもあります。

例えば「Ctrl」キーを押しながら「P」キーを押せば印刷ダイアログが表示されます。「Print」ですから「P」です。Webブラウザで「履歴」になるのも「History」ですからわかりやすい。

でも、置換が「H」だと「チカンはエッチ」って覚えるしかありません。「置換」に対応する英語を調べてみても「H」から始まらないのです。

「置換」のショートカットキーを決めるときに「Replace」の「R」では右に負けて、「Permute」の「P」では印刷に負けたのだと思います。

ところで、「検索」は「Ctrl」キー+「F」キー(Find)です。「ジャンプ」は「Ctrl」キー+「G」キー(Go to)です。「置換」は「検索」と「ジャンプ」の仲間です。「F」、「G」と来たらキーボードの順番から言って「H」でいいかってなもんかもしれません。

--みょ 勢いだみょ

うん。でも、他にもコピーが「Ctrl」+「C」なのはいいとして、切り取りは「X」で貼り付けが「V」です。この辺りもまとめられていると思います。


上場企業のデータをダウンロードしてエクセルで操作するような場合に、「検索」とか「置換」とかってのはよく使います。

ショートカットキーをすべて覚えるのは現実的ではないし、あまり意味がないと思いますが、よく使うものから覚えていくと少し幸せになれるのかもしれません。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告