08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ビール系飲料とビールは全く別物です

キャプチャ
出所:キリンシティ ご馳走ビール

蒸し暑い日が続きます。ビールのおいしい季節です。


ビールはやっぱりうまい。

--みょ ビールっておじさんの飲み物だみょ

うん。寂しいものです。でも、ビールってお手ごろな値段で美味しい味が楽しめるとっても素敵な飲み物だと思います。

それが、ちゃんとしたビールのおいしさを知らずに嫌っている人が多いと思っています。

ビールは繊細な飲み物なので、ちゃんと管理して、ちゃんとしたグラスに、ちゃんと注がないと美味しくなりません。

居酒屋チェーン店でアルバイト店員が注いだビールは苦いだけでうまくもなんともない。缶ビールを缶のまま飲んでもだめです。プレミアムビールでも同じです。

ましてや、ビール系飲料ってのはビールじゃないから「系」が付いているのです。


思うに、ビール会社が自分たちの首を絞めてきたと思っています。

まずは缶ビール。瓶ビールだったらラッパ飲みをするのに罪悪感がありますが、缶ビールだったらそのまま飲むのも不思議ではありません。

缶ビールを缶のまま飲んでもビールのおいしさは味わえないのを知っていながら、売れるから売っているのです。

ビール系飲料ってのもビール離れに拍車をかけたと思います。家庭でビールを買うのは飲む本人じゃない場合も少なくありません。

ビールの酒税が高いから、酒税を抑えるために研究室で作った「ビールに似た味」の飲み物がビールの訳がありません。

家族が飲むビールを買いに来たらとってもお安い飲み物があって、違いがよくわからなかったらカゴに入れてしまうというのもわかります。

家庭で美味しいビールが飲めなくなると、成人した子供が初めて飲む「ビールっぽいもの」も美味くありません。ビールのおいしさを知らない子供が居酒屋でアルバイトをしてビールを注いでも美味いわけがありません。

勢いビール離れが起きる。ビールが売れずに「ビールっぽいもの」しか売れなくなる。これじゃ困るってんでビール会社は目先の新しいビールを出して挽回を図っても、時すでに遅しです。


美味しいビールの注ぎ方はきっとその道のプロが解説していると思うので、ここでは、過去に同じように「まがい物によってすたれた商品」を見ていきたいと思います。

例えばオーディオ。音楽がデジタル化されて、ある程度のクリアさは確保されましたが、深さがなくなりました。「不要な」倍音や、空気の震えのようなものがカットされました。オーディオにお金をかけてもちゃんとした音は聴けません。

でも、デジタルデータは扱いやすいから一気にデジタル化が進みました。オーディオにお金をかけなくなって、オーディオ会社は大苦戦です。

カメラも一緒です。デジタルカメラに代わって、色の深みがなくなった。いいレンズを使って、ちゃんと現像して、高品質の印刷をする意味が薄れてきました。映像にお金を使わなくなっています。

コーラは砂糖をたっぷり含んで体に悪いものです。それがダイエットコーラなんてうまくも何ともない飲み物を売り出して、コーラの味を勘違いさせてしまって、売り上げが落ちています。

つまり、欠点を隠そうとすることで、本来の存在意義を失ってしまっていると思うのです。


いやね。久しぶりにおいしい生ビールを飲んで、やっぱりビールはうまいと再認識したのです。

今では、ちゃんとビールが注げる人をビール会社が認定していたりします。

特に、ビール会社のアンテナショップでは、びっくりするほどちゃんとした生ビールが飲める場合があります。

キリンビールのアンテナショップ「キリンシティ」では、本当にトップ画像のようなビールが出てきます。注文してから5分以上待たされますが、ちゃんと注ぐには時間がかかるのです。

「ビール系飲料」はビールではありませんので論外ですが、居酒屋チェーンなどのビールを飲んでビール離れが進んでいるのだとしたら、ビールの売り上げはまだまだ落ちていくのかもしれません。

ん?でも、普段はほとんど飲んでいませんよ。

ユニバーサルデザインとバリアフリー

1f3967af1db57400064d2f8ab1e04f29_s.jpg
図1:多目的トイレ

バリアフリーってなんだか好きになれません。


昔。デザイン部門のシステム管理者をしていた時に、隣にユニバーサルデザインの担当者が座っていました。

バリアフリーではありません。

--みょ 何が違うの?

うん。バリアフリーは何らかのハンディキャップを持った人が生活を送る上での障害(バリア)を取り除く手助けをします。

ハンディキャップと言っても、人それぞれです。例えば左手では右手用のはさみが上手に使えません。ちょっと右手を怪我した時や、左利きの人には優しくありません。

ということで、左手で使うためのハサミとか包丁とかが作られています。

 

バリアフリーです。でも、左手用のはさみや包丁では右手では上手に使えません。優しくない。

これに対して、ユニバーサルデザインでは老若男女すべての人に優しくなることを考えます。右手でも左手でも使いやすくないと優しくありません。


もきち♪も、一時的に車いす生活を送ったことがあります。実際に車いすを使ってみてわかったのは、バリアフリーって結構使いにくいのです。

例えばトイレ。

24cf22675d2d3ff707095226a2539e08_s.jpg
図2:男性用トイレ

女性の方はあまり使う機会がないとは思いますが、男性には見慣れた景色かと思います。えっと。ちっちゃいほうをするときに、車いすを左から2つ目のごっついトイレに直付けして、手すりを使ってよっこらしょって使うのだと思います。

--みょ 使ったんじゃないの?

うん。もきち♪はそうやって使いましたが、取説がないので正しいかどうかわかりません。何しろ使いにくいのです。車いすが邪魔になる。近づけないから狙いが定まりにくい。もしも車いすのロックを忘れたらと考えるととてもやさしいとは言えないのです。

車いすを使っていないときは手すりが邪魔でしかありません。きっと汚れる。。。。。。

それに対して、多目的トイレはいい。確かに、車いすで入るには少し狭い場合もありますが、そんな時には車いすをドアの外においてもいろいろつかまって歩けば何とかなります。

図1の表示にあるように、乳幼児連れでも、お年寄りでも、ん?家族連れも?使いやすい。授乳やおむつ替えもOKです。

優しい。


確かに何らかのハンディキャップを持っている人が過ごしやすい社会にすることは大切ですが、本来は特別に何かをするのではなくて、みんなが過ごしやすい社会にすることが大切だと思っています。

例えば、パソコン通信が一般的になったときに、障碍者のお友達が一気に増えました。耳が聞こえなかったり、足が弱かったり、精神的にまいっていたりといった人たちと楽しくコミュニケーションをとることができました。

もきち♪とゆかいなお友達にとってパソコン通信はとっても優しかったのです。

ややもすれば企業は大きなマーケットに見えるマジョリティに目を向けがちですが、バリアフリーではなくて、ユニバーサルデザインの観点から考えれば、マジョリティにもマイノリティにも優しくなれるのかもしれません。

自動運転車に対する一考察

キャプチャ

自動車の運転は好きです。自動運転車ってのはあまり魅力を感じません。


でも、長い渋滞や、切り返さないと止められない狭い駐車場に駐車するときには自動運転車が欲しくなります。

もしも渋滞や駐車だけ自動になれば、マニュアルシフト車でパワーステアリングが付いていなくてもいいぐらいです。むしろそのほうが運転を楽しめる。

そして、ガイドが表示されてその場所に止める自動駐車や、渋滞時に前の車に一定の距離を開けて付いていくといったことは、技術的にも容易だと思います。

また、それだったらドライバーが運転できる状態で乗っているわけですから、いつでもブレーキを掛けられる状態を義務付けて、もしも事故が起きたときには運転者の責任ということにすれば法律的にも認められやすいと思います。


日本政府などは、自動化の度合によって自動運転車を4つのレベルに定義しています。

例えば、高速道路で一定の速度を保つ「クルーズコントロール」に、車線に合わせてある程度のハンドル操作を行ってくれる「ステアリングアシスト」を組み合わせたものは「レベル2」と定義されています。

--みょ テレビで見たことがあるみょ

うん。「レベル2」までは市販されています。


「レベル3」では車が多くの操作をしてくれますが、緊急時などはあくまでもドライバーが対応することが求められます。まだ市販されていないようですが、ここまでは事故などが起きたときにはドライバーの責任と決められています。

渋滞時の自動運転や自動駐車はこの「レベル3」に相当すると考えられます。そして、技術的には達成できているようです。法律的にも「あくまでもドライバーが全責任を持つ」ということなら発売できるのではないかと思っています。

ドライバーの操作が不要な自動運転車は「レベル4」となります。たぶんこのレベルはいろいろと難しいと思います。

以前。筒井康隆だったか星新一だったかのSFに、高速道路まではドライバーが運転して、高速道路に入ったら自動運転にしてハンドルをしまってプラモデルだかパズルだかを始めるという記述があったように思います。

高速道路に限らず、あるいはすべての車線ではなくて、「自動運転専用レーン」を作れば今の技術で可能だと思います。法律的に責任問題はややこしそうですが。


ただ、自動運転には大きな問題があります。自動部分が増えればネットワークに接続する必要が出てきます。工事中やメンテナンスによる道路情報をリアルタイムで取得する必要がありますし、車同士も通信できたほうが便利です。

IoT(モノのインターネット:Internet of Things)ということになるかと思います。

電子機器(コンピュータ)が通信すれば、悪意の第三者による攻撃の可能性が出てきます。クライムハッキングです。

自動運転車のコントロールを完全に奪えれば、どこかにぶつけることも、崖からダイブさせることも、特定の場所に誘導することも可能です。

法規制ではどうにもなりません。技術的に防ぐしかないのです。そして、「レベル4」の自動運転車が普及してからだと莫大な費用が必要になるかもしれません。


「レベル2」までの自動運転車はすでに販売されています。そして、各社が「レベル3」の自動運転車を発売するときも近いと思います。

思うに、「レベル3」までは「便利になった」ということで受け入れられやすいと思います。技術的にも法律的にもハードルは低いと思います。

でも、「レベル4」となると少し様子が変わってくると思います。技術的には可能だと言われていますが、それは「限定的な条件」だったり、「善意の社会」の中でのことだと思います。

もしも自分が自動運転車の開発者だったとしたら、「レベル3」まではニコニコしながら開発できそうですが、「レベル4」となると躊躇して慎重になると思います。

「レベル4」と言われている、完全な自動運転車が普及するのはまだまだ先の話だと思っています。

FISCOソーシャルレポーター

キャプチャ
出所:FISCO 【FISCOソーシャルレポーター】もきち♪:ところでバランスシートの削減って何が起こるの?

FISCOソーシャルレポーター」ってのに公認されました。


いまさらですがFISCOとは、ロイターとかのニュース配信会社などに投資情報を提供している国内大手情報配信会社です。FISCOレポートってやつです。

そして、そのFISCOが、投資情報を発信している個人投資家を「ソーシャルレポーター」として公認して、提出した記事をFISCOのサイトやYahoo!ファイナンスなどに公開するという制度が「フィスコ・ソーシャルレポーター制度」です。


きっかけはこのブログです。4月14日にこのブログのプロフィール欄にある「もきち♪への直通メール」で1通のメールをいただきました。

FISCOさんからのお手紙です。

--みょ よからぬことを書いたから怒られるみょ

うん。最初にメールを見たときには何かやらかしたかと思いました。

でも、内容を読んでみるとブログをほめてくれています。ほめられるとうれしいのです。そして、ソーシャルレポーターに誘っていただきました。

--みょ ほめられたみょ

うん。タイミングから考えると、「有事の円買いを考える」を読んでメールをいただいています。

--うに? 浅田真央選手引退円高説を提唱した時だみょ

うん。ちょっと照れちゃいます。


ということで、先週記事を1本投稿しました。トップ画像の「ところでバランスシートの削減って何が起こるの?」です。

他のサイトにも配信されました。

ロイターYahoo!FinanceKabutanまぐまぐgooニュース、などなどです。(順不同、google検索でたまたま1ページ目に表示されたもの)

--みょ 怒られるみょ

うん。みんな大人のサイトですから、ひよこ投資家™が記事を投稿したら怒られるかもしれません。


今週はゴールデンウイークで2日立ち合いです。このGWで2本目の記事を書くつもりでいます。

あまりきっちりした目標を決めるのは苦手なのですが、この記事だけは書いておこうと思っています。

あとは、トレードステーションをもう少し使い込んでみるつもりです。

--むにゅ 具体的には決めないの?

うん。具体的目標が設定できるということはそこまでの到達方法がある程度わかっているということだと思います。緩めの計画でいいのかなと思っています。


FISCOソーシャルレポーターとしては、まだ1記事しか書いていません。GWにもう1記事書いて、その後も2週間に1記事ぐらいのペースで書いていければと思っています。

このブログでも感じましたが、コツコツとでも続けることが大切なのだと思っています。

スマホはいつまでたっても1日バッテリーが持たない?



スマホやモバイルPCのバッテリーって何で1日持たないのでしょうね。


--みょ 使い方が悪いみょ 外出先では省エネで使わないといけないみょ

んでも、モバイルバッテリーが売れていて、多くの人が毎日持ち歩いていることを考えると、やっぱり本体のバッテリーがへなちょこだと思うのです。

もちろん、容量を増やせばそれだけ本体サイズは大きくなるし、重くなるし価格も上昇します。でも、ユーザーが別にモバイルバッテリーを用意していつも持ち歩くのだったら、その分本体に入れてくれたほうが嬉しいと思います。


--みょ 難しいんだみょ

ん? 技術的問題は少ないはずです。同じバッテリーをもう一つ乗せてもいいのです。

たぶん、企画段階では1日持つと考えられているのではないかと思うのです。

寝ている間に満充電して、朝起きてから外出中ガシガシ使って帰宅するまでバッテリーが持たないというのは持ち歩いて使う商品としてあり得ないと思うのです。

いや。スタート時点でバッテリーが持たないということだと商品企画姿勢を疑います。


もきち♪も昔は開発設計者でした。最初はちゃんとした商品企画でも、その後の変化でとんでもない商品になってしまうことがあり得ます。

例えばコストだったり、デザインだったり、競合他社の新製品だったりで、当初の目論見が崩れてしまうのです。

スマホだったら、既存製品のバッテリーをそのまま使えという要求が来たり、より高速なCPUや当初よりも画面サイズを大きくするとかで消費電力が上がったり、デザイン上予定していたサイズのバッテリーが使えなかったりです。


もうね。バッテリーメーカーにもっと小型で大容量のバッテリーを開発してもらうしかないのかもしれません。

スマホなどで使われているリチウムイオン電池の大手は、韓国の「サムソンSDI」とか三洋電機の電池事業を買収した「6752 パナソニック」とかになります。

でも、電池メーカーは素材を作っていませんので、小型大容量を実現するためには、構成材料としての「正極材」、「負極材」、「セパレータ」、「電解液」、「バインダー」の開発が必要になってくると思います。

だとすると化学業界です。青色LEDの日亜化学工業とか、「4217 日立化成」とか、「3407旭化成」とか、「4208 宇部興産」とか、「4023 クレハ」とかに頑張ってもらうしかないのかもしれません。

いや。もちろん、他の企業からとんでもない技術が出て市場を塗り替えてしまうかもしれません。


リチウムイオン電池は、電気自動車などにも使われています。

個人的にはスマホやモバイルパソコンが1日ガシガシ使えればいいのですが、電池メーカーにすればスマホやパソコン用の電池でちまちま稼ぐよりも、自動車用などの大型電池で稼ぐほうが効率がいいと思います。

大きなお金が動けば、技術開発に大きなお金をかけても採算が取れます。

今さらリチウム電池もないかもしれませんが、電気自動車の普及ペースによってはもう一段階の伸びもあるのかもしれません。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告