09
24
25
26
27
28
29
30
   

人生にはローマ字入力よりも大切なことがたくさんあります

キャプチャ
図1:キーボード

人生は覚えなければいけないことがたくさんあります。


そして、覚えておくと少しだけ楽ができることはもっとたくさんあります。

でも、それらをすべて覚えておくのは大変です。優先順位を考えないといけません。

パソコンで日本語を入力しようとすると「かな入力」を覚えるか「ローマ字入力」を覚えるのが一般的です。

--みょ ほかにもあるの?

うん。もきち♪のように若い人は「フリック入力」だったり、高齢者の中には「親指シフト」で超高速で入力していたりします。きっと。

ただ、パソコンに限ればまだまだ「ローマ字入力」が主流かと思います。


ローマ字入力するとして、50音と濁音・半濁音ぐらいはいいのですが、日本語であまり使わない文字を入力するのが結構厄介です。

例えば「ぁぃぅ」などのちっちゃい文字。「っ」や「ゃゅょ」は小学校でローマ字を習ったときに教えてもらった覚えがありますが、他のちっちゃい文字は習っていません。きっと。

--みょ もきち♪だけだみょ みんなは習っているみょ

いえ。「ローマ字入力」固有の文字だと思います。ローマ字としては見たことがありません。

また、「ヴ」も困ります。「ベートーベン」は簡単に入力できますが「ベートーヴェン」となるとちょっと迷ってしまいます。


そんな時に困らないように、ぜひ覚えておきたいのが汎用的な方法です。

例えば、ちっちゃい文字を打ちたい時には打ちたい文字の前に「L(またはX)」を入力します。ちっちゃい「ぁ」だったら「LA」と打ちます。単独の「ょ」だったら「LYO」です。用途は広いです。ぜひ覚えたい。

「ヴ」も、単独なら「VU」で出ますし「ヴェ」だったら「VE」で表示されます。

ここまでは覚えていないと、ローマ字入力が詰まってしまいます。


ここで、例えば「ウィンドウズ」のように「うぃ」と入力するときには、上記の方法だと「ULI」と3文字入力することになります。

でも、「うぃ」に関しては「WI」の2文字で出すことが可能です。ウィンドウズ関連の記事を書くときに「うぃ」と打つ機会はたくさんあります。2文字か3文字かでスピードもリズムも変わってきます。

覚えておいて損はありません。「ん」も「NN」と「N」2回で変換できますが、後に続く文字が母音でなければ「N」1つでも「ん」になります。使いこなすと少し楽ができるかもしれません。

でも、頻度によってはすべてを覚える必要はありません。楽だと思えば使えばいいと思っています。人生にはもっと大切なことがたくさんあります。


そもそも「正式なローマ字」というのが難しい。

--みゅ? んでも、パスポートとかクレジットカードとかで使われているみょ

う~ん。でも、パスポートやクレジットカードでは「し」を「SHI」、「ち」は「CHI」と表記します。そして、「大野」さんも「小野」さんも「ONO」さんです。大も小も一緒です。

小学校で習ったローマ字とは違います。

そして、国際標準化機構(ISO:International Organization for Standardization)では、ISO 3602でローマ字表記が決まっています。「し」は「si」だし、「ち」は「ti」です。


ということで、正式なローマ字というのは難しいのです。「パスポート用の正式なローマ字」とか「ISOで正式に規定されているローマ字」とか言うのはあっても、それぞれ違うのです。

つまり、パソコンで日本語を入力するためのローマ字もパソコン用ローマ字と割り切る必要がありそうです。これからは「ローマ字入力」よりも「フリック入力」のほうが一般的になるのかもしれません。

そうやって考えると、やっぱりこの先どうなるかわからないパソコンでしか使われないローマ字入力を効率化する方法よりも、もっと人生で大切なことを覚えたほうがいいのかもしれません。

ファイルを消しちゃった!! Googleドライブの履歴管理で復活!! その2

キャプチャ
図1:ウェブ版GoogleDrive

その1」に続いて上書きして消えてしまったファイルをGoogleドライブの履歴からリカバリしています。


ここからウェブ版GoogleDriveでのリカバリに入ります。GoogleDriveは仕様の変更がありますので、2017年8月25日時点での手順となります。ご了承ください。

Web版Googleドライブの右上にある「i」アイコンをクリックして詳細メニューを表示させて、「履歴」を選択して履歴メニューを表示します。

キャプチャ
図2:履歴メニューの表示

リカバリしたいファイルを選択すると、そのファイルの履歴が表示されます。

履歴メニューには、そのフォルダーで行ったファイル操作が表示されています。ファイルの追加や削除だけでなく、ファイルの編集も表示されているのがわかります。

--みょ この編集が失敗だったんだみょ

うん。その失敗編集の版を確認します。


リカバリしたいファイルで右クリックして、メニューから「版を管理」を選択します。

キャプチャ
図3:版を管理を選択

「版を管理」ウィンドウが表示されます。

削除したい版の右側にある縦に3つ点が並んだアイコンをクリックしてメニューから「削除」を選択します。

キャプチャ
図4:版の削除

変更前のファイルにリカバリできました。

キャプチャ
図5:リカバリ後のファイル

--みょ 大事なログインIDってそれ?

うん。危うく自分が誰だか忘れるところでした。


仕様変更もありますので、Googleドライブの履歴管理に頼り切るのは危険ですが、いざという時には便利な機能です。

もきち♪のようなうっかりさんにはありがたい機能です。一度確認しておくといいのかもしれません。

ただ、現行ファイルを置き換えることになりますので、リカバリするときには別名保存などで残しておくことをお勧めします。

MicrosoftのクラウドストレージサービスのOneDriveにも、以前は同様の機能があったと思いますが、今はMicrosoftOfficeで作成したデータしか履歴の管理ができないようです。

まあ。履歴管理のお世話にならなくても済むようにちゃんとしなさいってことなのですが。

ファイルを消しちゃった!! Googleドライブの履歴管理で復活!! その1

キャプチャ
図1:上書きしたtest.txt

暑さのせいか久しぶりにやらかしました。


80以上のサイトのユーザ名とパスワードを緩めにスクランブルをかけて書いてあるファイルに、ダウンロードしたデータを上書きしてしまいました。

--みょ 不注意だみょ ゴミ箱あさるみょ

うん。削除したファイルはゴミ箱に残りますが、上書きした元のファイルはゴミ箱にはありません。

--みゅぅ もうあきらめて新しく登録しなおすみょ

いえ。一応バックアップは取ってありますので、ほぼダメージはないはずです。でも、バックアップからのリカバリでは最新じゃない。

いつバックアップしたかは覚えていても、バックアップから何を追加したかは覚えていません。

できれば上書き直前のファイルがほしいのです。


もきち♪はGoogleのクラウドストレージサービス「GoogleDrive」を常用しています。今回上書きしたファイルもGoogleドライブ上に同期してあります。

--みょ んでも上書きもグーグルドライブに同期されているみょ

うん。もちろん同期されています。GoogleDrive上でも上書きされています。でも、GoogleDriveは、変更履歴を持っています。

Googleドライブのありがたいところです。


GoogleDriveの履歴からリカバリします。ここで、新しいファイルも必要なら別名で保存するなどしておきます。

GoogleDriveの履歴操作は、ウェブ版のGoogleDriveで行います。パソコン側のドライブは、あくまでも同期してあるだけですので、履歴を持っていないのです。

ということで、ウェブ版を開きます。どんな方法でもいいのですが、ここではパソコン側のフォルダから開いてみます。

ファイルエクスプローラで、目的のファイルを表示させます。アドレス左の「↑」をクリックして一つ上のフォルダを表示して、右クリックします。

表示されたメニューの「Googleドライブ」から「ウェブで表示」を選択します。

キャプチャ
図2:Googleドライブをウェブで表示

Web版GoogleDriveが表示されました。

キャプチャ
図3:ウェブ版GoogleDrive


ということで、「その2」でウェブ版Googleドライブでリカバリしていきます。

OneNoteのファイル管理

キャプチャ
図1:OneNoteファイルイメージ

MicrosoftのOneNoteが便利で手放せません。


ところで、OneNoteには「保存」のメニューがありません。

--みょ 保存できないんじゃ使えないみょ

うん。「保存」のメニューはなくても内容は残っています。

OneNoteはMicrosoftのクラウドストレージサービスOneDriveのためのノートという位置付けかと思います。OneNoteに追加した情報は自動でOneDriveに保存されているのです。


図1がOneNoteのファイル管理のイメージです。OneDeiveにはいろいろなデータが保存されています。その中に1アカウントに一つOneNoteの領域が設けられています。実際にはショートカットが存在して本体はまた別にありますが、あくまでもイメージです。

OneNoteの画面ではこんな感じです。

キャプチャ
図2:OneNote画面

OneNoteではノートブックごとにファイルが存在します。もちろんイメージです。フォルダーの中身はショートカットがあるだけです。

キャプチャ
図3:OneDriveのdocumentフォルダ

--みょ 中身がないみょ

うん。中身はOneDriveのしかるべき場所にあります。


ページやセクションが不要になった場合はOneNoteのアプリケーション上の操作で削除できます。

でも、不要となったノートブックは、アプリケーション上では削除できません。また、フォルダにはショートカットしかありませんので、これを削除ししても本体は残ったままです。ちょっとややこしいことに陥ります。

不要なノートは、OneNoteのWeb版「OneNote Online」で削除します。

先ほどのフォルダ内のショートカットをダブルクリックするなどして、OneNote Onlineを開きます。

キャプチャ
図4:OneNote Online

上部にあるメニューの「document」をクリックして、OneDriveのdocumentフォルダーに移動します。

キャプチャ
図5:OneDriveのdocumentフォルダ

ここに並んでいるOneNoteのファイルが「ノートブック」になります。削除したいノートブックで右クリックして「削除」します。

--みょ 削除できたみょ

いえ。まだショートカットが残っています。OneNoteのアプリケーションを起動すると、削除したノートブックで同期エラーが起こっていますので、ノートブックのプルダウンから削除したノートブックを右クリックして「このノートブックを閉じる」を選択します。

キャプチャ
図6:OneNoteアプリでノートブックを閉じる

以上でノートブックの削除が終わりました。


OneNoteは自分のパソコンに保存することもできますが、基本的にはOneDriveとセットになっています。

ファイルの持ち方も少しクセがあります。

でも、どんな形式のファイルでも貼り付けられる大きな白紙が何枚も持てます。デジタイザペンで落書きすることもできますし、ビジネス文書を貼り付けることもできます。

使い込むことでどんどん手放せなくなるのです。まだ使っていない人は、ぜひ一度使ってみてください。

Momokichi no Kimachi stock and computer edition -Google翻訳で遊んでみた-

キャプチャ
図1:Momokichi no Kimachi Google翻訳

前回の記事「FOMC議事録 -Google翻訳の精度が上がっている件-」でGoogle翻訳がいい仕事をしていることがわかりました。


FOMC議事録が日本語に翻訳できたということで、日本語から英語への翻訳も気になります。特に、お行儀の悪い日本語。

ということで、不本意ながら前回の記事を英語に翻訳して表示してみました。何だか申し訳ないぐらい一生懸命翻訳してくれています。

例えば

--みょ もきち♪の日本語よりもちゃんとしているみょ

うん。ちゃんとしています。びっくりです。昔のGoogle翻訳とは大違いです。

ってのは

- It is better than Japanese of Miyokochi ♪

Yup. It is properly done. I am surprised. It is very different from old Google translate.

ってなもんです。

--みょ Miyokochi ♪だみょ

うん。「うん。」は「Yup.」です。一生懸命翻訳しているのです。

ちなみにもう一度日本語に翻訳するとちょっと怪しくなってきます。

- みよ子ちゃんの日本語よりもいいよ♪

うん。それは適切に行われます。私は驚いています。それは古いGoogle翻訳とは非常に異なっています。


--みゃ ついにみよ子ちゃんになっちゃったみょ

うん。これはしょうがないのかと思います。


ドイツ語だって大丈夫です。

キャプチャ
図2:ドイツ連銀

でも、英語ほどは流ちょうには翻訳できないようです。

60年には独連銀の歴史は非常に起こっています。「一つのことが変わっていない。金融政策の中核信念に中央銀行を」、独連銀総裁ジェンス・ウェイドマン記念の解説に書いて。それはだったと物価の安定に焦点まま。60年もの間、独連銀は、彼らが上で、Weidmannの安定性リスクを見ると政治的に背く、恥ずかしがり屋ではありません。「人口のあなたの評判が害されていません。」

引用:60 Jahre Bundesbank: "Geldpolitische Grundüberzeugung hat sich nicht geändert"


何だか最初にFOMCの議事録を見たときの驚きは薄れてきました。

今のところは「お行儀よく書かれた英語」は流ちょうな日本語に翻訳できるようになってきたというところかもしれません。

でも、考えてみれば機械翻訳がほしいのはお行儀がいい英語から日本語への翻訳がほとんどです。それだけでも十分ありがたいと思っています。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告