06
24
25
26
27
28
29
30
   

何だか重くなってしまっています



どこをどう間違えたのか、モバイル環境が重い。いや。動きじゃなくて重量のほう。


そもそも、軽さを重視してモバイルガジェットを選んでいます。

サブPCも、常に持ち歩くのなら、1.2kgが限界だとわかっていて選択したのです。もちろん。モバイル時にはパソコンだけではだめなのです。

何度かマウスなしで試してみましたが、ダメでした。マウスとマウスパッドは必需品です。

今はネットワークにつながっていないといろいろ不便なので、パソコンをネットにつなぐガジェットも必要になります。今はWi-Fiが使えるので、Androidタブレットでテザリングしています。

Androidタブレットのバッテリーが切れると悲しいので、モバイルバッテリーだって必要です。タブレットですから、バッテリーもそれなりの容量が必要です。どんどん重くなる。

もちろんデジタルガジェットだけではありません。もうね。名古屋は最高温度32℃です。6月だというのに、熱中症になりかねません。水分が必要です。缶コーヒーではちびちび飲んで持ち歩くわけにはいきません。

何らかのボトルが必要です。帽子にタオルも必需品です。ますます重くなります。

当然かさばりますので、大きめのボディバックに入れて持ち歩いています。


もきち♪だって黙って重さに耐えていたわけではありません。

AndroidタブレットだけでWindowsPCを持たずに外出できないかと、Andorid用にキーボード付きケースを買って試してみました。

なかなか快適なのですが、やっぱりWindowsがないと落ち着きません。

--みょ Androidだって立派なOSだみょ 何が物足りないの?

証券会社のトレードツールはスマホ版しか動きません。トレードステーションに至っては、スマホ版もタブレットは対応していません。

それに、何かの操作をしようとしたときに、Androidだと気づいて思わずフリーズしてしまいます。

--みょ 慣れだみょ

うん。そうかもしれません。

ただ、サブPCがSIMフリーだったらサブPCだけで持ち運べます。Androidタブレットをスマホに変えるという選択肢もあります。


以前。Microsoftから、Surface3ってのが発売されていました。SIMが刺さる(LTEモデル)Windowsタブレットです。

--みゅぅ これさえあれば何もいらないってやつだみょ

うん。いざとなったらサブPCをSurface3に買い替えればいいと思っていたのです。

ところが、これが。評判がすこぶる悪い。

評判の悪いキャリアからも発売されていたから、そのせいかもしれませんが、立ち上がらない、純正キーボードからキー入力ができない、タッチパネルが誤動作するってんで、さんざんの言われようです。

まあ。確かに。Microsoftって言っても中身はホンハ(以下自粛)


今のサブPC用の純正キーボードが550gとほぼ本体と同じだってことが問題なのかもしれません。サブPCを立てられるスタンドは持っているので、Android用に使っているキーボードをサブPCで使えばいいのかもしれません。

ペアリングして問題なく使えることは確認済みです。

Androidタブレットをスマホに買い替えたり、SIMフリーのWindowwタブレットを購入したりするよりは現実的なのかもしれません。

しばらく試してみます。

Googleドライブが新ツール「Backup and Sync」に置き換わるようです

キャプチャ
図1:コマンドプロンプトからGoogleドライブの中身を表示

Googleドライブが新しいツールに置き換わるようです。


Googleから、今月の28日に「Googleドライブ」の後継として「Backup and Sync」をリリースすると発表されました。

別途提供されている「Google Photos desktop uploader」も統合されるとのことです。


今さらですが、Googleドライブのおさらいです。

Googleドライブは、サーバー上にファイルを保存して、インターネットを通してアクセスできる仕組み(クラウドストレージ)です。Webブラウザ上でなら、インストールなしでファイルが共用できます。

アプリケーションをダウンロードして設定すれば、(クライアント)パソコンにも同じ内容のファイルを置いて、何らかの修正を行った場合に自動でサーバー上のデータも修正すること(同期)が可能です。

15GBまでは無料で利用できます。androidユーザーならみんな持っているGmailのアカウントで利用できますので、お手軽です。


新ツールというからには新機能満載だと思いますが、今のところ分かっているのは統合されることと、同期するフォルダを自由に指定できることです。

Googleドライブでは、同期フォルダは「Google ドライブ」の下に構成されます。例えば初期状態で作業領域になっている、ユーザー直下にある「ドキュメント」や「Pictures」を指定することはできないのです。

--みょ ちゃんと保存する場所を指定すればいいんだみょ

うん。でも、「Google ドライブ」ってフォルダ名にスペースやカタカナが入っていておしゃれじゃありません。コマンドプロンプトでファイル名にスペースやカタカナを入れるって何だか背徳感があります。気になるのです。

それが、「Backup and Sync」では解放されるようです。それだけでも更新する意味がありそうです。


更新されても今までの設定は引き継がれるとのことです。更新は自動で行われないようですので、少なくともしばらくは自分で更新する必要があります。

でも、新ツールには危険が伴うかもしれません。とりあえずもきち♪は人柱としてサブPCでとっとと試してみようと思いますので、結果を見てから更新するというのもいいのかもしれません。

スキャンしていますか? 使ってみると結構便利なスキャナー

キャプチャ
図1:brother JUSTIO MFC-5890CN 簡単設置ガイド

コンピュータ周りには、使ってみると結構便利なのに、使っている人が少ないものが結構あります。ハードウェアだったり、ソフトウェアだったり、便利機能だったりです。


なかなかスキャナー単体で持っている人は少ないと思いますが、プリンター複合機にはスキャン機能が付いています。コピーができるプリンターにはもれなくついています。

というか、コピーできるプリンターはスキャンしたデータを印刷しているのです。

一家に一台あると便利です。スキャナー。

もきち♪家ではFAX複合機を使っています。スキャンできるプリンターだったらFAXだってお願いしたいのです。

ということで、「brother JUSTIO MFC-5890CN」を使っています。便利です。


中でも、もきち♪がよく使うのが「スキャン機能」です。

家族はプリントしたり、コピーしたり、FAXしたりしていますが、もきち♪は紙で持つのは苦手なので、主にスキャン機能を使っています。

紙で持っているとどこかへ入り込んで、後で探そうと思っても、必要なもの「だけ」は見つかりません。

スキャンした画像は、分類できるものはフォルダにいれたり、OneNoteに貼り付けたりで、分類できないものは日付で管理しています。画面キャプチャやデジカメデータと一緒です。

名刺とかならスマホで撮影して、名刺管理ソフトに任せてしまいますが、A4とかのサイズだと、スマホ写真というわけにはいかないのです。


「brother JUSTIO MFC-5890CN」はネットワーク機能も備えていますので、もきち♪家ネットワークにつながっているすべてのPCから利用可能です。

PCへのインストール時にネットワークのややこしい設定もやってくれます。

もきち♪家の構成もそれなりにややこしくなっていますが、どのPCへもスキャンデータが送れます。

キャプチャ
図2:家庭内LAN

FAX複合機に原稿をセットして、スキャンボタンを押して、データを送りたいPCを選択して、スタートボタンを押すだけです。


いろいろな場面で紙の資料を渡されます。その場で廃棄できる場合はいいのですが残しておかないとややこしいことになる資料があります。そんな時は迷わずスキャンです。

シートフィーダーも付いていますので、複数枚の資料でもへっちゃらです。紙が必要になれば、スキャンデータから印刷してもいいのです。印刷したことはありませんが、フルカラーで印刷可能です。

そして、なんといっても、ほかのデータと一緒に、フォルダなりOneNoteなりにまとめておけるのがいいのです。


複合機でスキャナー機能が付いた機器を持っている人は、ぜひスキャン機能を使ってみることをお勧めします。

紙で残しておく必要があるのは、印鑑が押されている資料の原本と本ぐらいかもしれません。

少なくともコピーされたものは紙で残す必要はないと思っています。どんどんスキャンしてどんどん捨てると、さっぱりできるかもしれません。

New Inspiron 15 3000 ファーストインプレッション

laptop-inspiron-15-3000-series-pdp-pol_hero_bk_gy_intel_US_LATAM.jpg
出所:DELL New Inspiron 15 3000

パソコン価格が上昇しているときにはメーカー直販がねらい目?」で発注したパソコンが届きました。


DELLはBTO(受注生産:Build To Order)モデルが主力ですが、今回発注したものは「価格ドットコム限定」という名の「即納モデル」とまったく同じ構成のモデルでした。

ということで在庫があったのか、先週金曜日(4月21日)夜に注文して、今週金曜日(4月28日)午前中に届きました。ちょうど1週間で届きました。

エントリーモデルですので、造りはそれなりですが、思ったよりも快適に動いています。


スペックは、CPUがCore i3-6006Uで、メモリーが4GB(後で最大16GBまで増設可能)、HDDは1TB、画面は15.6-インチ HD (1366 x 768)といったところです。

なんだかんだで35,280円で購入していますので、コストパフォーマンスは高いと思います。

物足りないのは有線LAN(RJ-45)が100Mbpsまでしか対応していないことですが、家族はWiFiで使用していますので、大きな問題にはなりません。

ちなみに無線LANは5GHz帯の802.11acも対応していますので、通信速度が物足りなければWiFi使用となりそうです。

画面解像度が低いのはわかっていたことですし、今の家族用PCと同じですので、仕方がないところです。


このモデルはSDカードスロットが付いていますが、これが最近はやりのSDカードがはみ出すスロットです。

キャプチャ
図1:SDカードを差し込んだところ

--みょ 飛び出しているみょ これじゃあ差しっぱなしにできないみょ

うん。HDDが1TBあるのだから常時差しっぱなしは不要でしょって仕様なのかもしれません。

あと、全体的に造りが甘いというか、キーをたたくとポコポコ言うし、天板もチープです。持って歩くサイズじゃないから、気になる人はUSBキーボードを付けて使ってねということかもしれません。

今もポコポコ言わせながらこの記事を書いています。


このクラスだとボトルネックはHDDということになりそうです。特に、セットアップしてすぐは、システムがHDDを100%使用しますので、数時間は遅くなります。

--みょ しばらくはシステムがHDDを使うの?

うん。タスクマネージャを確認すると、数時間はシステムがHDDを使っています。システムも、どこにどんなファイルがあるのか一通り確認したいのです。

キャプチャ
図2:設定後しばらくのタスクマネージャ

これは2~3時間電源を入れておくと落ち着きます。



なんといってもお安いパソコンで、CPUもそこそこで、メモリーも4GBで増設可能で、値段以上だと思っています。

何しろ35,280円です。ちょっとした周辺機器の値段です。

正直なところ、「Windows Vistaのサポート終了特需」でパソコン価格が高止まっているこの時期にこの価格で購入できたことに満足しています。

とにかく安くてそこそこ使えるパソコンがほしい人にはお勧めです。

Windows 10 Creators Updateを試してみました

20170427-1n.png
図1:アップデート前の更新状態

昨晩サブPCに大きめのWindowsアップデートがかかりましたので、Creators Updateかと思ったら、そうでもなかったようです。


くやしいので、Creators Updateを実行してみました。

Windows 10 Creators Update」は、Windows10の大型アップデートで、4月11日からWindows Updateで(手動では4月5日から)提供されています。

Windows Updateでは、動作確認の取れた端末から提供しているようです。お布施をいっぱい払っているメーカーのPCが優先されるのかもしれません。

ただし、自分でMicrosoftのサイトから「更新アシスタント」をダウンロードして自己責任でアップデートすることは可能です。


ということで、やってみました。更新アシスタントからのアップデート。

ちなみに、サブPCで、約1時間半かかりました。更新アシスタントをダウンロードするところから、時々画面キャプチャを挟んで作業終了まで。

もちろん、マシンパワーやネットワークの込み具合によって所要時間は変わりますが、結構時間がかかるということで。

更新アシスタントは、設定の更新状態に表示されている「はい。方法を確認する」とのリンクを開いて、表示される「Windows 10の最新バージョンへの更新」ウィンドウで「今すぐ更新」をクリックして、表示されたWebページでダウンロードできます。

20170427-2.png
図2:「Windows 10の最新バージョンへの更新」ウィンドウ


更新アシスタントを起動すると更新が始まります。

20170427-4.png
図3:更新アシスタント実行画面

更新プログラムのダウンロードと更新準備の間は通常の作業を続けることが可能です。サブPCでは、30分ほどで以下の画面が表示されて、再起動すると更新作業が始まります。

20170427-6.png
図4:更新準備完了画面

「今すぐ再起動」ボタンをクリックすると、ブルー画面になって、更新が始まります。サブPCではこの作業に約1時間かかりました。


更新が終わると、ちょっとした設定画面が表示されて、更新されたWindows10が起動します。

20170427-7.png
図5:Windows 10 Creators Updateへようこそ画面

起動後は「Microsoft Edge」に機能説明ページが表示されて、一通り確認して閉じると「終了」画面が表示されます。いや。画面が狭いからEdgeの裏に隠れていただけですが、「終了」ボタンをクリックして更新作業の終了です。

20170427-8.png
図6:更新アシスタント「終了」画面

念のためにOSビルドを確認すると、14393.1066だったのが、15063.250に更新されています。

キャプチャ
図7:OSビルドの確認


今回のアップデートの目玉は「3D対応」だそうで、Windowsアクセサリの「ペイント」に「3Dペイント」ボタンが追加されていたりします。

キャプチャ
図8:3Dペイント

他にも使っている人を見たことがないWindoows10の標準ブラウザ「Microsoft Edge」が強化されているようです。つかっていないからわからないけど。

ただ、困ったことにWindowsロゴを右クリックしたときのメニューから「コントロールパネル」へのリンクが消えています。「設定」にとって代わりました。ビルゲイツはコントロールパネルをやめて設定を推しているのです。

これが、「設定」の機能が強化されて「コントロールパネル」を使わなくても済むのならいいのですが、まだまだコントロールパネルは必要です。しょうがないので、とりあえずタスクバーにショートカットを追加しました。


急いでアップデートする必要はありませんが、そのうちアップデートすることになると思います。

もきち♪のサブPCほどではなくても、アップデートに1時間は見ておいたほうがいいと思います。

また、ペイント以外にも、Snipping Toolでもメニューが微妙に変わっていたりします。

忙しい時にWindows Updateでアップデートが始まったりすると結構大変だと思います。

ゴールデンウィークの時間があるときにアップデートしておいたほうがいいのかもしれません。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告