06
24
25
26
27
28
29
30
   

5月は売り? -Sell in Mayと言うけれど-

キャプチャ
図1:日経平均日足4月5月の値動き(4月末日基準)

5月です。日本はゴールデンウィークで浮かれています。


相場には「Sell in May(株は5月に売れ)」って言葉があります。

ヘッジファンドの決算があるからなんてことも言われていますが、本当の理由ははっきりしない有名なアノマリーだと思います。

アノマリーとは、原因が明確には説明できないけど、過去の統計を取ってみると同じような傾向が現れる現象です。

もともとアメリカでいわれていたことですが、今は日本でも広く言われています。


統計を取ると同じような傾向が現れるということで、検証してみました。まずは、日経平均の4月と5月で特徴的な値動きがあるのか調べたのが図1です。

2007年から2016年までの10年間の日足終値を4月末取引日を基準に並べました。赤くて太めの線が10年間の平均線です。

--みょ 傾向はなさそうだみょ

うん。そうなのです。少なくとも4月5月の日足を見る限り明確な傾向はありません。


--みょ もっと長い目で見ないとダメだみょ

うん。Sell in Mayには続きがあります。「Sell in May and go away. But remember come back in September(5月に株を売って相場から離れて、9月になったら戻っておいで)」ってな感じです。

ということで、年間値動きを見てみます。また赤い太い線は10年間の平均です。

キャプチャ
図2:日経平均日足年間の値動き(4月末日基準)

--みょ やっぱり平均の変動はすくないみょ

うん。多少4月末に高くて秋ごろに少し下がってはいますが、年間の振れ幅に比べたら無視できるほどです。秋の落ち込みも、2008年10月のリーマンショック後の落ち込みが大きく影響しています。

もしも毎年5月に売って9月に買い戻していたら少しは儲かったかもしれませんが、微々たるものです。とてもあてにした取引はできません。


少なくともこの10年で考える限り、「Sell in May」が有効なアノマリーとは言えません。

もちろん毎年いろいろな値動をしますので、今年に限っては有効かもしれません。

こういった統計を取っていると、ランダム・ウォーク理論とか効率的市場仮説ってのが最強なのかもしれないと思ってしまいます。

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観と共に成熟し、幸福感の中で消えていく

キャプチャ
図1:日経平均週足1年チャートに加筆

昨年末はトランプラリーで大きく上昇して、今年の大発会で日経平均は479.79円上昇しました。マーケットが浮かれているように思います。


でも、毎日上昇するわけではありません。今年2日目の立ち合いとなった1月5日には73.47円下落していますし、本日もマイナススタートとなっています。

--みょ 押し目買いのチャンスだみょ

うん。トランプラリーに乗り遅れた投資家や、利食いが済んで現金を持っている投資家にとっては押し目買いのチャンスなのかもしれません。

でも、もきち♪も学習して知っています。このタイミングで押し目買いのつもりで買うと「高値掴み」となってしまう場合が多いのです。

そもそも相場は一方向に動き続けることはありません。いつかは反転します。上昇相場はいつかは下降に転じますし、下落相場もいつかは上昇に転じます。


相場格言では「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観と共に成熟し、幸福感の中で消えていく」と言われています。

これを今の相場に当てはめてみたのが図1です。

もちろん。投資家さんの気持ちを調査するのは大変なので、もきち♪の主観で当てはめています。

主観ではありますが、何だかおさまりは良さそうに見えます。

何しろ相場が一方向に動き続けるというのは考えにくいので、いつかは反転するのです。「いつか」ってのがいつかってことです。


今晩米雇用統計の発表があって、1月20日にはトランプ大統領が誕生する予定です。

トランプさんはTwitterで盛んに重要な発言を続けています。新大統領が就任して100日間はマスコミもあまり批判をしないしきたりになっているようですので、新大統領がどのように動くのかで相場も振り回されそうです。

幸福感に浸っていると、冷や水を浴びせられるかもしれません。

Sell in May(株は5月に売れ)を考える

キャプチャ
SBI証券からダウンロードしたデータを加工

相場で有名なアノマリーに「セルインメイ(Sell in May:株は5月に売れ)」ってのがあります。


アノマリーとは、原因が明確には説明できないけど、過去の統計を取ってみると同じような傾向が現れる現象です。

相場は人が動かしていますから、アノマリーといえど、みんなが同じように考えて同じような行動をとれば相場は動きます。

アノマリーには明確な理由がないからと言って、無視はできません。とはいっても、明確な傾向があるわけでもなく、仮に傾向があったとしても微々たるものですから、過信するのはもっと危険です。


セルインメイは、もともと米国市場のアノマリーです。米国で考えられる要因としては、ヘッジファンドの決算が5月と11月にあるということです。

そして、日本ではゴールデンウィークでみんな浮かれています。東京市場は大型連休ですが、海外市場は通常営業です。海外市場で一方向に動いたとしても、日本市場は大型連休ですから、連休明けしか対応できません。当然連休前に対して大きく動くことになります。


過去5年間の4月と5月の日経平均株価日足終値と、5年間の平均を、5月第1営業日を基準にまとめたのが上のチャートです。

各年の値動きを見るといろいろありますが、平均で見ると、傾向は見られません。近似曲線を引いてもほぼ水平の直線に近い形になります。

キャプチャ


Sell in Mayは今ではあまり関係ないのかもしれません。日本ではゴールデンウィークの間に海外が動いても、対応できないから、休み明けに大きく動いているような気になるのかもしれません。

もちろん、日経平均株価だけで、なおかつ、5年間だけのデータですので、これだけで結論を出すのは危険です。ただし、このデータではSell in Mayを裏付けることはできませんでした。

順に居ては逆を恐れず 逆に居ては己を捨てず


マーケットで勝ち続けるための発想術「デイトレード
オリーバー・ベレス/グレッグ・カプラ[著]
林康史[監訳]/藤野隆太[訳]

相場格言に「順に居ては逆を恐れず 逆に居ては己を捨てず」なんてのがあります。

--むにゅ なんて言っているのかわからないみょ 日本語で言ってほしいみょ

うん。日本語ですけどわかりにくいですね。どうやら、「順調な時こそリスクに注意して、損をしている時こそ冷静になれ」ってことのようです。


相場に本当に必要なのはメンタルコントロールのようです。わかっていても、やることなすことうまくいくと、つい全力で仕掛けて大損したり、逆に何をやっても裏目に回るときは熱くなって、考えられないような大失敗をしたりということになりがちです。

相場では「恐怖羨望」が襲い掛かってきます。損をする恐怖、儲けたいという欲、他人の利益をうらやむ羨望が、かわるがわる、時には同時に襲い掛かってくるのです。いや。多くの場合は同時に襲い掛かってくると言えます。

同時に襲い掛かってくると、慢心怒り有頂天うつ状態などの強力な仲間を引き連れてきます。知り合いの敏腕トレーダーさんは「壁にぶつけて何個マウスを壊したかわからない」と言っていました。

無防備で相場の世界に入り込んだら、たちまち襲われて逃げ出すことになりかねません。メンタル面の強化は一朝一夕にできるものではありません。、常に投資対象のリスクとリターンをしっかりと把握して、日々冷静に相場に向き合うことを心がけて修行に励むしかないのかもしれません。

b0ea86bbb62f5e7a7acf58ed718bf18a_s.jpg

大回り3年、小回り3カ月 ~2016年相場は参院選がピーク?~

キャプチャ

え~相場の世界では「大回り3年、小回り3カ月」てなことを言うようで、どんな好材料で上昇を続けていても、3年もすれば天井をつけるってことのようです。

するってぇと、今回の「アベノミクス相場」ってのも、2012年11月の野田総理(当時)の「(解散総選挙を)やりましょう」発言から3年がたっているわけで、そろそろ天井だってことになります。

5か月移動平均を見るってぇと、少し下がってきているようにも見えます。

でも、相場のえらい人たちは、7月あたりの参議院選までは、政府も何とかして相場を下げないんじゃないかなんて言っています。

安倍内閣は安保関連法案を成立させて、消費税もアップしてと今までの総理大臣が嫌がってきたことをやってしまったわけですが、「アベノミクス」で円安株高が進んだから支持率を維持しているわけで、これが株価まで下がったらら、参議院選で苦戦してしまうかもしれません。

そもそも今回の「アベノミクス」はおかみが作った相場ですから、このまま参議院選までは相場を作ってしまうのではないかというのです。

とはいっても、日銀大番頭の黒田の旦那はこの間の「補完措置」でしくじったから、しばらくは日銀砲の威力も弱まりそうです。

となると、いよいよ補正予算で驚かすということになりそうです。

ネットでググっても、参議院選をピークに下落すると言った意見が大多数です。

とはいっても、大多数がそう思っているということは、参議院選直前には誰も買えなくて、利益確定の売りに押されるということもあり得るわけで、とどのつまりは相場はわからないってことに落ち着くようです。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告