02
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

板読みツール Market Speed 市況情報フル板

キャプチャ
図1:楽天証券 マーケットスピード 市況情報フル板

板読みツールの続きです。


今回は楽天証券マーケットスピードです。

図1がマーケットスピードの市況情報フル板です。

--みょ にぎやかだみょ

うん。市況情報も表示されます。市況情報フル板なのです。

他に「ザラバフル板」というメニューもあります。こちらは銘柄をたくさん登録できて切り替えが容易です。

キャプチャ
図2:ザラバフル板


--みょ んでも何だかあっさりしているみょ

うん。ザラバフル板だと注文の累計が表示されていません。Market Speedの市況情報フル板では売り注文も買い注文もその価格までの累計数が表示されます。

今まで確認したツールにはなかったありがたい機能です。

--みょ 高機能?

う~ん。でもリアルタイムの価格帯別出来高が表示されません。また、どうやら板が圧縮されています。

--みょ 板の圧縮?

うん。注文が入っていない板は表示されていません。今まで確認したツールは、板の圧縮をオンオフできたり、呼び値で圧縮できたりといった設定が可能でしたが、どうやらMarket Speedでは固定されているようです。

--みょ 修行が足りないだけだみょ きっとできるみょ

うん。そうかもしれません。


フル板が表示できるツールを4種類確認してきましたが、一言にフル板といってもそれぞれに特徴があります。

ツールだけで証券会社を選択することはできませんが、選択要素の1つではあると思っています。

そして、一度いろいろなツールを使ってみることで、使いやすい表示方法が見えてきます。そのツールが使えなくても、自分が使うツールで設定変更することで表示が可能かもしれません。

板読みの修行はまだまだ続きますが、どこに向かうのか模索しながら進めたいと思っています。

板読みツール kabuステーション フル板発注

キャプチャ
図1:カブドット コム証券 kabuステーション フル板発注

板読みツールの続きです。


今回はカブドットコム証券kabuステーションです。

図1がデフォルトで立ち上げた「フル板発注」です。

--みょ シンプルだみょ

うん。kabuステーションもデフォルトではシンプルですが、いろいろな情報を追加できます。

キャプチャ
図2:フル板発注にT&Sと価格帯出来高を追加

--みゅぅ んでも「引け」とか「件数」とかのチェックもあるみょ

う~ん。kabuステーションでは、「通常プラン」のほかに「追加提供サービス」というのがあります。引け注文や件数を表示させるには「Fintechプラン」の利用条件を満たしている必要があります。

--みゃっ またお布施が必要?

いえ。どうやら月に一度でも取引が約定していればいいようです。ちょっとさぼっていたから条件を満たしていないだけです。

キャプチャ
図3:Fintechプラン


kabuステーションはちゃんと「Fintechプラン」が使えれば今までの3つのツールの中で一番使いやすいのかもしれません。

初期設定と追加設定のバランスがいいように思います。お手軽に確認するにはHYPER SBIで、じっくりと自分用にカスタマイズするのならTradeStationで、バランスがいいのがkabuステーションという印象です。

次回はマーケットスピードかな?

板読みツール TradeStation マトリックス

キャプチャ
図1:マネックス証券 Tradestation(トレードステーション) マトリックス

ということで、板読みツールを確認しています。


今回はマネックス証券のトレードツールTradestation(トレードステーション)です。

Tradestation(トレードステーション)では、板と言えば「マトリックス」です。

用途に合わせて板の種類を使い分けるというよりも、板情報が見たければ黙ってマトリックスを表示して、自分が欲しいレイアウトに変更するといった使い方なのかと思います。

図1がきっとデフォルトで表示したマトリックス画面です。

--みょ さっぱりしているみょ

うん。Tradestation(トレードステーション)は欲しい情報を明示的に表示しないと素っ気ないのです。




マトリックスは、Tradestation(トレードステーション)画面の左に表示されている「トレーディングアプリ」タブをクリックします。

表示されたメニューから「マトリックス」アイコンをクリックします。

キャプチャ
図2:マトリックスの起動


ということで、必要な情報を追加していきます。

キャプチャ
図3:ざっくりと必要な情報を表示

--みょ にぎやかになったみょ

うん。自分でほしい項目は自分で追加いないといけないのです。


HYPER SBIとはツールとしての考え方が違うように思います。HYPER SBIではデフォルトでほぼフルスペックの情報が表示されています。それに対してTradestation(トレードステーション)はデフォルトではシンプルな表示で、必要な情報は自分で明示的に表示させるようになっています。

そして、HYPER SBIとの大きな違いは、HYPER SBIでは「注文株数」だけではなくて、「件数」も表示されます。Tradestation(トレードステーション)では、マトリックスの表示リストにはありません。

Tradestation(トレードステーション)は高機能がウリですので、表示させる方法はあるとは思いますが、ざっくりと調べた感想でした。

板読みツール HYPER SBI 「全板®」

キャプチャ
図1:HYPER SBI 「全板®」(20本)

板読みの修行を始めようと思っています。


板読み修行の第一歩は、何といっても板の見方だと思います。

板といってもツールの中でいくつか種類があります。例えばSBI証券のトレードツールHYPER SBIでは、上下3本のちっちゃな気配板から値幅制限全体を表示する「全板®」まで6種類(?)揃っています。

「全板®」も20本と32本の2種類です。小さくすればたくさんの銘柄が一覧できますし、詳しく見ようとしたら「全板®」でってことになるかと思います。


とまあ。いろいろ使い分けるのがいいのかと思いますが、メインで使いたい板はあるわけです。これは画面環境によっても違いますが、もきち♪の環境ではメインPCに「全板®」20本を表示させるのがちょうどいい。

余談ですが、サブPCのほうが解像度が高いため、サブPCだと「全板®」32本がちょうど良かったりします。


ということで、「全板®」ツールを使ってみているのですが、ここで見方を記録してもマニュアルと変わらなくなってしまいますので、ほかの証券会社のツールを見ながら、特徴を見てみたいと思います。

ということで、きっとほかの証券会社のツールに続きます。

kabu STATIONで日足4本値をダウンロードしてみる

キャプチャ
図1:各社のトレードツールでダウンロードできる日足4本値改(2017年11月2日もきち♪調べ)

以前の記事で各証券会社のトレードツールでダウンロードできる日足最長期間を調べました。


もきち♪は修行が足りていませんので、kabu STATIONについてデフォルトでダウンロードできる600本が最長だと思っていました。

でも、kabu STATIONを使っていて、最長4年まで日足4本値のダウンロードが可能なことが分かりました。

チャート表示で、期間を目いっぱいに広げると、980本ダウンロードできました。


kabu STATIONでチャートを表示して、上部にある「ツールバー設定」アイコンをクリックします。表示された「ツールバーの設定」ウィンドウで「期間指定」のチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

アイコンの右に期間設定のツールバーが表示されますので、「設定」ボタンをクリックして期間を設定します。カレンダーアイコンをクリックするとカレンダーで指定できて、数字をクリックするとキー入力できます。

キャプチャ
図2:期間設定

今回は最長を知りたかったので1900年からに指定しました。

--みょ 日経平均はまだ始まっていないみょ

うん。どこまでさかのぼれるか知りたかったのです。


チャートの期間が設定できたら、チャート内で右クリックして、表示されたメニューから「4本値データ出力」を選択します。

キャプチャ
図3:4本値出力

保存場所とファイル名を指定して保存します。

日付は「2017/11/2」とエクセルで扱える形式になっていますが、日付降順に並んでいますので昇順に並べ替えたら完成です。


もっと長期の4本値がダウンロードできる方法もあるかもしれません。でも、現時点でわかっているのは4年分です。

また、MARKET SPEEDも使い込んでみるともっと長期のデータがダウンロードできそうです。

まだまだ修行は続きます。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告