05
   

原油価格

原油価格が思ったほど上がってきません。元々はアメリカのシェールガスが実用になってきたから供給量が増えたのと、産油国がシェールガスに対抗するために価格が下がってきたと言われていました。

確かにどんどん油田が発見されて、シェールガスもありますので、供給量が増加しているという要因はあります。でも、油田はどれも一緒ではないのです。油田によって深さや埋蔵量が違って採掘コストが違います。特にシェールガスは一回の採掘で生産される量が少ないために、常に新しく掘り続けないといけないようです。

キャプチャ

アメリカエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)が公表しているデータでは、シェールオイルだと生産コストが1バレル$50~$100となっています。つまり、今の1バレル$60程度の値段ではとても採算が合いません。

それどころか、採算の合う油田は中東・北アフリカぐらいで、とても十分な原油量は確保できないのではないかと思います。事実ロシアでさえ原油の輸出がコストが合わなくて困っているのです。

ではどこが供給しているのかという疑問がでてきます。ここで統計に表れない取引があります。非合法な原油です。

例えば、イスラム過激派組織(IS=Islamic State)。武力制圧した地域には多数の油田があって、有数の産油地域ですから、原油がどんどん出ます。この原油はISの資金源になっているとのことです。国際的には協力してISの資金源を断っているわけですから、表立って流通はしません。それでも掘削が済んで毎日原油が産出されているわけですから、安値で闇で流れてしまいます。原油価格が上昇して闇原油との価格差が広がれば闇原油の需要が高まることになります。

ISの問題が解決したとしても、依然としてシェールガスの採掘コストの壁があるわけですから、以前のように1バレル$100を超えるような上昇は期待できないと言えます。シェールガスのコストについては諸説あるようですが、1バレル$75~$80まではコストが合わないようです。

と言ったことを考慮すると1バレル$45~$75の価格帯を抜けるのはしばらくかかりそうです。

困った時の副収入?

株式投資に限りませんが、思ったように収入があげられない時があります。サラリーマンなら毎月給料が入ってきますが、個人で何かをやっていると調子いい時ばかりではありません。そんな時にたとえ少しでも副収入が入ってくるとありがたいものです。

インターネットを利用して、空き時間でちょっとした収入を得る方法があります。誰でも大丈夫です。スキルがあればそれなりに、無くてもスキルを磨きながら少しだけお小遣いを得られます。

1.アンケート・ポイントサイト

もきち♪はリサーチパネルに登録しています。

これはインターネット環境があればだれでもスキルなしで収入が得られます。ただし、本当に安いです。時給10円なんてこともあります。

また、広告メールも大量にきますので、メールアドレスは別に用意したほうがいいと思います。

実際に出かけて行ってグループインタビューに答えるとか、テクニックを駆使してポイントゲームを攻略するなどすればある程度の収入も可能です。また、クレジットカードを作成したり会員登録することでまとまった報酬を得ることもできます。ただし、クレジットカードは後述するアフィリエイトのほうが高額になることが多いので、注意が必要です。

ここではネットで収入を得るイメージをつかむぐらいの気持ちでいたほうがいいと思います。




2.クラウドソーシング

もきち♪はクラウドソーシング「ランサーズ」とクラウドワークスに登録しています。

「ちょっとした仕事を頼みたい企業」と「ネットでちょっとした仕事をしたい人」とのマッチングを行っています。ここでは数円の依頼から数百万円のプロジェクトまで揃っています。スキル次第ではある程度の収入も可能です。

仕事の内容としては、誰にでもできるアンケート、記事のライティング、ウェブ作成、コピーライティング、ロゴやwebのデザイン、プログラミング、実際に企業へ行っての開発案件など多岐にわたっています。中には怪しい仕事もあります(^^;

空き時間にちょっとした収入を得るには良いシステムだと思います。例えば独立したけれどまだ仕事が少ないような時期にはありがたいのです。また、スキルはあるけど営業が苦手な人にも便利です。さらに、ここで単価の安い仕事をこなしながらスキルを磨くことも可能です。

クラウドソーシング「ランサーズ」

3.アフィリエイト

もきち♪はA8.netアクセストレードに登録しています。

アフィリエイトは当初敬遠していました。人にものやサービスを勧めて収入を得るなんてって思っていました。でもそればかりではないのです。例えばこのブログにはアフィリエイトリンクが貼ってありますが、このブログでのアフィリエイト収入は今のところゼロです。でも上記2サイトで8万円程度の収入を得ています。

A8.netでは「セルフバック」、アクセストレードでは「アフィバック」と呼ばれるシステムです。

自分でアフィリエイトアクションを起こしても収入になるのです。アンケート・ポイントサイトでも触れましたが、クレジットカードを作成したり、会員登録すると報酬が得られます。高いものでは、クレジットカードで8千円、ローンカードだと1万8千円、FX口座を開設すれば2万円といった具合です。ネットショッピングでも自分で購入したものの一部が自分の収入になったりします。

もちろん、自分の名前をお金に換えているというリスクはありますが、どうせ作るのなら収入になった方がいいのです。困った時のアフィリエイトなのです。

ただし、アフィリエイトサイトに登録するにはブログが必要になります。そして、悪用をさけるために(?)ブログを開設してから3~5記事はアップしておく必要があるようです。

もちろんバリバリのアフィリエイトサイトを作成して、それを主たる収入源とすることを否定するつもりはありません。




アフィリエイトのアクセストレード

時価総額と実際に動いたお金

東証一部の時価総額が600兆円を超えました。バブル期を超えて史上最高額を更新しています。バブル期の狂ったような時代を知っているものとしては違和感を感じます。当時は同時に日経平均終値3万8915円という最高値を付けていました。

今は2万500円台です。つまり、東証一部の上場企業数や日経平均算出企業の入れ替えなどもろもろで、東証一部の時価総額と日経平均との関係が当時と変わってきているということですね。

時価総額は株価に発行済株式数を掛けたものです。これがくせものだと思うのです。

例えば、ほとんどが長期保有の安定株主の企業があったとして、市場に出ているほんの少しの株が高値で取引されたとしたら株価は急騰します。株価が急騰するのですから、時価総額も急騰します。でも、考えてみればほとんどの株式は急騰する前の安い株価で購入されているのです。つまり、発行済み株式全体を見ると、実際に取引された金額は時価総額にとても届かないということになります。

東証一部の時価総額も同じことが言えます。実際に600兆円のお金が流れ込んだわけではなくて、今の株価に発行済株式数を掛けると600兆円になるということです。

では、実際に流れ込んだお金と時価総額との差はどうなっているのでしょう。これは含み益となっているはずです。もちろんもきち♪のように含み損を抱えている投資家もいますが、市場全体としては含み益となっているのです。

どこかのタイミングでまとまった利益確定売りが出ると思いますので、しばらくは目が離せません。

にゅるにゅるエクセルをきびきびエクセルへ

Excel 2013ってそのまま使っていると、にゅるにゅる動いて気持ち悪いし遅いし頭が悪そうだと思いませんか。昔のバージョンはきびきび動いていたのに、今のエクセルは(デフォルトだと)にゅるにゅるです。

この「にゅるにゅるエクセル」を「きびきびエクセル」にする方法は3つあります。

1.OSの設定でwindowsのアニメーションを止める
2.レジストリを修正してofficeのアニメーションだけ止める
3.グループポリシーを変更して全ユーザのofficeアニメーションを止める

よい子は、たかがにゅるにゅるを止めるぐらいでレジストリだのグループポリシーだのを操作してはいけません。もきち♪はよい子ですのでOSの設定でwindows全体のアニメーションを止めています。その方が断然クールです。

設定はチェックを一つ外すだけです。

windows8.1だと、ウィンドウズボタンを右クリックして「システム」を選択します。

キャプチャ

システムウィンドウの「システムの詳細設計」をクリックします。

キャプチャ

システムのプロパティが開きますので「詳細設定」タブのパフォーマンスの「設定」ボタンをクリックします。

キャプチャ

パフォーマンスオプションウィンドウから「視覚効果」タブの「windows 内のアニメーションコントロールと要素」のチェックを外して「適用」ボタンをクリックするだけです。

キャプチャ

エクセルで試してみてください。きびきびエクセルですよね。もう一度チェックを入れてみて比較すると違いが良くわかります。

windows8.1以外のwindowsや、メニューが深くて面倒な人はコントロールパネルで「視覚効果」を検索すると

キャプチャ

一発でパフォーマンスオプションが出てきます。

キャプチャ

ここで止めるアニメーション効果はwindowsのアニメーション効果だけですので、インターネットなどのアニメーションは通常通り再生されます。それでもアニメーションを復活させたければもう一度このチェックを入れるだけです。

にゅるにゅるエクセルを使っている人は是非一度試してみてください。

ドルが強い

やっぱり相場はわからない。お手上げです。

キャプチャ

昨日午後から、2回にわたってドル高円安に一気に動きました。時間を見ると、ロンドンのマーケットが開く時間とニューヨークのマーケットが開く時間です。

イギリスもアメリカも昨日の市場はお休み。お休み明けのマーケットに向けて、FRBが年内利上げを念押しする形になりました。おまけにギリシャのIMFへの融資返済期限が6月5日に迫っています。仮に今回乗り切れてもやっぱりやばそうだし、スペインだって十分に怪しい。

ドル買いユーロ売りの流れになりそうなものなのに、ドルユーロはそこまで動いていません。

キャプチャ

ドル買いの円売りです。1%以上のドル高円安。

ドル高を受けてダウは1%以上の下落、問題の日経平均は1%と1%で打ち消しあったのか昨日の終値を挟んで一進一退の値動きです。とは言っても個別銘柄は動いています。指数の動きから個別銘柄の動きにシフトした流れが続くのか、今日だけの流れなのか判断できませんが、少なくとも今日は個別株をしっかりと見ていきたいと思っています。

Windows8シリーズ(RTは除きます)が使いにくいとお嘆きのあなたへ

Windows8シリーズを初めて触った時はショックでした。もきち♪が知っているwindowsじゃない。何から躾けていいのかわからない。それでも何とか特別なアプリをインストールせずに使い方を模索しました。

Windows8.1が出て、そしてwindows8.1updateと進んでいくうちに、どんどんwindowsになってきました。今はもうwindowsそのものです。悪名高きスタートアップ画面はしばらく拝んでいません。windows8.1updateはちょっと躾けてやれば、みんながよく知っているwindowsなのです。

windows8シリーズにはまだ食わず嫌いの人がいるみたいですので、使う前に必要なポイントをご紹介します。

※RTは除きます。あれはきっと別物です。

1.windows8.1updateまでバージョンアップする

まずwindows8.1updateまでバージョンアップします。windows8シリーズなら無料でバージョンアップ可能ですので、バージョンアップします。それだけで、ほら、タスクバーにウィンドウズボタンが復活しています。このボタンは右クリックして利用します。間違ってもクリックしてはいけません。間違えてクリックするとまた悪名高き(ペナルティ?)画面が立ち上がってしまいます。

シャットダウンだってできます。当たり前のように聞こえてwindows8シリーズでは画期的なことです。びっくりです。

キャプチャ

2.ログイン後の画面をデスクトップに指定する

タスクバーの何もないところで右クリックしてプロパティを開きます。

キャプチャ

「ナビゲーション」タブの「サインイン時または・・・(中略)・・・デスクトップに移動する」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

無題

ログイン後の画面がデスクトップになりました。でも、このままだとアプリを立ち上げるときに悪名高き(ペナルティ?)画面を見ないといけません。そこで、

3.プログラムフォルダーのショートカットをスタート画面に配置する

プログラムのショートカットがまとめられているフォルダーのショートカットをデスクトップに配置します。悪名高き画面もここを参照していますので、全く同じ内容です。プログラムを立ち上げるときはここをダブルクリックすることになります。

フルパスは「システムドライブ(通常はC)→ProgramData→Microsoft→Windows→スタートメニュー→プログラム」です。

キャプチャ

ショートカットの作り方はいろいろあります。どの方法でもいいのですが、右ドラッグが便利で常用しています。

フォルダパスの左にある上矢印で一度上のフォルダに移って、目的のフォルダ(プログラム)を右クリックでデスクトップの配置したい位置までドラッグして離します。オプションの選択肢がポップアップしますので、「ショートカットをここに作成」を選択します。

キャプチャ

これで使い慣れたwindowsになりました。

2015.07.18 追記

3のショートカットを作成する「ProgramData」はデフォルトでは隠しフォルダですね。表示するには、エクスプローラの「表示」タブから「隠しファイル」にチェックを入れます。

キャプチャ

インデックスファンドとアクティブファンド

株式投資に学歴は関係ない!!で見たように、証券会社には東大を卒業してハーバードやスタンフォードのビジネススクールでMBAを取得して、年収何千万円という条件で採用された人材がたくさんいます。その人たちが「ファンドマネージャ」として顧客から預かった莫大な資金を運用しているのです。

ファンドは大きく分けて「インデックスファンド」と「アクティブファンド」があります。

「インデックスファンド」は日経平均とかダウ工業株30種平均とかの指数(ベンチマーク)と連動するように投資するファンドです。指数の計算比率になるように個別銘柄を購入したり、そうやって購入された大きな資金のファンド(マザーファンド)を購入したりします。インデックスファンドでは指数との連動性が重要になります。比率に従って機械的に売買していますので、ファンドの手数料は格安です。

「アクティブファンド」は「ファンドマネージャ」が売買を繰り返して指数(ベンチマーク)を上回る運用成績を上げることを目的としています。運用成績の良さがファンドマネージャの腕の見せ所です。ファンドマネージャに高い報酬を支払っていますから、手数料はお高くなります。

そしてファンドマネージャはハーバードのMBAなのです。運用成績が良ければ顧客からの資金も集まってファンドマネージャの年収もどんどん上昇します。運用成績がすべてなのです。

ところが、アクティブファンドの手数料も考慮した運用成績を長い目で見ると、9割はインデックスファンドに負けているというのです。スタンフォードのMBAがあらゆる分析を行ってあらゆる情報を加味して売買している運用成績が、手数料を考慮しているとはいえ指数の比率に従って機械的に売買しているインデックスファンドに負けているのです。

ハーバードやスタンフォードのMBAが相場を張ってもインデックスファンドに勝てないのです。儲けられないファンドマネージャは顧客からのお金を集められませんので首になります。ハーバードやスタンフォードのMBAが首です。何しろ学歴は関係ないのです。そして今もファンドマネージャを続けている人はそうやって生き残ってきた人たちなのです。ツワモノです。

もきち♪家のコタツの上のパソコンモニターの向こうにはそんなツワモノが棲んでいるのです。心してかからないとすぐにやられてしまうのです。

IDとパスワード

IDとパスワードってどんどん増えます。ちょっと調べ物をして詳しく知ろうとしたら「会員登録してください」って言われます。会員登録には個人情報とメールアドレスとIDとパスワードが必要です。どうでもいいIDを指定しようとすると「すでに同じIDが使われています。mokichi238なら使えます。」とか言われます。言われるがままに登録すると二度とそのサイトにはログインできません。。。。

大切なIDとパスワードは記録して大切に保管してあります。大切なIDですから、自分だけにわかる暗号化を施して記録してあります。今数えたら88組。使わなくなったIDはこまめに削除しています。それでも88組。

IDを削除したサイトにまた訪れることもあります。「会員登録してください」って言われます。個人情報を入れて会員登録しようとすると「このメールアドレスではすでに会員登録してあります。IDとパスワードを入れてログインしてください」って言われます。大切なサイトのIDとパスワードは利用しなくなっても削除できないのです。

お金が絡むサイトや、重要な個人情報が蓄積されるサイトのIDとパスワードは厳重に管理しないといけません。それに対して、ただ個人を特定して表示を変えたりカスタマイズできるだけのサイトもあります。サイトにしてみれば同様に個人を特定したいので、どちらも同じようにIDとパスワードを求めてきます。

でも利用者からしてみるとこれが全く同じじゃない。片や悪用されると全財産をむしり取られたり個人情報を丸裸にされるのに対して、片やサイトを訪れた時の表示が変わるだけです。どちらも同じようにIDとパスワードを求めてきます。

他のサイトで利用しているパスワードを別のサイトで利用しないようにしましょうって言われます。確かに正しいのです。悪意の人間が会員登録しないと利用できないサイトを作成して、会員のIDとパスワードのリストを入手して重要なサイトで片っ端からログインしてみるってのをやられたら、パスワードを流用している会員は甚大な被害にあいます。

通常パスワードは暗号化して保管されています。システム管理者でも通常の方法ではパスワードを知ることはできません。でも、悪意のあるサイトで入力されたパスワードを暗号化せずに保管することは容易です。

パスワードは定期的に変更してくださいとも言われます。確かに頻繁に変更したほうが安全です。でも重要なサイトだけでも88組です。頻繁に変更して管理しきれる自信がありません。

そこで、いくつかのパターンを使い分ける方法が現実的かと思います。

1.どうでもいいサイト用
覚えやすいワードを利用しても良いと思います。少し安全度を上げるのなら、サイトの名前などの情報を付加すれば十分だと思います。

2.SNSなどで乗っ取られると困るサイト
覚えやすい別のワードと、サイトの情報と、数字などを自分で決めたルールで混ぜたパスワードを利用すれば、推測されることはまずありません。

3.ネットバンキングやネット証券などの重要なサイト
自分だけのワードとサイトの情報と数字と記号をうまく組み合わせてパスワードにします。もちろん覚えきれませんので、自分だけが分かる形で記録して大切に保管します。

もちろん自分でルールを決めても、相手のあることですので「○文字以上で英数文字」とか「大文字と小文字を混在させてください」とか「○日以内に変更してください」とか言われます。でもそこで負けてしまうと全財産を抜かれることになってしまうのです。

CSVファイルとエクセル

まとまったデータをダウンロードするときに「CSV」形式の場合が多いです。

例えばSBI証券で取引履歴表を作成するために「譲渡益税明細」をダウンロードする場合も「CSVダウンロード」とあります。

キャプチャ

カブドットコム証券で「取引履歴」をダウンロードする場合も「CSV」です。

キャプチャ

XBRLデータを閲覧するためのツール「TeCAX」からの出力も「CSV形式」です。

キャプチャ

他にもCSVファイルでデータをダウンロードする機会が多いと思います。ダウンロードしてしまえばエクセルなどの表計算ソフトのファイルに似たアイコンで表示されます。ダブルクリックすれば表計算ソフトが立ち上がって各値がセルの中に納まっています。

でもCSVファイルは表計算ソフトのファイルではありません。

wikipediaによると

comma-separated values(略称:CSV)は、いくつかのフィールド(項目)をカンマ「,」で区切ったテキストデータおよびテキストファイル。



カンマで区切られたテキストファイルなのです。試しにWindowsの「メモ帳」で開いてみます。

キャプチャ

エクセルと並べてみます。

キャプチャ

左がメモ帳で、右がエクセルです。テキストファイルですから、メモ帳でも編集できますし、ワードや他のファイルでも編集できます。もちろんメモ帳などでCSV形式のファイルを作成することも可能です。

インターネットなどで公開されているデータがそのまま表計算ソフトで読み込めない時は、メモ帳などで整形して表計算ソフトで読み込むことが可能なのです。

公開されているデータを利用したい時は、まずは「表計算ソフトのデータ」を探して、無ければ「CSV」形式のファイルを探して、それもなければ何とか「テキストファイル」に落として加工することを考えるという流れになります。



株式投資に学歴は関係ない!!

株式投資に学歴は関係ありません。心地よい響きですね。学歴がなくても株式投資はできるのです。必要なのは国籍と資金とほんの少しの好奇心だけ。証券口座を開設するときも学歴の記入欄はありません。もちろん卒業証明書も必要ない。

注文が約定するときは必ず相手が存在します。画面を見ていると忘れがちですが、必ず誰かを相手に取引しています。そしてその相手の学歴も関係ありません。

現実社会で仕事をしていると、似たような学歴の人と仕事をすることが多いと思います。極端に学歴が離れた相手と仕事をする場合でも、相手の学歴はある程度把握できます。でも株式相場では相手の学歴はわかりません。

日本の株式相場で動いているお金の約6割が海外投資家の資金だとのことです。その他にも年金や保険や銀行などの機関投資家が多額のお金を動かしています。つまり、個人投資家が日本の株式を取引する場合、高い確率で海外や国内の機関投資家を相手にしているということです。

機関投資家というと、東大を卒業してハーバードやスタンフォードのビジネススクールでMBAを取得して、年収何千万円という条件で外資系証券会社に採用されているのです。きっと。

個人がネット証券で出した注文の相手はハーバードのMBAなのです。何しろ学歴は関係ないのですから。日本の証券取引所で動いている資金の多くはスタンフォードのMBAなのです。

現実社会では会ったこともないような学歴の人たちを出し抜かないと株式投資では儲けられないのです。学歴は関係ないのです。

もちろんMBAですからIRなんて細かいところまで全て読み解けますし、金融工学なんて四則演算と同じように扱えるでしょうし、イエレンおばさまの発言は英語のままリアルタイムで理解できるのです。

だからと言って、おくすることはありません。でも決して忘れてはいけないことだと思っています。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告