09
   

第一中央汽船(株) (9132) 民事再生法適用申請

キャプチャ
出典:第一中央汽船(株) (9132) 平成27年3月期 決算短信

海運業界で国内売上高5位の第一中央汽船が9月29日、民事再生法の適用を東京地裁に申請しました。

直接の原因は、9月末に期限が訪れる借入金の借り換えを一部の金融機関に拒まれたことのようです。

赤字と債務超過と倒産と」で見たように、資金の手当てがつかないと倒産します。

平成27年3月期の決算短信を見ると、最初に気になるのが、売上原価が売上高よりも多いことです。つまり、160円かけて仕入れた商品を152円で売っているということです。平均で。もちろん、売り上げに関係なく必要な費用(固定費)がありますので、売り上げがなければもっと赤字は膨らむわけですが、それにしても売上原価率が100%を超えるというのは異常です。少なくとも平成26年度から。それも悪化しています。

今四半期を見てみます。

キャプチャ
出典:第一中央汽船(株) (9132) 平成28年3月期 第1四半期決算短信

やっぱり昨年よりも悪化しています。

決算全体を見ると、4期連続の赤字ですが、一応債務超過には陥っていないとなっています。しかし、平成27年3月期と平成28年3月期第1四半期とを比較すると、純資産が半分以上毀損しています。つまり、第2四半期で債務超過に陥っていてもおかしくはないということになります。

債務超過に陥るということは、株主資本がマイナスとなるわけですから、仮に再生されるにしても、100%減資という話が出る可能性が高いということになります。

今回は金融機関が借り換えを拒んだとのことですが、この決算短信を読めば金融機関が借り換えを渋ってもしょうがないと思います。

そして、第1四半期短信から予想することも、決して不可能ではなかったということになります。実際にこの銘柄に注目していたとしても、そこまで読み込めるかは自信がありませんが。。。

仕掛けは処女のごとく、手仕舞いは脱兎のごとく



相場の勉強って何から手を付けていいのかわからないし、何をするのが正解かはわかりません。その人のバックボーンがそれぞれでしょうし、投資スタイルや投資目的や軍資金がどれぐらいあるかによっても変わってきます。

ですから、敏腕トレーダーさんに尋ねるときも、自分が誰かに紹介するときも「お勧めの本や参考になったサイト」を話題にするようにしています。

もきち♪がお勧めなのが、幸田真音さんの小説だったりします。

幸田真音さんは政府税制調査会委員はじめ、財務省関係の委員会で活躍されていますが、もともとは債券ディーラーや大手金融法人を担当する外国債券セールス出身です。

実際にディーラー経験があるとのことですので、機関投資家の内部事情に詳しいのだと思います。投資家の描写に迫力があるのです。普段機関投資家との接点を持たない読者にとって、相手を知る一端になります。

小説ですので、相場に向かうための具体的なスキルアップを期待してはいけません。でも、相場という舞台で生きている人たちが生々しく描かれています。いい加減な気持ちで相場に向き合うと、どんな悲惨な結果が待っているかを知るための良い教科書だと思っています。

そして、幸田真音さんのいろいろな小説でたびたび出てくる格言が「仕掛けは処女のごとく、手仕舞いは脱兎のごとく」です。

元は孫子の兵法だとのことですが、何でも野村證券創業者の野村徳七が好んで使っていたとのことです。

「処女のごとく」ってのはよくわかりませんが、ウォール街の格言では「資金は小出しにせよ」と言うそうですから、きっと同じような意味なのでしょう。

「脱兎のごとく」というのは、言葉としては理解はできますが実行するのは難しい。相場の真理からすると、手仕舞い売りを完了すると必ず上昇します。少しぐらいは残しておきたいと考えてしまいます。打診手仕舞いを入れたくなります。損切りだと特に「こんなはずじゃない」と思ってしまいます。

今日の日本株は日経平均250円以上下げて始まって、ほとんど寄り天状態で今は550円を超える下落です。打診買いを入れても大きな含み損を抱える始末。脱兎のごとく手仕舞って「休むも相場」と買い場を待つのがベストな選択肢なのかとも思っています。

HYPER SBIの低負荷モード

キャプチャ

トレードツールはSBI証券のHYPER SBIをメインで使っています。HYPER SBIは、2台以上で同時に立ち上げることもできますので、メインPCとサブPCで立ち上げて、片方は10本気配を表示しっぱなしにしています。

メインPCとサブPCですので、サブPCでログインするときにはログイン画面にある「低負荷モードで起動」ってのが気になります。低負荷ってことは、サーバーとのやり取りがのんびりするのかと思います。

メインPCを通常通り起動して、サブPCを「低負荷モードで起動」にチェックを入れて起動して、並べて比較します。

ん?タイミングは一緒です。「詳細はこちら>>」をクリックしてみます。

キャプチャ

Q&Aによると

HYPER SBI「低負荷モードで起動」とは、日経225先物・ミニ日経225先物・日経225オプション銘柄の価格や気配情報を500ミリ秒(0.5秒)間隔に抑えて配信するよう制御する機能です。



とのことです。低負荷になるのは先物・オプションだけですね。しかも0.5秒間隔です。

早速先物の板を並べて表示してみました。0.5秒間隔です。。。。。。違いが判らない(^^;

先物・オプション取引を行うときには通常モードで立ち上げたほうがいいのかもしれませんが、少なくとも先物・オプション取引をしないときには低負荷モードで立ち上げるというのもありなのかもしれません。

アメリカの利上げ

キャプチャ

何だかよそ行きのテーマとアイキャッチ画像だったりします。というのはあまり気にしないで。。。

日本株が上昇するにはある程度の円安が必要です。26日の岡崎・鈴木のマーケットアナライズでニッセイ基礎研究所の矢島康次さんが気になる発言をしていました。

日経平均が2万円を取り戻すには、1ドル123円ぐらいの円安にならないと難しいというのです。それも一瞬だけではなくて、ある程度の期間123円ぐらいで推移することが必要だと言うのです。

そして、その1ドル123円ぐらいで落ち着くためにはアメリカの利上げが必要だと言っていました。

そして、先日のイエレンおばさまの発言では、世界経済に対する懸念に触れられていました。これは、アメリカが利上げした後に世界経済、特に新興国経済が下落した場合に「アメリカの利上げが世界経済を悪化させた」と言われることを避けたいという意向の表れだとのことです。

では、10月や12月の利上げは可能なのかということが問題になってきます。何しろ、日経平均が2万円を回復するには1ドル123円の円安が必要で、そのためにはアメリカが利上げしてくれないと困るのです。もきち♪家の財政にもかかわってきます。

イエレンおばさまの発言を素直に受けると、世界経済の力強さが感じられないと利上げしたくないということになります。

では世界経済はどうかというと、日本はアメリカが利上げしてくれないと円高が進んで輸入産業が打撃を受けます。安倍内閣の支持率も、安保関連法案で40%を切っています。内閣支持率が下がれば景気も悪化します。40%を切るというのは危険ゾーンです。

ヨーロッパは唯一頑張っていたドイツがVW問題で元気がなくなりそうな勢いです。新興国は、中国を筆頭に元気がなくなってきています。

とみていくと、アメリカはもう少し頑張れるかもしれないけれど、世界経済が今よりも好転することは今のところ期待できないように思えます。だとすると、ずっと言われ続けている今年中の利上げが何だか怪しくなってきます。

もしも、今年中に利上げできなかったら、イエレンさんの言っていることが違うってことで、マーケットは大きく崩れそうです。9月の利上げ見送りは、今年中の利上げの範囲内ですから、マーケットも冷静に見ていますが、12月に利上げできないとなると話は変わってきます。

アメリカの年内利上げが見送られる可能性も考えておく必要があるのかもしれないと思い始めているもきち♪君でした。

今さら聞けないWindows 画面を回転させる

キャプチャ

基本的な操作でも、使う機会がないとなかなか知らなかったりするかもしれません。

ということで、もきち♪はWindowsタブレットユーザーとなりました。タブレットだと、デフォルトで画面の自動回転がオンだったりするわけです。つまり、画面を縦位置にすると、自動で上になったほうを感知して縦表示になります。ひっくり返すとひっくり返ります。

便利な機能ですが、あくまでも自動ですので、思わぬ動きをしたりします。特に、数人で画面を見ようとしてみんなに見えるように水平に近いポジションだったりすると、センサーはどっちが上かわからなくなって困ってしまうわけです。正面が上ですから。

あるいは寝転んでいて、寝返りを打った時は回転してほしくなくても回転します。

そんな寝たきりユーザーでも使いやすいように「自動回転オフ」にもできます。ボタン一つで。「回転ロックボタン」です。

もきち♪は、勝手に回転されるのが好きくないので、常に「自動回転オフ」にしています。

画面を回転させたいときには、自分で回転させます。

自分で画面を回転させる方法は3つあります。

一つ目は自動回転を使う方法です。一度「回転ロックボタン」を押して、自動回転をオンにしてから好きな方向に画面を傾けて回転させたら自動回転をオフにします。タブレットらしくていいですね。

※ここからはタブレット以外でも操作可能ですが、一度画面を回転すると、デスクトップのショートカットの配置が変わってしまいます。自己責任でお願いします。まあ位置だけですけど。

二つ目はあまりおしゃれではないですが、「設定」を使う方法です。デスクトップで右クリックして「ディスプレイの設定」から「向き」を変更します。これはタブレット以外でも利用できます。

キャプチャ

そして3つ目が、昔っからあるショートカットキーを利用する方法です。これは、90度回転可能なパソコンモニターを縦位置で接続するときに昔から使われていました。でも使わない人にはなじみがないですよね。

「Ctrl」キーと「Alt」キーを押して、変えたい向きの矢印キーを押すのです。矢印の方向は、画面が通常の横位置にあるとした時の上方向にしたい方向の矢印です。「→」を押して回転した後にもう一度「→」を押しても回転しません。ちょっと説明が難しいですね。気になる人はやってみてください。知らない人相手だと、1分30秒ぐらいは驚かせられます。

--タブレットだとキーボードがないみょ

スクリーンキーボードでも大丈夫です。「Ctrl」キーと「Alt」キーはロックされますので、順番に押せば指一本で大丈夫です。

キャプチャ

知っている人は今さらこんな情報必要ないと思われるかもしれませんが、今まで使う機会がなかった人にとっては必要だったりします。ネット上では「タブレットPCをWindows10にアップグレードしたら自動回転が90度狂って戻らない」とか、某メーカーのサイトでは「自動回転が正常に動かないときは、こねくり回してだめならリストアしましょう」とか書かれているのです。

こねくり回す前に思い出していただければ幸いです。

株価データをダウンロードするマクロ

キャプチャ
出典:Kabu begin!!

人の相撲でふんどしを借りると言うか何というかですが、株価データをダウンロードするマクロを公開してくれている人がいましたので、ありがたく使わせていただきました。

今まで「過去の株価データをダウンロードできるサイト」や「HYPER SBIから生データをダウンロードする」でダウンロードしてきましたが、このマクロも使えます。

Excelのマクロですから、他の表計算ソフトでは使えませんが、Excelで利用するのなら非常に使いやすいです。

もきち♪が試したのは「Excel株価取得」と「Excel時系列株価取得」の2本です。マクロですので、インストールも必要ありません。ダウンロードして解凍して好きなフォルダに入れておくだけです。

使いたいときはダブルクリックして銘柄コードなどを打ち込んで実行するだけ。時系列のほうは銘柄ごとにシートが作成されますので、必要なら他のファイルにコピーして好きに使えます。

また、用途ごとにファイルをコピーしておけば、常に最新のデータで検討できます。このファイルに計算シートを追加して、セルを参照して。。。と用途は無限大です。これでオプション価格がリアルタイムでダウンロードできれば「オプション取引基礎の基礎」シリーズも充実するのですが、それは別問題ですね。

ということで、ありがたく使わせていただきます。

シャドーレート

キャプチャ出典:現代ビジネス 【第89回】「シャドーレート」からみた日米の出口政策のタイミング

19日放映の「岡崎・鈴木のマーケットアナライズ」で、ダッシュボードのコーナーに出演していた丸三証券経済調査部長の安達 誠司さんが「シャドーレート」を紹介されていました。

一文で説明すると、「金利は通常マイナス金利にはならないけれど、もしもマイナスにも制限なく変動すると仮定したときの想定レート」ということです。

シャドーレートがプラスならばインフレ方向に向かっていて、マイナスならデフレ圧力があるとわかる便利なものです。これがプラスならば、出口戦略も正当化されます。ところが、これが今はマイナスなのです。

これを計算しているのは世界に2~3人しかいなくて、アトランタ連銀で見ることができるとのことでしたので、早速検索してみました。

キャプチャ

まあそうですね。英語です。何が書いてあるのやら読む能力がありません。Googleさんに翻訳してもらいましたが、どうやら他の場所にあるということだけはわかりました。

ということで、シャドーレートってのがあるぞってことだけはわかったもきち♪でした。

Windowsタブレット デジタイザ機能を添えて その3

scale.jpg

ということで、New sub machineの LaVie Tab W TW710/T2S もだんだんわかってきました。メインマシンと比べたのが上の画像です。今までのサブマシン VAIO TYPE-Pと比べると少し大きいのですが、十分持ち歩く気になるモバイルです。

kame.jpg

何といってもキータッチが気に入りました。久しぶりにクリック感が心地よいキーボードです。そして、画面表示が1920×1200ドットですから、HYPER SBIの八本気配が6面並ぶはずです。早速インストールして立ち上げてみました。

def.jpg

ん?シルバーウィークでサブPCと戯れている間に八本気配が十本気配に増えていました。それでも6面すべてが表示できます。ちょっと表示を切り替えて、横幅に合わせるとこんな感じ。

sbi.jpg

下がちょっと切れるけど、いい感じです。この画面が持ち歩けます。素敵です。

デジタイザペンも試してみました。まだ使い込めてはいないけど、結構楽しめそうです。

キャプチャ

いや。書き味を試しただけですから。ちゃんとした絵がかけたら、また評価しなおします。でも楽しい。
気になっていたメモリー使用量は、やっぱり32bit OSというのが効いているのか、1.5GB~1.7GBといったところです。メインメモリーとして利用できるのが2.9GBとなっていますので、だいたい半分ぐらい利用しています。まあ苦しくなったらまた考えます。

キャプチャ

ストレージが64GBとなっていますが、これがよくわからない。Windowsから認識されるのは約47GBで、出荷時の空き容量が約29GBですね。カタログに書いてありました。でもOnedriveもGoogledriveも同期して空き容量が13.3GB残っています。これも苦しくなったら、microSDに移せばいいかと思っています。

キャプチャ

もちろん欠点もあります。見える欠点は、キーボード配列。左手前に「Fn」と「Ctrl」が並んでいますが、これが普通と逆なのです。機能説明を見ると、通常のPCに比べて「Fn」キーを使う機能が追加されています。確かによく使うキーを使いやすく配置するというのはわかるのですが、慣れるまでにしばらくかかりそうです。

後は、プリントスクリーンキーがありません。これは届く前からわかっていたことで、パネル部分の「windows」ボタンと「音量小」スイッチで代用しています。

でもまぁ。6万円以下で軽くてバッテリー長持ちでHYPER SBIが動くサブPCとしてはいい買い物ができたと思っています。

Windowsタブレット デジタイザ機能を添えて その2



届きました。思っていたよりもずっと小さくて軽くて素敵です。

優良ユーザーですので、付いてきた取扱説明書は全部読んで、早速セッティングです。

最初のセッティングは言われるままに、お勧めで進めます。期間限定のウィルス対策ソフトだけは不具合が怖いので、キャンセルして進めていくと、途中で「Windows10にできますけど、アップグレードしますか?」と聞かれて、調子に乗ってアップグレードです。

キャプチャ

調子に乗りすぎました。Windows10アップグレードで2時間以上取られてしまいました。

今日届くことはわかっていたので、届いたらさっさとセッティングを済ませて、細かい使い方をマスターしてから記事を書こうと思っていたのが、セッティングが終わったのが21時過ぎという大人の時間帯になってしまいました。しょうがないから、記事を書きながらマスターしていきます。

ということで、ここまで書き進めて思ったのが、見かけによらずキータッチはなかなかのものです。クリック感があって、非常に打ちやすい。キー数が少ないので、ファンクションキー系は今後対応を考えるとして、個々のキータッチはびっくりするほどいいです。

キーボードがBluetoothでなく、接点式で反応がいいというのもあるのかもしれません。テキスト打ちには最高のサイズとキータッチです。

デジタイザはまだ使い込んでいないのですが、タッチペンとしてはなかなか使いやすいです。

ということで、その3に続きそうな勢いです。

Windowsタブレット デジタイザ機能を添えて その1



買っちゃいました。デジタイザ機能搭載のWindowsタブレットです。

結局。NEC タブレットパソコン LaVie Tab W TW710/T2S(Office Home&Business 2013)になりました。

Surface3発売直前企画 スペックでサブPCを考える」で取り上げたと思っていたのですが、今確認してみると、取り上げていないですね。

でも、以前から、コストパフォーマンスに引かれて気になっていたのです。

もちろんスペック表にもリストアップしてあります。

キャプチャ

気になるスペックは、CPUが「Atom Z3795」で、「Pass Mark CPU Benchmarks」によるとSurface 3の「Atom x7-Z8700」に近いスピードです。

キャプチャ


プリインストールOSは「Windows 8.1 with Bing 32ビット」です。この32bitOSというところが身の丈に合っているというか、おそらく32bitOSを稼働させるマシンとしては高スペックになると思っています。

メモリーは4GBです。32bitOSだと、これ以上載せてもアドレスを認識しないので、使いきれません。足りないかとも思いますが、そこはほら、32bitOSですし、スワップする領域もハードディスクドライブではなくて、eMMCですので、スワップが発生して急に固まるようなことはないかと思います。

ストレージが64GB eMMCですが、こちらは足りないかもしれません。今メインマシンのストレージ総使用量が約55GBですので、大丈夫だとは思いますが、microSDカードを上手に活用することになるかもしれません。

ディスプレイが10.1型1920×1200ドット(WUXGA)となっていて、HYPER SBIの複数八本気配値が一覧できるのは嬉しいのですが、ひょっとして文字が細かい? 大丈夫? 読める? 設定で1024×768ドットまで落とせそうですので何とかなるでしょう(^^;

そしてなんといっても、軽くて(約598g)バッテリーが長持ち(約9.8時間)でデジタイザ機能です。もう。いざとなったらHYPER SBIとOneNoteが動けば許してしまいます。

早く来ないかなぁ。。。



追記:メーカーのスペックページです。なぜかその2に続きます。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告