12
   

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その38

キャプチャ
図1:「その37」で作成した一目均衡表

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その37」まででローソク足ベースの一目均衡表が完成しました。


完成した一目均衡表は、この先ずっと使いまわせます。

日付と4本値だけ最新のデータに差し替えれば常に最新の一目均衡表が表示されます。

--みょ 便利だみょ ずっと使えるみょ

ただ、値動きがあってスケールが変わった時には少し縦軸も変更が必要かもしれません。

また、ほかの銘柄や日経平均などの指数にも使えます。

ということで、データの差し替えと、縦軸の変更をおさらいしておきます。


最新のデータに差し替えます。

データの差し替え方法は、移動平均線の時とほとんど同じです。

今回利用しているデータは「250日」のデータですので、差し替えが楽なのです。外のサイトからダウンロードる場合などでは、日付の調整や4本値の順番の変更が必要になるかもしれません。

新しいデータの日付と4本値をコピーして一目均衡表の同じ位置に貼り付けます。

チャートは最新のデータに置き換わっていると思います。


--みょ 自動でかわったみょ 便利だみょ

うん。便利です。でも、最新のデータに差し替えましたので、先行部分の日付がずれているかもしれません。

キャプチャ
図2:最新のデータへ差し替えて日付がずれている

今回の日付はチャートと関連付けられています。そのため、ずれている日付を削除すると、ちょっとだけ厄介です。そこで、日付をコピペして上書きします。

重複している日付の次の日付を選択します。この例では「2017/1/4」です。そのまま日付列の最後を「Shift」キーを押しながらクリックして連続して選択します。「Ctrl」キーを押しながら「C」キーを押すなどしてコピーします。

キャプチャ
図3:日付のコピー

重複している日付の最初のセルを選択して「Ctrl」キーを押しながら「V」キーを押すなどして貼り付けます。

キャプチャ
図4:日付の貼り付け

切り取りで貼り付けると楽なのですが、切り取りではチャートとの連動が切れないので、コピペです。余分に残った日付を削除してデータの更新は終了です。

キャプチャ
図5:余分な日付の削除

日付が調整できました。縦軸の調整は「その39」に続きます。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その37

キャプチャ
図1:「その36」で作成した背景が透明なローソク足

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その36」でローソクの着色と背景の透明化が済みました。


--みょ 透明になったけど大きさと位置がずれているみょ

うん。サイズと位置を合わせていきます。

縦軸と横軸を合わせてありますので、「プロットエリア」をぴったりと合わせればスケールも位置もぴったりとなります。

プロットエリアの左上の角を合わせて、右下の角をドラッグしてサイズを調節します。

--みょ ドラッグするとプロットエリアの線が消えるから上手にあわないみょ

う~ん。そんな時は二度手間になりますが、プロットエリアに半透明の色を付けます。

プロットエリアで右クリックして、「プロットエリアの書式設定」で右クリックして、「塗りつぶし」を「塗りつぶし(単色)」を選択して、「透明度」を50%ぐらいに設定します。

キャプチャ
図2:プロットエリアの着色

--みょ これなら合わせやすいみょ

うん。位置とサイズが合わせられたらそのまま「塗りつぶしなし」に戻します。

キャプチャ
図3:プロットエリアの位置とサイズの調整

ローソク足ベースの一目均衡表が完成しました。

キャプチャ
図4:ローソク足と一目均衡表

その38」で最新のデータに差し替えます。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その36

キャプチャ
図1:「その35」で作成したローソク足

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その35」でローソク足だけのチャートが完成しました。


お好みで陽線と陰線に着色していきます。

陽線のローソク部分で右クリックします。表示されたメニューで「陽線1」が選択できていることを確認して、「塗りつぶし」色を選択します。ここでは「標準の色」の中から赤を選択します。

キャプチャ
図2:陽線の着色

そのまま「枠線」を「線なし」に指定します。

キャプチャ
図3:枠線の消去

同様に「陰線1」の「塗りつぶし」を「標準の色」の緑に、「枠線」を「線なし」に指定します。

ローソク足に着色できました。

キャプチャ
図4:ローソク足の着色


プロットエリア外のグラフエリアで右クリックして「グラフエリアの書式設定」を設定します。

--むにょ グラフエリアを選択するのって難しいみょ

「プロットエリア」とかになっている場合は右の三角をクリックして「グラフエリア」を選択します。

キャプチャ
図5:グラフエリアの選択

「グラフエリアの書式設定」メニューでバケツを傾けたようなアイコン「塗りつぶしと線」をクリックして「塗りつぶし」を選択してメニューを開いて、「塗りつぶし(単色)」をクリックして「透明度」のスライドバーを右にドラッグして「100%」にします。

キャプチャ
図6:グラフエリアの透明化

そのまま「枠線」メニューを開いて「線なし」を選択します。

キャプチャ
図7:グラフエリアの枠線消去

ローソクの着色と背景を透明にしましたので「その37」で重ねていきます。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その35

キャプチャ
図1:「その34」で作成したローソク足チャート

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その34」でローソク足チャートができました。


ローソク足チャートを作業しやすい場所に移動して、サイズも大まかに一目均衡表に合わせて拡大します。

重ねるために、基になる一目均衡表に横軸と縦軸を合わせます。

横軸は、日付の上で右クリックして、「軸の書式設定」を選択して、軸の書式設定メニューから「テキスト軸」を選択します。

キャプチャ
図2:日付軸をテキスト軸に変更

縦軸は、数字の上で右クリックして「軸の書式設定」を選択して、一目均衡表の最小値と最大値を「軸の書式設定」メニューの最小値と最大値に入力します。

キャプチャ
図3:縦軸の最小値と最大値の入力


重ねるグラフは、ローソク足だけが欲しいのですから、不要で余分な要素を非表示にします。

ローソク足グラフをクリックして右上に表示された3つのアイコンの一番上の「+」アイコンをクリックします。「グラフ要素」の「ローソク」以外の要素は不要ですので、チェックを外します。

キャプチャ
図4:不要な要素の消去

ローソク足だけのチャートが完成しました。

キャプチャ
図5:ローソク足だけのチャート

その36」でローソクの着色と背景の透明化に続きます。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その34

キャプチャ
図1:「その33」で作成した終値と一目均衡表

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その33」で終値と一目均衡表が完成しました。

--みょ 昨日から色が変わっているみょ

うん。このブログとの相性が悪いので背景色を変更しました。


--みゅぅ 終値だとわかりにくいみょ ローソク足がいいみょ

うん。終値でいいならここまでで完成していますよってことです。一目均衡表って要素が多いから、ローソク足よりも終値のほうが見やすい時もあります。

ローソク足がうるさい時は、いつでもこの表示に戻すことができます。

ということで、ローソク足を重ねる準備として「終値」を非表示にします。

グラフをクリックして右上に表示される3つのアイコンの一番下のロートのようなアイコンをクリックしてます。「終値」のチェックを外して「適用」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図2:「終値」の非表示


重ねるためのローソク足チャートを作成します。基本的に移動平均線に重ねたのと同じ方法ですが、一目均衡表の先行部分に合わせて日付を指定することだけが異なります。

「日付」と入力されている「A1」セルを選択して、「Shift」キーを押しながら「終値」が入力されている列「E」の先行スパンが入力されている最後の行「226」のセル「E226」をクリックして4本値を選択します。

キャプチャ
図3:4本値の選択

「挿入」タブの「グラフ」の右下の「すべてのグラフを表示」アイコンをクリックします。「グラフの挿入」ウィンドウで「すべてのグラフ」タブを選択して、左メニューの「株価」を選択して、右上に並んだアイコンのうちローソク足を選択して「OK」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図4:ローソク足の選択

この後は移動平均線に重ねたのとまったく同じ方法ですが、今回は「おさらい」がテーマですので「その35」で手順を追っていきます。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その33

キャプチャ
図1:「その32」で作成した 7203 トヨタ自動車日足6か月一目均衡表 のデータを更新して終値を追加

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その32」までで一目均衡表の5役と雲が完成しました。


一目均衡表にローソク足を重ねると、少し要素が多すぎて見にくくなるかもしれません。

そんな時は、ローソク足ではなくて終値で表示することで少しだけすっきりします。

今回の一目均衡表には4本値や移動平均線が非表示で含まれています。つまり、終値も簡単に表示できるのです。

ということで、終値を表示したのが図1になります。これで十分完成形です。「終値」の表示非表示は、グラフをクリックして右上に表示される3つのアイコンの一番下のロートのようなアイコンをクリックしてます。

「終値」左のチェックボックスにチェックを入れて表示、チェックを外して非表示にして「適用」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図2:終値の表示非表示

--みょ 大変だみょチャートが崩れたみょ 壊れたみょ

いえ。壊れていません。終値を積み上げ面要素として解釈しただけです。種類の変更で「折れ線」にすれば解決です。

プロットエリアで右クリックして「グラフの種類の変更」を選択します。

キャプチャ
図3:グラフの種類の変更

「終値」が「積み上げ面」になっていたら選択して「折れ線」に変更します。

キャプチャ
図4:折れ線に変更

表示された終値の折れ線の色と線種を変更して完成です。

キャプチャ
図5:終値ベースの一目均衡表

終値ベースの一目均衡表が完成しました。「その34」でローソク足ベースの一目均衡表にします。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その32

キャプチャ
図1:「その31」で作成した一目均衡表

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その31」で一目均衡表の5役と雲が表示できました。

このままでは味気がないのとローソク足を重ねるのに目印がないので、色を付けていきます。


まずは背景色を設定します。

プロットエリア外のグラフタイトルの横辺りで右クリックして「塗りつぶし」を選択して色を指定します。

キャプチャ
図2:背景色の設定

次にプロットエリアの色を設定します。プロットエリアで右クリックして「塗りつぶし」を選択して色を指定します。

キャプチャ
図3:プロットエリアの色の設定

同様にお好みで「凡例」も色を設定します。


雲も同様に「塗りつぶし」で色を変更します。

ただ、線は「塗りつぶし」では色が変わりません。「枠線」の色を変更します。

この後ローソク足を重ねますので、配色を考えて設定します。

キャプチャ
図4:線の設定

一目均衡表のお化粧が済んだら「その33」で終値ベースの一目均衡表を仕上げます。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その31

キャプチャ
図1:「その30」で整形した一目均衡表

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その30」で一目均衡表を整形しました。


ここからグラフのお化粧に入ります。ここから先は個人的な好みですので、一例として進めていきますが、好みで適宜変更してください。

まずは「凡例」の場所と設定を変更します。デフォルトでは横軸目盛りの日付の下に専用のスペースを取って表示されているかと思います。これだと存在感がありすぎるので、控えめにします。

「凡例」をクリックして選択状態にして好きな位置にドラッグします。ここでは専用のスペースを解除するのが主目的ですので大体の位置に配置します。

そのまま「凡例」の上で右クリックして「凡例の書式設定」を選択します。右側のメニューから「凡例をグラフに重ねずに表示する」のチェックを外します。

キャプチャ
図2:凡例の書式設定

「凡例」の専用スペースが削除されました。


5役の存在感が強すぎますので、それぞれの線幅を細くします。

5役の折れ線で右クリックして、「データ系列の書式設定」を選択して、右のメニューからインク間を傾けたようなアイコンを選択します。

「線」の「幅」をお好みの数字に変更します。デフォルトでは「2.25pt」になっていますが、個人的には「1.50pt」が好きで常用しています。

キャプチャ
図3:データ系列の書式設定

この画面でほかの線をクリックするとそのまま線幅が変更できます。すべて変更します。


「グラフタイトル」はすべて完成してから設定してもいいのですが、忘れないようにここで変更しておきます。

「グラフタイトル」と表示されている部分を選択して、目的のタイトルに変更します。ここでは「7203 トヨタ自動車日足6か月一目均衡表」としました。

キャプチャ
図4:グラフタイトルの変更

大体仕上がってきましたので、「その32」で色の調整に続きます。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その30

キャプチャ
図1:「その29」で作成した一目均衡表

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その29」で一目均衡表チャートを作成しました。


--みょ 一目均衡表にはみえないみょ

うん。まだ要素をすべて表示しただけですので、思いやりがないと一目均衡表には見えません。思いやりがなくてもちゃんと見えるように整形していきます。

まずは何といっても存在感MAXの「雲土台」を消していきます。

全体的に見えている塗りつぶし部分で右クリックします。表示されたメニューの「塗りつぶし」を選択して「塗りつぶしなし」をクリックします。

キャプチャ
図2:雲土台の塗りつぶし

「雲土台」が消えました。消えたといっても「塗りつぶしなし」で存在していますので、「雲1」や「雲2」はやっぱり「雲土台」の上に乗っています。

--みょ すっきりしたけど帯のように細くなっているみょ

うん。縦軸目盛りが「0」から表示されているからですね。軸目盛を調節します。

見やすくなればどのレンジを使ってもいいのですが、せっかく移動平均線チャートを作成しましたので、ここではスケールを合わせます。

縦軸目盛りの数字の上で右クリックして「軸の書式設定」を選択します。右に表示された「軸の書式設定」メニューの「最小値」に移動平均線で使用した「4500」を入力します。「最大値」は「7500」です。

キャプチャ
図3:最小値と最大値


チャートの下に「凡例」が表示されています。これは表示させておきたいのですが、「雲土台」「雲1」「雲2」は勝手につけた名前ですから、表示するなら何らかの定義が必要になりそうです。

ということで、削除してしまいます。「雲1」と「雲2」は定義して残してもいいのですが、少なくとも「雲土台」は不要ですので削除します。

「雲土台」の文字を2回クリックすると図4のように四隅にドット表示が現れます。この状態にして「Delete」キーを押して削除します。

キャプチャ
図4:凡例項目の削除

「雲1」と「雲2」も同様に削除します。

キャプチャ
図5:不要部分を削除した判例

凡例が調整できました。

ということで「その31」でお化粧を施していきます。

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらい その29

キャプチャ
図1:「その28」で作成したグラフ

エクセルでローソク足と移動平均線と一目均衡表を作成する手順のおさらいの続きです。

その28」で一目均衡表に必要な要素が表示されたグラフができました。


グラフをドラッグして作業しやすい場所に移動して、右下の「■」をドラッグして拡大します。

キャプチャ
図2:移動と拡大


excelって便利なのか不便なのか、日付が入っていると、日付として認識します。今回の横軸も日付として認識されています。

--うにゃ? 日付なんだからそれでいいみょ

うん。でも、日付だと自動でカレンダー基準で設定されます。データが入っているのは東証の営業日だけですが、土日も祝日も含めて表示されます。

グラフを見ると、バーコードみたいにところどころ抜けているのがわかります。東証の休業日です。

このままだと見にくいので、営業日だけの横軸に変更します。

横軸目盛りの日付の上で右クリックして表示されたメニューから「軸の書式設定」を選択します。

キャプチャ
図3:軸の書式設定の選択

表示された「軸の書式設定」の「軸のオプション」「軸の種類」の「テキスト軸」にチェックを入れます。

キャプチャ
図4:テキスト軸の選択

バーコードのようなデータの抜けがなくなりました。


グラフの種類を変更して一目均衡表のチャートにしていきます。

プロットエリアのグラフ要素がないところで右クリックして、「グラフの種類の変更」を選択します。

キャプチャ
図5:グラフの種類の変更を選択

「グラフの種類の変更」ウィンドウで「系列名」を確認しながら「雲土台」と「雲1」と「雲2」を「積み上げ面」に、それ以外を「折れ線」に指定して「OK」ボタンをクリックします。

キャプチャ
図6:グラフの種類の設定

グラフの種類を一目均衡表に合わせられました。

キャプチャ
図7:一目均衡表

その30」で整形していきます。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告