05
   

エクセルで決算短信一覧表を作成する その2 -1000社の決算発表集中日を乗り切るために-

キャプチャ
出所:決算プロ 全上場企業・短信XBRL一括ダウンロード

その1」で、エクセルで決算短信一覧表を作成してちゃっちゃとチェックすることにしました。


チェックしたいポイントは決まっているので決算短信のXBRLから欲しい情報だけダウンロードして一覧表にすればいいのですが、これが結構厄介です。

XBRLと言っても、JPXの適時開示情報閲覧サービス(TDnet)には、ZIP書庫ファイルとして公開されています。

--みょ? ZIP書庫ファイル? XBRLじゃないの?

うん。XBRLのお約束に従ったXML(Extensible Markup Language)ファイルがいくつかと、そのリストとしてのテキストファイルと財務諸表などのHTML(HyperText Markup Language)ファイルなどがまとめられて圧縮されているのです。

--むにゅ? 圧縮?

うん。敷布団と掛布団と枕をまとめて1つの布団圧縮袋に入れられているようなイメージです。ZIP書庫ファイル。それが押し入れの中にたくさん詰め込まれています。

この中から特定の枕カバーだけを抜き出そうとすると結構な手間なのです。

--むにゅぅ 確かに大変そうだみょ


うん。そこで、一覧表にしてくれているありがたいデータを使わせてもらおうと思います。

今回利用させていただくのはトップ画像にある「決算プロ」の「全上場企業・短信XBRL一括ダウンロード」です。

このデータは、Microsoft Excel形式(古いバージョンでも安心のxls)です。そのままエクセルで開けます。データも毎四半期決算3年分を一覧表にしてくれています。

更新タイミングも翌平日の朝4時とタイムラグは最小限です。ありがたいことです。

ただ、見やすいように抜粋してくれていますので、流動比率はチェックできません。これは他の方法を考えることになります。

という制約を考えても決算情報が一覧できるというのはありがたいことです。


ダウンロードは「全上場企業・短信XBRL一括ダウンロード」のページにある 『 全上場企業・短信XBRLデータ 』 をクリックするだけです。

サイズはエクセルファイルとしては大きめの「24,167KB(5月8日版)」となっています。マシンスペックによってはちょっと動きが遅くなります。

ちなみにもきち♪のサブPCでは、エクセルファイルで5,000KBを超えると動きが怪しくなります。このファイルはその5倍です。限界を大きく超えています。このファイルで作業するとびっくりするほど動きが遅いです。

適当な場所に保存して、開きます。

キャプチャ
図1:決算プロからダウンロードした一覧表

セキュリティ設定によっては「保護ビュー」を勧められますが、これから変更していきますので「編集を有効にする」ボタンをクリックします。

これからの変更で新しいバージョンの関数を使いたいので、今のバージョンの形式に変更して保存しておきます。

「ファイル」タブをクリックして「名前を付けて保存」をクリックして希望のフォルダを指定して、「ファイルの種類」のプルダウンメニューから「Excel ブック」を選択してファイル名を入力して保存します。


ファイルがダウンロードできたところで「その3」でデータ加工の方針を立てていきます。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告