05
   

ロシアゲート疑惑とドル・円相場の動き

キャプチャ
図1:ドル・円 日足1カ月チャート

何だかトランプ親方の周りが騒がしくなっています。1970年代の「ウォーターゲート事件」の再来かもしれないということで「ロシアゲート」(疑惑)などと言われています。


ということで、「ウォーターゲート事件」をおさらいしてみます。

まず、「ウォーターゲート」ってのは、ビルの名前です。

当時大統領選のさなかに、ニクソン大統領の野党だった民主党本部があったウォーターゲート・ビルで、盗聴器を仕掛けようとしていた賊が捕まりました。調べてみるとニクソン大統領の関係者だったことが分かってもうびっくりです。

ニクソン大統領はこれが公になったら大変です。もみ消しや、証拠隠しや、特別検察官解任など力で何とかしようとしましたが、結局辞任に追い込まれました。

今回トランプ氏がコミーFBI長官を解任したことで、アメリカ国民は「ウォーターゲート事件」を思い出してしまったようです。

別に「ロシアゲート・ビル」ってのがあるわけではなさそうです。


ドル・円の1か月チャートに今回の出来事を重ねてみました。

キャプチャ
チャート2:チャート1に今回の出来事を追加

今回の一連の動きを見ると、コミーFBI長官(当時)にフリン氏捜査の中止を要請したんじゃね?って報道が流れたことでリスクオフの流れが進んだように見えます。

--みょ リスクオフ?

うん。もうね。リスクオフになったら円買いというのは市場のコンセンサスなのです。


ウォーターゲート事件では最初に盗聴犯が捕まってから、2年あまりアメリカが混乱しました。

ロシアゲート疑惑では、2016年7月にFBIの捜査が始まっています。

まだまだこれからなのかもしれません。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告