06
24
25
26
27
28
29
30
   

AI普及で世の中変わるのか? -インターネットの実績を踏まえて-

キャプチャ
図1:名目GDP(兆円)

AI(artificial intelligence:人工知能)の進化は止まりません。囲碁や将棋でプロに勝って、家庭には個人向けアシスタントAIが入り込んでいます。


個人的には今後AIを進歩させる活用分野は次の3つだと思っています。

◆ビッグデータの解析分野
◆介護や育児やゲームなど個人向け分野
◆軍事分野


--みょ 勝手にまとめたらえらいさんに怒られるみょ

うん。でも、なかなか悪くはないと思っています。

それぞれに検証していきます。


ビッグデータの解析分野には歴史があります。POS(point of sales:販売時点情報)データをMIS(Management Information Systems:経営情報システム)とかSIS(Strategic Information System:戦略情報システム)なんてのに分析させるというものです。

データマイニングなんて言われています。有名な事例としては、スーパーマーケットでPOSデータを分析した結果「午後5時から7時の間、紙おむつを買った顧客が一緒にビールも買っている」というものです。

紙おむつをするような小さな子供を持つ母親は、紙おむつのようにかさばる買い物を父親に頼むことが多くて、父親が仕事帰りに紙おむつを買ってついでに自分用のビールを買うというものです。

都市伝説のようにも言われていますが、なかなか人間では気が付けない傾向をコンピュータなら見つけやすいといういい事例だと思っています。ちなみにもきち♪は実際にあったと信じています。

といったことを、POSデータだけではなくてビッグデータをAIで分析して、もっといろいろな分野で活用が進んでいます。


介護用の会話ロボットや、子供用の教育分野や、ゲームなどの個人向け分野にAIが活用されています。

介護用ロボットというと、介護対象者を抱き上げたり移動させたりといった力作業もありますが、会話も重要な要素です。

そして、会話ロボットのカメラ機能で介護対象者や子供を監視できるという利点もあります。

介護や子供に限らなくても、一人暮らしの話し相手として、ペットよりも手間がかからないという利点もあります。

教育分野にも適していると思います。AIを活用すれば、カリキュラムに沿った内容だけではなく、個人の理解度や能力に合わせたパーソナライズが可能です。

もちろん。ゲームにも活用されればより魅力的なゲームが開発されると思っています。


残念ながらこの分野はお金も開発リソースも他の分野に比べて大量に投入される可能性があります。

無人戦闘機などという分野がありますが、すでに「自律型無人航空機」なんてのも空を飛んでいます。困ったものです。


ここで、AI普及が経済にどう影響するのかってことが気になります。

そこで、インターネットの普及が経済に与えた影響について振り返ってみます。

図1は日本の名目GDPの推移です。日本の名目GDPは1995年ごろまで伸びてきましたが、1995年ごろから500兆円前後でほとんど変わっていません。

この1995年というのは、Windows95が発売されて、一般の家庭にインターネットが一気に普及した「インターネット元年」などと呼ばれています。

インターネット元年から、日本のGDPは全く伸びていないのです。インターネットでネット通販は大流行でググればいろいろな情報にアクセスできて、FAXを送らなくても電子メールでデータまで送れます。ビジネスの世界は劇的に変わったといっても過言ではありません。

でも、そのインターネットが普及し始めて日本のGDPの伸びはぴったりと止まっているのです。


AIの普及で恩恵を受ける企業はあると思います。でも、部分的に伸びる分野があるのと、日本経済全体が伸びるというのは別問題なのかもしれません。

もちろん、今の新分野はAIだけではありません。ただ、AI関連分野を調べていて、ふと過去を考えてしまったもきち♪君でした。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告