06
24
25
26
27
28
29
30
   

今さら聞けない FANG

fang.jpg

「fang」ってのは、オオカミや犬などの「牙」だそうですが、株式投資の世界では別の意味を持ちます。


FANGは、SNS大手のFacebook、ネット通販大手のAmazon、動画配信のNetflix、検索大手のGoogle(今はアルファベット:Alphabet Inc.)の頭文字をとったものです。

これら具体的な銘柄というよりも、ハイテク・ネット関連銘柄をまとめて扱う時に使われているようです。

これらの企業が2015年に高パフォーマンスを記録したことから、ハイテク銘柄群の象徴として使われているようです。

以前はハイテク銘柄を代表するのはWintelとかAppleでしたが、その次の世代といったところでしょうか。


FANGも十分大きな規模に成長してきましたので、これらの業績や株価がマーケットに与える影響も大きくなっています。

特に、これら4社が上場しているNASDAQに与える影響は大きなものになっています。

6月9日には、ハイテク株が買われすぎているとの観測から、AppleやAmazonなどのハイテク株が売られてNASDAQが急落しました。

NASDAQの急落を受けて週明け6月12日の日本株も3桁を超える下落につながりました。ダウは下がっていないのに、NASDAQの下げの影響を受けてしまっています。

牙にかまれたのです。


FANGは頭文字で使われている4社に限らず、ハイテク・ネット関連銘柄を緩めに象徴する愛称と考えたほうがいいのかもしれません。

そして、日本株はダウでもNASDAQでも調子の悪い指標に連動するのかもしれません。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












株式会社ゴゴジャン NTT光回線キャンペーン×Forex Racco V2


使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告