06
   

ビットコインがこれだけ上昇して大丈夫?

キャプチャ
図1:Bitcoin価格(USドル:2010/8/18 -2017/6/14 )

ビットコインの価格が上昇しているとのことで、一般のニュースでも取り上げられるようになってきました。


いやね。気にはなっていたのです。このブログでも1度取り上げたと思っていたのですが、検索してみると取り上げていないようです。どうやらSNSでつぶやいただけだったようです。

取り上げにくかったのが、データをダウンロードできるサイトがなかなか見つからなかったからでもあります。でも、ここまで話題になったら一応確認しておきたいというのが人情です。

ということで、まじめに探してみました。ビットコインの価格履歴データがダウンロードできるサイト。

やっと見つけました。ウェブウォレット大手の、「BLOCKCHAIN」のチャートの下に「CSV」のボタンがありました。ポチってエクセルに取り込んだのが図1のチャートです。

キャプチャ
図2:BLOCKCHAIN チャートの下あたり

確かに急上昇しています。


今まで使われいた電子マネーってのは発行体があって、その管理のもと限られた用途で使われてきました。WAONやnanacoやSuicaは、イオンだったり、イトーヨーカドーだったり、JR東日本だったりが発行して、自分たちのテリトリーで使うものでした。

プリペイド式ですので、商品券の電子版といったものでした。

ところが、ビットコインには発行体が存在しません。管理主体もないのです。そのかわりに、ネットの住民みんなで管理しましょうってことです。

--みょ 発行は?

うん。発行しないのです。ビットコインは「採掘(マイニング)」されるのです。

ビットコインは「公共トランザクションログ」という仕組みで管理されています。取引はすべて記録されています(ブロックチェーン)。新しい取引があったら、それをブロックに追加しますが、そのためには膨大な計算をする必要があります。

その取引をブロックに追加できた最初の採掘者(マイナー)が報酬として新たなビットコインを受け取ります。とんでもなく速いシステムを作り上げれば、報酬としてビットコインがどんどんたまることになります。二番じゃダメなのです。


ビットコインは、大手取引所のマウントゴックスが2014年に大事をやらかして、大きく下落して終わったのかと思っていました。でも、復活して前にもまして上昇しています。

この上昇の要因として、通貨が不安定な国で通貨の代わりに使われ始めているということがあるかと思います。

通貨が不安定な国では、自国の通貨を持っていてもあてになりません。それよりも、安定しているお金が欲しいのです。USドルとか金とかでもいいのでしょうが、なかなかハンドリングが難しい。

そこで、世界的に使われている「仮想通貨」です。ビットコインなら、自国通貨があやしくなっても資産が守られるかもしれません。

自国を信じるか、公共トランザクションログを信じるかって話です。

また、旅行者にも好評のようです。世界的に使われていますので、他国の通貨に両替する必要がありません。スマホでQRコードを読み取って、支払うだけです。


日本では、2017年4月の法改正で「仮想通貨」に貨幣の機能が正式に認められました。ちょうど急上昇を始めた時期と一致します。

でも。個人的にはまだ信用できない。今年だけを見ても、2.5倍に上昇しています。とてもこのまま上昇するとは思えません。海外に行く機会に一時的に使うのならいいのですが、長期的にはとっても危険な匂いがします。

少なくとも今さら参入できる相場ではないと思っています。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告