08
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ファンレスにはやっぱりファンです

キャプチャ
図1:USBファン

今日から8月です。暑さもMAXです。


もきち♪のサブPCは暑がりです。ちょっと暑くなるとすぐに熱中症になります。動きが極端に遅くなる。

ファンレスPCですので、すぐに熱がこもるのです。そして、「CPUの最大接合温度」も低いために、暑がりなのです。

エアコンをガンガン効かせればいいのでしょうが、それでは部屋全体を冷やすことになって、もったいない。普段エアコンの設定温度は28℃~30℃としています。

CPU温度はすぐに70℃を超えますが、50℃を超えたあたりから動きがおかしくなるのです。


今まで水冷式CPUクーラー「をたくるどこもだけ1号(仮称:Water-cooled docomodake No.1)」をフル活用していました。

なかなか効果的なのですが、常に濡らしておく必要があって、気が抜けません。

そこに、たまたま昨日お嫁さんが職場で小型扇風機をもらってきました。バッテリーを内蔵していて、USBで充電できます。

キャプチャ
図2:全体像

CPUを冷却するのにぴったりのサイズです。早速使ってみました。

キャプチャ
図3:Core Temp で計測したCPU温度

しばらく使っていると、70℃前後だったCPU温度が50℃以下まで下がってきました。

--みょ 冷えてるみょ

うん。思ったよりも効果的です。空冷はあまり効果がないかと思っていましたが、十分冷えています。これなら使えます。

せっかくのファンレスPCで静かなのに、ちょっとうるさくなるのが難点ですが、暑い時だけですので、そこは我慢です。

何しろ、70℃を超えてくると。もう。壊れたかと思うほど動きません。水冷だと手間がかかります。どれを選択するのかと言われればちょっとだけうるさいほうを取ります。


冷却してあげないと、サブPCはとても使えないレベルです。いや。涼しい時はいいのです。でも、最近の夏は暴力的な暑さです。冷却なしでは乗り切れません。

今回のファンを入手するまでは、放熱用のヒートシンクかヒートパイプを貼り付ける方法を真剣に考えていました。

ファンレスPCユーザーのみんながどうやって夏を乗り切っているのか不思議に思ったりします。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告