08
   

今さら聞けない デュポン・システム 算数とは勝手が違います

キャプチャ
図1:ROEの変形

ROEを評価するための分析手法でデュポン・システムってのがあります。


ROE(自己資本利益率:Return On Equity)」は、自己資本に対してどれぐらいの利益を上げているかを評価する指標です。純利益を自己資本で割って求めます。

自己資本は株主全員の資産です。同様に純利益は株主全員の利益です。つまり、株主全員の投下資本とリターンの割合です。

債券で考えると、自己資本は購入価格で、純利益は利子、ROEは利回りと考えられます。

--みょ んでも純利益は全部配当されるわけじゃないみょ

うん。でも、配当に回さずに内部留保した利益は、自己資本に回ります。結局株主の資本を増やすことになります。複利で回すようなものなのです。


ROEは会社の成績を評価するために便利な指標ですが、ざっくりしすぎています。

自己資本と純利益しか見ていません。もしここでROEを向上させようとしたら、自己資本を減らすか、一生懸命頑張って利益を増やしましょうという精神論しか言えません。

そこで、デュポンがROEを分析するために取り入れたのが「デュポン・システム(デュポン式、デュポン・フォーミュラ、デュポン分析)」です。


少し算数のお話です。

分数では分母と分子に同じ数をかけても値は変わりません。図1はROEを変形したものです。すべて同じ式です。

--みょ 何だか複雑になっているみょ 信用できないみょ

うん。算数や数学では式が単純になるように変形しますが、財務分析では都合のいいように分解しますので、複雑になるように変形します。同じ式だというのを検証します。

キャプチャ
図2:ROEの変形2

結局。最初の「当期純利益」÷「自己資本」の分母と分子に同じ「売上高」と「総資産」をかけただけです。

でも、こうやってROEを「売上高利益率」×「資産回転率」×「財務レバレッジ」に分解することで、ROEを向上させるためのとっかかりができます。


もちろん分解したからと言ってそれだけでROEが向上するわけではありません。

でも、分解することで分析しやすくなります。ROEを伸ばすために何をすればいいのか、逆にROEが伸びた場合に何が要因なのか、ROEが伸びても副作用の心配はないのかといった評価がしやすくなります。

財務分析では日常的に指標を分解しています。その分解方式の中で名前がついて一般に使われるということはそれだけ使い勝手がいいのだと思います。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告