10
   

今さら聞けない ブラックフライデーとサイバーマンデー

キャプチャ
図1:Gooleカレンダー

アメリカでは11月に「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」と呼ばれるイベントがあります。


--みょ? ブラックマンデーってのは聞いたことがあるみょ

うん。それは1987年にニューヨーク証券取引所から世界に広がった株価大暴落です。歴史的な世界恐慌の引き金になった日です。

ブラックフライデーとサイバーマンデーはそんな物騒な話ではなくて、クリスマス商戦の始まりで、アメリカ中の小売業が確変状態に入ることです。


11月の第4木曜日は「感謝祭(Thanksgiving Day)」です。実店舗では、翌日の金曜日から感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セールが一斉に始まります。公式の祝日ではありませんが、休日にする場合が多く、多くの買い物客が店に行きます。

アメリカ人にとって感謝祭よりもクリスマスのほうが重要です。売れ残り一掃セールでクリスマスプレゼントを購入する人も出てきます。買う気満々のお客様がお店に来るのですからこのチャンスを逃す手はありません。クリスマスセールの始まりです。

ということから、すべての小売店で黒字になるということで「ブラックフライデー」と呼ばれています。


ブラックフライデーは金曜日ですから、土日は確変のままです。でも、月曜日にはウィークデーが始まります。会社や学校に行かなければいけません。

でも、確変から一気に通常には戻れません。今の世の中にはAmazonという心強い味方(敵?)があります。買いそびれたものはポチればいいのです。実店舗の確変がネット通販で時短状態が続きます。

ということで、感謝祭休暇明けの月曜日はネット通販が確変になるということで「サイバーマンデー」と呼ばれています。


アメリカでは、年間売上高の約20%がクリスマス商戦での売り上げだと言われています。感謝祭からクリスマスは約1ヶ月です。1ヶ月で年間売上高の20%を売り上げるのですから、やっぱり確変状態です。

もしもこの時期に消費が鈍るようなことがあると大ダメージです。この時期のアメリカの消費動向には注目しておく必要がありそうです。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告