02
   

相場情報使用に関するポリシー

キャプチャ
図1:閉鎖された 株価データサイト k-db.com

以前「4本値をダウンロードできるサイトの閉鎖」で今まで利用させていただいていた「株価データサイト k-db.com」が閉鎖されたことを書きました。


その時は閉鎖理由が書かれていなくて、何かしら大人の事情が働いているものだと思っていました。

今日。久しぶりにアクセスしてみたら、閉鎖理由が書かれていました。

東証と契約せずに当サイトのような形でデータを配信することは、「相場情報使用に関するポリシー」に違反するとのことで、認められないようです。

引用:株価データサイト k-db.com


ということで、東証の「相場情報使用に関するポリシー」を確認してみました。

相場情報使用に関するポリシーは株式会社東京証券取引所が2017年4月1日に公開している48ページにわたる文書です。

東証と契約せずに当サイトのような形でデータを配信することは、「相場情報使用に関するポリシー」に違反するというのは、以下の「情報提供・使用許諾契約書」の締結等が必要になる場合に該当しそうです。

3.1 「情報提供・使用許諾契約書」の締結等が必要になる場合
3.1.1 一般的事項
以下のいずれかに該当する場合、東証と「情報提供・使用許諾契約書」を締結する必要があります。
(1)東証の相場報道システムに直接接続を行う場合
(2)情報の外部配信を行う場合

引用:東証 相場情報使用に関するポリシー

つまり、東証のデータを外部に配信する場合は契約を結ぶ必要がありますってことですね。


株価データサイト k-db.comが閉鎖されると知った時には、替わりのサイトを探さなければいけないと思っていました。でも、ことはもっと根本的なものでした。相場情報使用に関するポリシーに従うと、「契約を締結しないと」情報を公開できないことになります。

つまり、替わりのサイトが存在するとしたら、ちゃんと東証と契約を締結しているサイトということになります。となると、少なくとも会員登録もせずに、無償で利用できるサイトはまず存在しないということになります。

どこか公的なサイトでデータを公開してくれればありがたいのですが、今のところ見つかりません。可能性があるとしたら東証ですが、当の東証がお布施を払わないと使えないとのことですので困ってしまいます。

少し対応を考えてみます。

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告