11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

トヨタ自動車の新型株「AA型種類株式」 損得3つのパターン

トヨタ自動車の新型株「AA型種類株式」はNISAで買えない!! で考察を重ねたけれど、結局どうなの?ってのを5年後に「AA型種類株式」を持っている株主が取る3つのパターンで損得を考えてみます。あくまでも普通株式に対する損得です。

パターン1:普通株式に転換する→損

「AA型種類株式」発行価格よりも株価が上昇している場合は普通株式に転換できます。発行価格は「発行価格等決定日の普通株式株価の120%以上で仮条件を設定し、 ブックビルディング方式と同様の方式により決定」ですので、市場価格に対して120%以上の価格となっています。それ以上に株価が上昇しているわけですから、願ってもないことです。

でも、冷静に考えるとトヨタ自動車の新型株「AA型種類株式」はNISAで買えない!! で考察したように、普通株式を買っていればもっとインカムゲインもキャピタルゲインも得られたはずです。。。。。ってことは「損」。。。

-途中で配当率が下がった場合は得になる場合もあるんじゃないの?

キャピタルゲインが20%以上減っているのに対して、「AA型種類株式」の5年間合計の配当率は7.5%ですから配当率で逆転することはありません。「損」です。

パターン2:発行価格での買取を請求する→得するかも

「AA型種類株式」の醍醐味です。買い取り保証が付いてます。発行価格よりも5年後の株価が下がっていたら買取価格で買い取ってもらえます。ありがたい。得した気分です。でも少し待ってください。最初に20%以上高く買っているわけですから、まだ得した気分になるのは早いのです。3つのパターンと言っておきながら、ここは2つのサブパターンにわかれます。

パターン2-1:発行時の株価以上で発行価格以下の場合→損

普通株式を買っておけばキャピタルゲインも得られたのに対して、「AA型種類株式」を買った人はインカムゲインだけなのですから、損していることになります。途中で無配当が続いてインカムゲインで逆転でもしない限り「損」です。

パターン2-2:発行時の株価以下の時→得するかも

普通株式を買っていると評価損が出ています。でも「AA型種類株式」を買った人はへっちゃらです。発行価格で買い取ってもらえます。売却損は出ません。ここで「AA型種類株式」のありがたみを感じられます。

でも、インカムゲインで差が出ていますので、計算してみると損しているかもしれません。ここは普通株式の今後5年間の配当金がいくら出るかにかかっています。直近の実績では年間2.4%です。5年間この配当率が続いたと仮定すると12%です。「AA型種類株式」の配当率が5年間で7.5%ですから、その差は4.5%です。

つまり、発行時の株価よりも4.5%以上下がっていた場合に、「AA型種類株式」の恩恵が得られます。「得」します。インカムゲインが得られるわけですから、「得」するのです。

銀行に預けているよりもずっといい年利1.5%の運用です。

パターン3:選択しようにもトヨタ自動車が倒産した場合→損

トヨタ自動車は立派な会社です。万が一トヨタ自動車が倒産するような事態におちいったら、そもそも日本経済はどうなっているかわかりません。でも万が一というのは起こる可能性がゼロではありません。

株価はゼロです。普通株式も「AA型種類株式」も同じです。

-じゃあ一緒?

債務超過で倒産した場合は、株式会社は有限責任ですのでそれまで得られた配当金によります。でも、もっと可能性は低くなりますが、株主資産を残して倒産した場合は、残存資産を株主で山分けです。普通株式も「AA型種類株式」も同じ株式です。「AA型種類株式」は発行価格が20%以上高いわけですから「損」です。

以上から、トヨタ自動車が倒産しないけれど、今よりも4.5%(普通株式の配当金によって変化します)以上下落した場合に「得」をする株式だと言えます。

No title

具体的な数字の提示ありがとうございます。
ここまで細かく詰めていませんでした。
親が野村證券を使っているので営業されると思われます。
このブログを紹介しますね。m(_ _)m

そう言っていただけると

そう言っていただけると励みになります。

この新型株は話題になっていますが、良く読み解かないと「何のために」購入するのかわからなくなりそうですよね。

買い取り保証が付くのを、決して否定しているわけではありません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告