06
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

祝!!平昌オリンピックで日本が史上最多のメダルラッシュ -ゼロサムゲーム?-

キャプチャ
図1:冬季オリンピック実施種目数

平昌オリンピックで日本のメダルラッシュが続いています。素晴らしい。


21日のスピードスケート女子チームパシュートで金メダルを獲得したことで、日本の獲得メダル数は1998年長野大会を超えて11個となりました。

--みょ 史上最多だみょ

うん。すごいことです。何しろオリンピックでメダルを取るということは、世界でトップ3だけなのです。それが過去最多です。素晴らしい。


ところで、日本代表がメダルを取ると、他の国がとるメダルが減ります。つまり、日本が過去最多のメダルを取ると、他の国のメダルが減っているということになるような気がします。

--みょ メダルの数が決まっているから当然だみょ

う~ん。そうでしょうか。もちろん、平昌オリンピックのメダル数は決まっていそうです。でも、冬季オリンピックで過去最多というには、過去の冬季オリンピックの総メダル数(実施種目数)を調べないといけないような気がするのです。種目数が倍になったら総メダル数も倍になって、過去の倍メダルを取ることになります。

つまり、極論すると、すべての参加国が過去最高のメダル数というのもありそうです。日本がメダルを取っても他の国のメダルが減るわけではないかもしれません。


ということで調べてみたのが図1です。種目数はどんどん増えています。過去最高だった長野オリンピックと今回の平昌オリンピックを赤くしてあります。

--みょ 種目がいっぱい増えてるみょ

うん。ちなみに長野大会が68種目、今回の平昌大会が102種目です。

もちろん、メダルを取るということはその種目で世界トップ3に入るということで素晴らしいことは疑いの余地がありません。


ただ、史上最多だというのは何だか嫌な予感がします。

そこで、種目数を3倍して総メダル数として、日本が獲得したメダル数の割合を算出しました。

キャプチャ
図2:冬季オリンピック日本のメダル割合

同じように長野大会と今回の平昌大会を赤くしてあります。

--みょ 長野のほうが多いみょ

うん。嫌な予感が的中しました。長野どころか、その2大会前の1992年アルベールビル大会のほうが獲得率が高くなっています。


つまり、メダル増減数はゼロサムではなくて、日本のメダルが増えたから直ちに他の国のメダル獲得数が減っているわけではないのです。

--みゅぅ ロシア。。。

うん。大人の事情でロシアのメダルは減っていますが、だから日本のメダルが増えているわけではないのです。全体に増えることが可能なのです。全体のパイが増えています。

ところで、株式投資は儲かる人がいれば損をする人がいるとのことで、ゼロサムゲームだという人がいます。本当にそうでしょうか?

株式投資の場合には、配当金や株主優待もあって、しかも全体な株価上下があります。投資家全員の資産を合計したら、増えたり減ったりしながら、株価が動かなければ配当や優待の分全員が儲かっているということがありそうです。

--みゅぅ 超短期なら?

そんな限定が多いゼロサムゲームだと言われても、もはやどうでもよくなります。というようなことを考えてしまうのでした。

今日のひとこと

オリンピックでメダルを取るというのはそれだけですごいことです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース












使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告