07
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

楽天RSSを使ってみる 実践編 その2

キャプチャ
図1:アドインの確認

その1で楽天RSSのアドインをMicrosoft Excelに登録しました。アドインはエクセルに登録しますので、すべてのシートで楽天RSSが利用可能になっています。


早速楽天RSSをセルに組み込んでいきます。

楽天RSSはマーケットスピードからデータを取得しますので、まずマーケットスピードを起動してログインします。

その後、RSSも起動しておきます。

青いアイコンがマーケットスピードで、赤いアイコンが楽天RSSです。楽天RSSを起動すると、タスクバーにアイコンが表示されます。

キャプチャ
図2:マーケットスピードと楽天RSSの起動


エクセルで新しいシートを開きます。

数式を入力したいセルを選択して「アドイン」タブの「RealtimeSpreadSheet」右の赤いアイコンをクリックするか、右クリックして「RSS数式登録画面」を選択します。(図1参照)

「C3」セルに数式を入力するということで確認していきます。

「Realtime Spread Sheet数式登録」ウィンドウが開きます。「銘柄コード」欄に銘柄コードを入力するか、不明な場合には右側の「H」ボタンを押して「Realtime Spread Sheet-銘柄選択」ウィンドウで検索して「OK」ボタンをクリックします。

トヨタ自動車<7203>を例に進めます。

キャプチャ
図3:Realtime Spread Sheet銘柄選択


次に情報項目を選択します。1項目だけならクリックで、複数項目を選択するには、「Ctrl」キーを押しながら複数項目を選択します。ここではリンクされるデータを確認したいので、すべてのデータを選択します。

一番上の「銘柄コード」を選択して、右のスライドバーを一番下まで持っていって、最終行の「上場来高値日付」を「Shift」キーを押したままクリックして、すべての行を選択して「登録」をクリックします。

キャプチャ
図4:情報項目の選択


楽天RSSの数式が入力できましたので、その3でエクセルのお化粧を進めます。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2
エクセルでチャートを描いてみよう

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事








使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告