11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ギリシャのデフォルトから何が起こる?

ギリシャ問題を受けて日経平均は一時600円を超える下落となっています。

この週末にデフォルトが避けられないだろうという状況になって、とどめがギリシャ政府から流れた「資本規制と銀行窓口業務停止」のニュースだと思います。

2015年 06月 28日 21:27 JST

ギリシャのバルファキス財務相は、ギリシャ政府が28日、あす29日からの資本規制導入と銀行の窓口業務停止を検討する予定だと述べた。

出典:ロイター ギリシャ政府、29日からの資本規制と銀行窓口業務停止を検討=財務相

その後正式な声明があったとのニュースが流れています。

2015年 06月 29日 09:26 JST

ギリシャが求めていた金融支援の延長をユーロ圏の財務相が拒否したことを受け、ギリシャのチプラス首相は28日、国内銀行の休業と資本規制導入を発表した。首相は、欧州諸国と欧州中央銀行(ECB)が、ギリシャが意に反する行動をせざるを得ない状況に追い込んだと非難した上で、国民投票を予定通り7月5日に実施すると表明した。

出典:ロイター ギリシャが銀行休業・資本規制導入、ECBは流動性供給継続

ギリシャがデフォルトして、今後混乱を経てユーロやEUを離脱(Grexit)したとして、どれだけの影響があるのかが問題となってきます。

そもそもギリシャの経済規模はユーロ圏全体の2%以下です。2014年の名目GDPを見ると、ギリシャが2,380億US$でユーロ圏全体13兆4369億US$に対して1.8%となっています。

-2%だったらほとんど影響ないみょ?

そうとも言い切れません。ギリシャのデフォルト後の影響についていくつか懸念されているのです。

1.他の国への波及

ギリシャのユーロ圏・EU離脱(Grexit)に追従しそうな動きとして、イギリスのEU離脱(Brexit)が懸念されています。そしてフランスの次期大統領候補者がフランスのユーロ圏・EU離脱(Frexit)を主張しているようです。

2015/06/25 06:48 JST

2017年のフランス大統領選挙の有力候補であるマリーヌ・ルペン氏は、ギリシャのユーロ圏離脱(Grexit)は不可避だと考えている。そして、自分が決めてよいものならフランスもあまり後れを取ることなく、ギリシャに続くと言う。

出典:ブルームバーグ 「マダムFrexit」の世界観-フランスもギリシャ後に離脱

もちろん、まだ大統領候補者の発言ですが、2012年の大統領選挙第一回投票では3位に入っていた有力候補です。そして、Grexit、Brexitと話題になっているときにFrexitを主張して選挙戦を戦うと、選挙の争点をユーロに留まるか離脱するかにすり替えることも可能で、有利な選挙戦を戦って当選する可能性も高くなります。

ギリシャ、イギリス、フランスと離脱が続いたりすると、残っている国へ与える影響を考えたら、それはもう、大変なことになりそうです。

2.迫りくるロシアと中国の影

ギリシャはネームバリューは高くても、経済規模は日本の約20分の1です。場所も地中海に張り出していて良い立地です。つまり、お買い得です。ヨーロッパに触手を伸ばしている国としては魅力的に見えそうです。もちろん自分の国も大変な時ですが、何しろ経済規模が日本の20分の1ですから、何とかしたくなるかもしれません。

2010/06/25 12:37 JST

6月25日ギリシャは、エーゲ海に浮かぶミコノス島の一部の土地を高級リゾート開発向けに売却することで資金調達を図っている。英紙ガーディアンが報じた。
同紙オンライン版が24日伝えたところによると、ミコノス島は土地が売り出されている島の1つにすぎず、買い手候補は主としてロシア人と中国人だという。

出典:ブルームバーグ ギリシャが島の土地を売り出し、ロシア人らが関心-英紙ガーディアン

3.他の国がパイプラインを引いてしまう

2とも関連しますが、ヨーロッパへの輸送路として取り込みたい国がいるようです。この隙にパイプラインを引いてしまえば単に土地を買うよりも有利です。

2015.06.20 Sat posted at 17:05 JST

ギリシャ、ロシア両国は19日、ロシアの天然ガスをギリシャ経由で欧州諸国へ輸出する新たなパイプラインの建設計画で合意した。ロシアの国営メディアが伝えた。
建設費は約20億ユーロ(約2780億円)で、2019年までに完工の予定。工費はロシアが支払うが、ギリシャは負担分を後年返済する。建設に伴い、ギリシャは割安価格でガスを確保出来る他、パイプラインの通過料も手にする。

出典:CNN.co.jp ギリシャとロシア、新たなパイプライン建設計画で合意

ギリシャがデフォルトしてユーロ圏・EUを離脱したとしても、事はそれだけでは終わらないというのがマーケットの見方のようです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告