11
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

バフェット指標推移のグラフを作る その2

キャプチャ


バフェット指標推移のグラフを作る その1で作ったグラフでは縦軸のスケールが大きすぎて目的となるバフェット指標の動きがわかりません。そんな場合には、実際の数値を補正して相対的な動きを見ることもできますが、2つまでは軸のスケールを設定することができます。ここではバフェット指標だけ第2軸とします。

バフェット指標のグラフ部分で右クリックして「データ系列の書式設定」を選択すると「データ系列の書式設定」画面が表示されます。「グラフ」アイコンの「系列オプション」に「使用する軸」に「第2軸」がありますので、チェックします。

キャプチャ

第2軸が設定されました。

キャプチャ

でも、1軸は0から700,000で2軸が0%から160%となっていますので、目盛り線が合いません。100%の目盛り線が入らないのです。これが、1軸が0から800,000で100,000毎に目盛り線が入ればちょうど100%の目盛り線も入ります。

1軸の目盛り設定を修正します。1軸の目盛りで右クリックします。「軸の書式設定」の「軸のオプション」「最大値」を800000に変更します。

キャプチャ

100%の目盛り線が入りました。でも1軸の目盛りは10億円単位でパッと見た時にわかりにくいし、数値は最小でも70兆円を超えています。見やすいように兆円単位に揃えます。「軸の書式設定」のメニューの下部に「表示単位」のプルダウンメニューがありますので「千」を選択します。

キャプチャ

自分で確認するだけならこれで十分です。補足で他人にも解りやすく、もう少し見栄えが良い「よそ行きのグラフ」に仕上げていきます。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告