09
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今度はまたギリシャ

上海総合指数の下落からニュースは中国一色に染まっているようですが、まだまだギリシャの債務問題はこれからです。

[アテネ/フランクフルト 9日 ロイター] - ギリシャ政府は9日、新たな金融支援を受ける条件となる財政改革案を債権団に提出した。ギリシャ議会は10日に改革案を採決する。

出典:ロイター ギリシャ政府が改革案提出、EU側は内容精査へ

上記記事には「欧州連合(EU)は12日首脳会議を合意の最終期限としている。」とも書かれています。「最終期限」というのは何度も聞いたような気もしますが、一応穏やかな言葉ではありません。

償還スケジュールを見ると7月10日に20億ユーロの短期国債償還期限が迫っています。また、7月13日に4.7億ユーロのIMFへの返済期限もあります。

もちろんIMFは「延滞国」扱いですから、いまさら16億ユーロが20億ユーロに増えてもいいのかもしれません。でも最初から支払いを考えていないというのはあまりにもIMFが不憫です。

そしてその後の7月14日には0.9億ユーロのサムライ債が満期を迎えます。サムライ債ですので、円建てで日本のサムライが買っているのです。16日にはECB理事会が予定されています。

今ギリシャ債務問題で話題になっているのは7月20日に迫っている35億ユーロのECBに対する国債償還期限だと思います。でも、これからほぼ毎日何らかのイベントが予定されています。中国も気になるところですが、まだまだギリシャの話題から目を離せません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告