11
24
25
26
27
28
29
30
   

名証 IR EXPO その3 特別講演

IREXPO2015.jpg

ということで、引き続き「名証 IR EXPOシリーズ」です。
特別講演のメモ書きを清書しましたので、簡単に内容をまとめます。

講師は、資産を7年間で約2000倍に増やしたことで有名な五月さん(片山晃さん)です。

今までこういった場所での話は断ってきたとのお話でしたが、非常にわかりやすく具体的で、有益なお話でした。とても話慣れていないとは思えませんでした。

導入部では、投資の方法は人それぞれでいろいろなやり方で利益を上げられるのが投資で、投資手法に絶対はないというお話です。

五月さんは、「企業を研究して」「投資判断をして」「実践して」「結果を得ると」いうプロセス自体が好きで、投資自体が好きだとの話でした。投資は「目的」なのか、利益を上げるための「手段」なのかと問われると、五月さんは投資自体が「目的」だったとのことです。

その人にとっての「最適な投資手法」は、投資を始める前からある程度決まっているものではないか。
その人の性格や過ごしてきた環境である程度決まっているから、自分がどういった投資手法に向いているのか見極めて、居心地のいいやり方で勝っていくのがベストだとのことです。

「自分の失敗が最高の教科書」「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」です。投資手法が人それぞれなのですから、巷にあふれている投資本よりも自分の失敗のほうがよほど参考になります。

人は好きなことで生活するのが理想だけど、実際に好きなことを仕事として生活できる人は一握りです。例えば、音楽が好きでミュージシャンになりたいと思っても、演奏だけで食える人は一握りです。野球やサッカーも同じです。超一流じゃないと職業にできない。

でも、「株が好きなのは最大の才能」です。株式投資なら超一流になればとんでもないお金が得られますし、一流でなくても頑張れば生活できる。「マネタライズしやすい」との言葉を使われていました。

以上が導入部です。中身はその4に続きます。

※敏腕トレーダーさんは何かとネットで批判を浴びることが多いのですが、それによってこのような話を聞く機会が減るとしたら、もったいない話だと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告