11
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

OneNoteでオプション取引の勉強 その後

キャプチャ

OneNoteを利用してオプション取引を勉強しています」でオプションの勉強過程をOneNoteで記録しています。

オプション取引のわかりにくさは、「組み合わせ」にあるように思います。オプション取引の特徴は、単体での投資だけでなく、いくつかのポジションを組み合わせることにより、自分なりのオプションを組んで、値動きに対する損益を設計できることにあると思います。

そして、組み合わせる要素として、コールのロングとショート(買う権利の買いと売り)、プットのロングとショート(売る権利の買いと売り)の4つがあります。さらに、基準値が定価格ごとに並んでいて、限月が週と月で設定されているのです。

これを頭の中だけで理解しようとすると、「売る権利の買いと、買う権利の買いと」とかを組み合わせて値動きに対する損益を考えて、さらに日経平均(原資産)の今の値段(ATM)と含み損を抱える価格(OTM)でのポジションの組み合わせとなると、もうだめです。頭から煙が出そうです。

もうエクセルとかの表計算ソフトを使うしかありません。そして、いつもここでテキストファイルと表計算ファイルの2つに分かれて、後でわからなくなってしまうのです。

でも今はOneNoteです。テキストファイルもエクセルファイルも画像もリンクも何でも来いなのです。

ということで配置してみたのが上の画像です。作った本人にしかわからないかもしれませんが、この画像だけで、オプションについて知っていることが、全て思い出せます。便利です。

もう少し理解が進んだら、一度オプション取引基礎の基礎をまとめようかと思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告