11
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

値動きと損益 ~変動率レバレッジのマジック

マーケットでは世界的に激しい値動きが続いています。そこで問題です。

ある日50%上昇して、次の日50%下落しました。損益はどうなっているでしょう。
ただし、値幅制限にはかからないものとします。


--50%上がって50%下がったのだから一緒だみょ

計算してみます。100万円の資産で考えます。50%上昇すると、資産は150%になります。
100万円×150%=150万円となります。

そこから50%下落すると、資産は50%になります。
150万円×50%=75万円となります。

--むにゅぅ。25万円(25%)も損しちゃったみょ

変動率と変動額とでは変わってきます。

これは原資産の動きと同じですので、まだわかりやすいのです。

ここで、変動率に2倍のレバレッジがかかっている場合を見ていきます。

先ほどの例では、50%上昇して、そこから50%下落しました。原資産は75%に減少しています。つまり、25%の損失です。変動率に2倍のレバレッジがかかっていたらどうなるのでしょう。ダブルブルとかです。

--大変だみょ 50%も損するみょ

計算してみます。レバレッジは、日々の変動に対して効いてきます。

50%の上昇に対して、2倍になりますから100%上昇します。資産は200%です。
100万円×200%=200万円 倍になりました。

次の日50%下落しました。ここでも2倍ですから、100%下落します。嫌な予感がしますが、計算します。
200万円×(100%-100%)=0万円

--ふぎゃー。なくなっちゃったみょ

「相場では必ず裏目に出る」の法則によると、この後上昇したりするのです。

一時的なマイナスが出ると、原資産が元の価格に戻っても、評価額は元の価格に戻りません。

もちろんレバレッジがかかっている恩恵を受けるときもあります。単純に上昇するときの短期的な伸び率はすさまじくなります。

これが、信用取引や先物・オプションのように原資産にレバレッジがかかっている場合は、一時的に損失が出ても、原資産が元の価格に戻れば、評価額も元の価格に戻ります。でも、変動率にレバレッジがかかっていると一時的にマイナスが出ると、なかなか取り戻せません。

どれぐらい大変かというと、得意の表計算が出てこないことで察してください。

相場にはいたるところに罠が仕掛けてあります。なかなかかいくぐって生き残るのは大変ですが、何とか生き残っていきたいものです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告