07
25
26
27
28
29
30
31
   

オプション取引基礎の基礎 その10 取引手数料

キャプチャ
出典:SBI証券  先物・オプション取引手数料

オプション取引基礎の基礎」シリーズの続きです。今まで取引手数料は避けてきましたが、表計算を利用するのなら避けて通れません。

もきち♪が口座を持っている、SBI証券 を例に進めます。

ポイントは3つです

◆売買代金の0.2%(税込み0.216%)
◆最低手数料200円(税込み216円)
◆反対売買、SQ決済時にも必要(権利放棄・消滅を除く)

売買代金の0.2%で最低手数料が200円ですから、売買代金が10万円(×0.2%=200円)までの取引手数料は一律200円となります。売買単位が1,000ですから、価格が100円以上のオプションはすべて売買代金の0.2%が取引手数料となります。

反対売買にも同様の取引手数料が必要です。そして、SQ決済時にも必要なのです。権利放棄だと必要ありません。

ここで、疑問が生まれます。SQ決済で、取引手数料以下の利益が出た場合、ロングポジションでも取引手数料を追徴されるのではないかということです。

取引単位が1,000で、SQ値は0.01円単位ですから可能性はあります。その場合は利益が200円以下で、取引手数料は消費税込みで216円ですから大人は気にならないのかもしれません。でも、もきち♪は何だか気になります。

ということで、SBI証券 に問い合わせてみます。

どなたかわかりましたら、優しく教えていただけると幸いです。

きっとその11までには判明していると思います。



2015.09.01:追記

敏腕トレーダーさんから、カブドットコム証券では「確か選択できるはず」と教えていただきました。

また、SBI証券から回答メールをいただきました。「SQ決済時の決済代金が最低手数料に満たない場合には、決済代金の全額を手数料(税込)として徴収いたします。しかしながら、追徴はいたしません。」とのことでした。

一安心です。


Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告