07
24
25
26
27
28
29
30
31
   

忘れちゃいけない原油安

キャプチャ

昨日の「岡崎・鈴木のマーケットアナライズ」ネタの続きです。

今回の世界同時株安は中国発だと言われていますが、忘れていけないのが、原油安です。特にカナダは、2四半期連続で指標が悪く、景気後退期に入ったと言われ始めているそうです。

カナダとアメリカってお隣さんで、今までも同じような景気動向を示しているようですが、この2四半期カナダの景気が悪くなっています。カナダの景気後退が、アメリカに影響を与えないかが心配です。

上のチャートは、7203 トヨタ自動車とWTI原油先物のこの6か月間の相対チャートです。もちろん全く同じ動きとは言えません。でも、WTI原油先物の縦軸スケールを50%ぐらいに縮めればもっと似てきそうです。

本来。原油が安くなれば自動車の販売が増えるのではないかと思ってしまいます。でも、原油が安くなって来たら、高いお金を出してハイブリッド車や電気自動車や水素自動車を購入するまでもありません。ガソリン車でいいのです。

石油の埋蔵量は有限です。このまま掘り続けると、30年~40年で掘りつくすといわれています。大変です。昔から言われてきました。少なくとも1970年代から。「このまま掘り続けると世界の石油は30年~40年で枯渇する」って言われ続けてきました。

--ん?40年前から40年で無くなるって言われてたらもう無くなっているはずだみょ

そうなのです。ずっと昔から「30年~40年」なのです。これは、あくまでも「可採埋蔵量」だと言われています。要するに掘って利益が出るのは「30年~40年」で、それ以外は採掘コストがかかって採算が合わないと言うのです。物事がわかっている大人は。

でも、毎年新たに油田が見つかるし、アメリカはシェールオイルにシェールガスだし、日本はメタンハイドレートなのです。

以前このブログで「原油価格」として書いたように、WTI原油価格が、1バレル$80を超えると、世界の多くの油田で利益が出るようです。

となると、少なくともどんどん原油価格が上昇することはなさそうです。そう考えると、ガソリン車でも良さそうです。

--んでも。ガソリン燃やして二酸化炭素を出すのはよくないみょ

ハイブリッド車や、電気自動車や、水素自動車を作るのにもエネルギーが必要です。そして、そのエネルギーを得るために、多くの二酸化炭素を排出しています。

これらをガソリン車を作るために必要なエネルギーと比較してみることが必要です。

--どうやって調べたらいいのかわからないみょ

ちゃんと調べるのは難しいですね。ここで、車両価格の構成を考えてみます。車は多くの部品を組み立ててできています。その部品は、金属だったり、プラスチックだったり、ゴムだったりします。よく考えると、みんな自然の産物です。掘りだしたりして、精製して、加工して、仕上げて、組み立てて。つまり、もとは自然にあるものを、人や機械が形にしたものです。その機械も同様に人や機械が形にした物です。どうやら価格の中身を分析していくと、人件費とエネルギー費用に落ち着きそうです。

今はどうなっているかわかりませんが、昔、太陽光パネルを生産するために必要な電力量を、太陽光パネルの耐用年数では発電できないと言われていました。つまり、太陽光発電が増えれば増えるほど二酸化炭素排出量が増加するとのことでした。

この話は、「補助金や助成金がなければ太陽光発電は元が取れない」ことが証明していると思います。ハイブリッド車や電気自動車、水素自動車も同じだと思います。「お金がないから電気自動車や水素自動車で我慢する」ことにならないと、メリットがないと思っています。

このまま原油安が続くと、トレンドとなる先端技術も変化してくるのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告