10
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Windows10アップグレード後のリストア

キャプチャ

ということで、もきち♪はWindows10ユーザーです。そして、Windows10にアップグレードしてから、3回リストアをかけています。仕事柄いろいろな設定を試したり、怪しいようなアプリをインストールしたりで、なんだか動きが怪しくなると、すぐにリストアするのです。

そして、せっかくリストアするのならと思って3回とも方法を変えてみました。

もきち♪のメインPCは東芝dynabook B753/55JRです。プレインストールOSはWindows8 64bit です。無印のWindows8です。

Windows10にアップグレードする前は、リストアするにはWindows8でリストアして、必要なアップデートをあてて、Windows8.1にアップグレードして、必要なアップデートを全てあててWindows8.1updateとしていました。

OSを最新版にするのに一晩かかっていました。

そしてWindows10アップグレードです。Windows10アップグレードはWindows7またはWindows8.1updateの最新アップデート版を適用したPCが対象でした。ということは、また余分に時間がかかると思っていました。そして、一度目のリストアでは真面目に手順を踏んでいました。

でも、途中でふと思ったのです。手元には「windows10アップグレード用ディスクを作成する」で作成したアップグレード用DVDがあります。マイクロソフトのサイトには「オンラインでアップグレードできない時に使ってね」って書いてあります。これを今実行したらどうなるのだろうと。

実行してみました。思惑通りです。Windows8.1に上げた直後にもかかわらず、正常にWindows10へアップグレードすることができました。

二度目は、Windows10のままリストアしてみました。Windows10の「設定」から「更新とセキュリティ」を選択します。

キャプチャ

「更新とセキュリティ」画面の左メニューから「回復」を選択して「このPCを初期状態に戻す」の「開始する」をクリックします。

キャプチャ

「オプションを選んでください」から「出荷時の設定に戻す」を選択します。

キャプチャ

説明を見るとプレインストールOSに戻すように読めますが、メニューに従って進んでいくと、Windows8には戻せませんってWindows10のクリーンインストールとなります。

リストア作業は1~2時間で終了します。素のWindows10がインストールされます。久しぶりに見る素のWindowsです。問題は、プレインストールソフトもすべて消えてなくなること。東芝のレグザレコーダーを扱うソフトも、DVDのライティングソフトも、Microaoft Office 2013もきれいさっぱりなくなります。

これはちと困る。そこで三回目です。過去2回で学習しました。もともとのリカバリディスクを使って、一度出荷時のWindows8にして、すぐさまWindows10のアップグレードディスクからWindows10にしました。成功です。

これははっきり言って楽です。なんといってもOSのアップデートがほとんど必要ありません。手間なのは余計なアプリをアンインストールすることだけ。Windows10アップグレード用DVDがこんな使い方ができるとは思っていませんでした。

まだ作っていないあなた。ぜひ「windows10アップグレード用ディスクを作成する」を参考に作成することをお勧めします。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告