11
24
25
26
27
28
29
30
   

画面キャプチャ

キャプチャ

パソコンの画面を保存したいときがあります。ブログを書いていると必須の作業だったりします。Windows Vistaから「Snipping Tool」が標準で付いています。

Windowsアクセサリに最初から入っています。新しくセッティングしたり、リカバリしたときは真っ先にタスクバーに追加します。

これは便利です。立ち上げるとこんな感じです。

キャプチャ

よく使うのが「四角形の領域切り取り」と「ウィンドウの領域切り取り」です。「四角形の領域切り取り」は切り取り領域の対角をドラッグして長方形で切り取ります。「ウィンドウの領域切り取り」は特定のウィンドウ全体を切り取ります。

便利なのですが、例えば上の画像を撮ろうと思った場合には撮れません。他にもメニューを表示した状態とか苦手な画像があります。また、画像に簡単な図形や文字を書き入れたいときに、フリーハンドの手書きとなってしまいます。

そんな時にはやっぱり基本に戻って「プリントスクリーン(PrtScnキー)」と「ペイント」が便利です。キーボードにはずっと昔から「プリントスクリーンキー」が付いています。機種によって「Fn」キーとの併用になっていたりします。そっと押してみます。押したら、「すべてのプログラム」などから「Windowsアクセサリ」の「ペイント」を起動します。ペイント画面が表示されたら「Ctrl」キーを押しながら「V」キーを押してみましょう。ほら。キャプチャが撮れました。

「ペイント」では簡単な図形や文字を追加することもできます。

キャプチャ

画像をブログやSNSなどで公表する場合は、部分的に隠したりモザイクをかけたくなる時があります。そんな時にも「ペイント」が便利なのです。

キャプチャ

部分的にマスクするときは、無地の適当な部分をコピーして重ねるだけです。モザイクをかけたいときは範囲を選択して、「サイズ変更」で一度小さくして元に戻します。緩めのモザイクは「50」で小さくして「200」で元に戻します。もっと強くモザイクをかけたいときは「20」と「500」、さらに強くしたいときは「10」と(いきなり「1000」は入力できないので)「500」と「200」とかです。

きれいな「ぼかし」というわけにはいきませんが、Windows標準のアクセサリでお手軽に使えます。Windows10に標準で付属しているツールはもっと高機能ですが、高機能すぎてややこしそうですので、まだお手軽に使えるほど使い込んでいません。

これでまたMicrosoftに見捨てられて、機能を削られたりすると困るわけですが、できるだけ余分なソフトをインストールせずに済ませたいと思っています。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告