08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

アメリカ年内利上げ? まだまだ期待を持たせます

キャプチャ出典:SBI証券 ドル円チャート

6日日本時間22:30にアメリカの雇用統計が発表されました。

毎回アメリカの雇用統計はマーケット関係者が注目していますが、今回は特に注目されていました。というのも、アメリカの金利引き上げ時期が気になるのです。

アメリカ年内利上げ?」で確認したように、イエレンおばさまは年内に利上げすると言っています。今年中の残されたタイミングとしては、12月15-16日のFOMCとなりそうです。

前回の雇用統計がそこそこ良かったのに、イエレンおばさまが世界経済を気にして利上げしなかったのを受けて、市場参加者は年内利上げの可能性は50%程度に見ていたようです。

年内の雇用統計の発表は、今回と12月4日の2回です。みんな気になるのです。

気になる今回の内容は、非農業部門雇用者数の市場予想が18万人増に対して、27万1000人増と大幅に上回りました。このままだと、年内利上げが現実味を帯びてきます。市場参加者の意識調査で、年内利上げの可能性が50%だったのが70%に増加したともいわれています。

そして一番反応したのがドル円相場でした。発表直後にドル高円安に振れて、1円20銭の円安で落ち着いたようです。

利上げがあると、その国の通貨は高くなります。金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買って、金利差で儲けるキャリートレードってやつです。

それにしても1円20銭です。これがFX取引でレバレッジをかけて逆のポジションを持っていたら。。。

日本株にとっては、アメリカの景気が良くて、円安に振れれば特に輸出企業にはプラスに働きます。

ちなみにNY市場はダウを見ると、一度大きく下げましたが、引けにかけて値を戻して結局はプラスで引けました。ダウは織り込み済みだったのかもしれません。

日経平均先物はドル円と同様に発表直後から大きく上がって、大証の夜間取引では日経平均終値に対して164円のプラスと3桁の上昇です。

ということで、12月4日の雇用統計は注目ですね。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告