10
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今さら聞けない 既定のアプリ -拡張子とアプリケーションの関連付け-

キャプチャ

今さら聞けない 拡張子」で「拡張子」についておさらいしました。

「拡張子」によってはアプリケーションと関連付けられて、ファイルアイコンがアプリに対応したものになっています。同じアプリケーションでも、ファイルによってちょっと違っていたりします。上の画像だとMicrosoft Excelに関係付けられたアイコンが3種類あります。

--びっくりマークがついているのもあるみょ

そうですね。びっくりマークがついているのも入れると4種類です。「拡張子」を見ると、それぞれ異なっていることがわかります。

ちょっと違うアイコンですが、どれもダブルクリックするとMicrosoft Excelが立ち上がります。びっくりマークがついているのも普通に立ち上がります。

これらを、別のアプリケーションで立ち上げたいときにはどうしましょう。

別のアプリで開きたいファイルのアイコンで右クリックします。表示されたメニューから「プログラムから開く」を選択して「別のプログラムを選択」をクリックします。

キャプチャ

「このファイルを開く方法を選んでください」ウィンドウで目的のアプリをクリックします。ここでは「OpenOffice calc」を選択してみます。ここで「常にこのアプリを使って .xls ファイルを開く」にチェックを入れると関連付けの変更も可能です。

キャプチャ

「OK」ボタンをクリックすると「Microsoft Excel」に関連付けられているファイルが「OpenOffice calc」で開けました。

キャプチャ

Windows10では、「設定」で関連付けを完全に変更することができます。「設定」から「システム」を選択して、「システム」のウィンドウで左メニューから「既定のアプリ」を選択します。

キャプチャ

ここで、主要な操作の「既定のアプリ」を変更することができます。でも、下までスクロールしても「表計算」はありません。一番下の「アプリによって規定値を設定する」を選択します。

キャプチャ

「既定のプログラムを設定します」の「プログラム」のリストから、目的のアプリ(ここではOpenOffice)を選択して、「→すべての。。。」をクリックします。

キャプチャ

関連付けが変更されました。ファイルのアイコンも「OpenOffice calc」に対応したアイコンに変更されています。

キャプチャ

ダブルクリックすると「OpenOffice calc」が立ち上がります。

--うにゃ 元に戻したいみょ

うん。Excelで同じ操作をするか、同様に「設定」の「システム」から「既定のアプリ」の下のほうにある「リセット」ボタンを押すとすべての関連付けが規定値に戻ります。

デフォルトでは「拡張子」を表示しなくなったビルゲイツですが、Windows10で「既定のアプリ」を変更する専用の機能を用意したというのは、ひょっとして「拡張子」を隠したことを後悔しているのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告