09
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

個人投資家に必要なPCスキル

キャプチャ

何だかこのブログのまとめのようなテーマですが、気にせず続けます。

いろいろ書いてきましたが、結局個人投資家がネット証券を通して取引していくうえで、必要なPCスキルって限られてくると思います。3つに絞れると思うのです。

1.証券会社のトレードツールを安定して使える基本スキル

つまり、ザラバ中はいつでもトレードツールが使えるように準備できるスキルです。ここで「いつでも」ってのを実現するのが大変そうですが、サブPCを用意して、ネットワーク手段を2系統持つことで十分だと思います。

パソコンを購入して、セットアップして、証券会社のトレードツールをインストールする。トラブル対応が少し厄介ですが、心配ならサブPCを複数台準備すれば、最悪でもどれかが使える環境は準備できそうです。

パソコンの調子が悪かったらサブPCを使いながら対応する。動きが怪しくなったらリストアする。というスキルですね。

最低限自力でリストアしてセットアップできれば、トラブルだって怖くありません。

調べものをするためにもパソコンは必要です。もちろんパソコン以外でも情報は得られますが、決算短信だのIR情報だのはやっぱりパソコンが便利です。

2.エクセルなどの表計算ソフト

アプリケーションとしては、エクセルなどの表計算ソフトはぜひ慣れておきたいものです。表計算ソフトはビジネス用途でも重宝しますので、覚えておいて決して損はしません。と思います。家計簿だって作れます。

最初から計算式を駆使する必要はありません。最初は例えば決算短信をコピペするとか、証券会社のWebサイトから自分の取引履歴のcsvファイルをダウンロードしてまとめるとかでいいのです。それだけでも全然違います。と思います。

そのうち、「この値とこの値を足して」とか「この列の合計を」とか思ってきます。そして気が付けばいつの間にかエクセル(などの表計算ソフト)使いです。

3.必要な資料をひとまとめにできる(OneNoteなどの)アプリケーション

例えばエクセルで決算短信をコピペしたとして、元の開示情報ファイル(PDFなど)とバラバラにしていたのでは、見直した時にはバラバラにしか見ません。もう。これは請け合いです。

PowerPointなどのプレゼンテーションソフトでもまとめられますが、OneNoteはおすすめです。ページの概念がありません。好きなところに好きなものをぺたぺた貼り付けられます。エクセルファイルもPDFファイルもWebサイトもちょっとした文もスケッチだって自由自在です。はっきり言って、OneNoteは驚きでした。なめてました。とてもビルゲイツの発想とは思えません。

フォルダなどで管理することも可能ですが、OneNoteを使ってしまったらとても戻れません。Microsoft Officeを使っていない人でも無料で、いろいろなOSで使うことができます。

ということで、個人投資家としては、PCスキルとして、基本スキルと、表計算ソフトと、まとめる手段を持っていれば良いと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告