07
24
25
26
27
28
29
30
31
   

相場の極致は手仕舞いにあり

相場は仕掛けるときよりも手仕舞うときのほうが数倍難しいと言われています。

初心者と敏腕トレーダーさんが同じ時期に同じ銘柄に仕掛けたとしても結果が大きく違う場合が多いのです。

別に初心者が買いで入って敏腕トレーダーさんが売りで入ったとかじゃなくて捌きが違うのです。

仕掛けるときはまだ損益は発生していません。
手数料だけです。

仕掛けるときには「利益が出る」と思って仕掛けています。

ところが手仕舞うときには損益が確定する。

相場には絶対はありません。
でも一つだけ確実な真理が存在します。
それは「買えば下がり、売れば上がる」ことです。

手仕舞いも同じです。
手仕舞えば「もっと我慢すれば良かった」だし、我慢すれば「あの時手仕舞えば良かった」なのです。

手仕舞いには「利食い」と「損切り」と「同値撤退」とがあります。

「投資家は損切りを覚えて一人前」とも言います。
つまりそれだけ損切りは難しいということです。

利食いも一緒だと思います。難しい。。。

でも初心者は、まずちゃんと利食えるようになってから損切りを覚えても良いのかと思います。

もきち♪は。ほら。ひよこ投資家ですからまだ損切りはできません。




Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告