11
24
25
26
27
28
29
30
   

株式投資と確定申告 その5

キャプチャ
出典:国税庁 確定申告書等作成コーナー

株式投資と確定申告」シリーズの続きです。

その4」までで、「確定申告書等作成コーナー」で「書面提出」のパソコン環境の確認まで済みました。

ここからは実際に作成に入ります。個人事業主や、贈与税の申告がある場合は先に済ませます。これらの計算は「所得税」の申告書に自動で反映されます。


「所得税コーナーへ」ボタンをクリックします。最初に所得が「給与・年金」だけか、それ以外の所得があるかを選択します。

株式投資は「給与・年金」以外ですので、「左記以外の所得のある方(全ての所得対応)」の作成開始ボタンをクリックします。

ここで、例えば給与所得者で、株式投資はすべて「特定口座(源泉徴収あり)」で運用していて、確定申告が免除されていても、医療費控除やふるさと納税(寄付金控除)などで確定申告する場合は記載することが必要です。

つまり、わざわざ確定申告する必要はないけど、確定申告する場合はちゃんと申告してねってことです。ということで、やっぱり「左記以外の所得のある方(全ての所得対応)」なのです。

キャプチャ
出典:国税庁 確定申告書等作成コーナー

提出方法を再選択したり、青色申告を訪ねるページが表示されます。ここでは生年月日だけ忘れずに入力して「入力終了(次へ)」ボタンをクリックします。

キャプチャ
出典:国税庁 確定申告書等作成コーナー

「収入金額・所得金額入力」ページが表示されます。ここからは、入力データが保存できます。保存したデータは読み込んで続きから入力することが可能です。

ここで、「総合課税」と「分離課税」が出てきます。

キャプチャ
出典:国税庁 確定申告書等作成コーナー

「総合課税」には「給与所得」や「事業所得」などの所得が該当します。これに対して、株式譲渡所得は「分離課税」に該当します。

--むにゅ? 配当金は?

「総合課税」でも「分離課税」でもいいのです。あらかじめ申告しておく必要もありません。確定申告の時にお得な方を選択できるのです。

--お得な方っていってもよくわからないみょ

「確定申告書等作成コーナー」で計算してみてプラスのほうを選べばいいのです。

ということで「その6」に続くかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告