11
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

フィボナッチ級数 その3

dolla.jpg

その2」でフィボナッチ級数の性質を確認しました。

この1.6180.6180.382という比率が相場の動きに関連しているというのです。


ドル円の月足5年チャートを作成してみました。2011年10月31日に安値75.32円を付けて、2015年6月5日に高値125.86円を付けました。この間の値幅は50.54円です。

これにフィボナッチ級数を当てはめると、値幅の0.382押しで1ドル106.55円となります。106円近辺が出てきました。

--110円が出てこないみょ

うん。110円は心理的な節目という意味合いが強いのかもしれません。また、自律反落と言われる1/3押しの位置が、1ドル109.01円ですので、このラインを越えて下落しなければ、上昇相場の目もあるのかもしれません。

とまあ。テクニカルというのはやっぱりよくわからないというのが実感です。「フィボナッチ級数」や「エリオット波動理論」と言われると理解しやすそうに見えますが、どうもすっきりしない。なんだか根本的なことが分かっていないからだとは思うのですが、その根本的なことが何かよくわからない。

う~ん。ひよこ投資家™の修業はまだまだ入り口でピヨピヨさまよっています。

※もきち♪のテクニカル記事を見て投資判断する人はいないとは思いますが、念のために、自己責任でお願いします。マーケットのえらいさんも110円を抜けたら次は106円あたりが重要になるってことで、何も断言していません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告