09
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

今さら聞けない レセプト債

キャプチャ
出所:NHK NEWSWEB 「レセプト債」償還不能 投資家が賠償求め提訴へ

2015年11月6日に、レセプト債を発行していたファンド3社と運用会社1社が破産手続きの開始を申し立てを申請してから、今も関連ニュースがくすぶっています。損害賠償訴訟も増えそうです。


ということで、レセプト債って何でしょう。この「レセプト」ってのは、そもそも医療機関が健保などに請求する医療報酬の明細書です。

--むにゃ? 医療費はちゃんと病院でお会計しているみょ

いえ。日本では国民皆保険制度を採用していますから、患者は健康保険に加入しています。そして、病院の会計で患者が支払っているのは医療費の自己負担分だけです。自己負担分は医療費全体の3割とか1割とかです。医療機関は残りの医療費を健康保険組合や市町村(以下健保など)に請求します。その時に使われる明細書がレセプトです。

ここで、患者が窓口で支払う自己負担分はその日に支払われますが、健保などの支払いは、レセプトを月ごとにまとめて、しかるべき審査機関に提出して、審査を受けて健保などに送られて、健保などで処理して支払われます。この間3か月程度だということです。

ここで、資金繰りをちゃんとしていないと、来月には健保などから支払われるのに、明日に迫った支払いに充てる現金がないという状況に陥りかねません。

これは何も医療機関に限ったことではなくて、企業でも普通に起こる問題です。企業間の取引では手形が一般的ですので、売り上げが急に増えたりすると、受け取った手形はたくさん手元にあるのに、急に増えた原材料費の支払いに充てる現金がないという状況です。そんな時には、手数料を支払って手形を現金化します。手形割引ってやつです。これが定常化すると自転車操業と言われます。

同じように「レセプト」を現金化してあげるから、手数料を頂戴ねって仕組みを債券化して売り出したのが「レセプト債」なのです。


レセプトの返戻割合は1~2%のようですから、ほとんどのレセプトは3か月もすれば現金になります。これをまとめれば投資対象としては悪くないように思います。

でも、レセプトをわざわざ手数料を支払って現金化したいという医療機関がそんなに存在するのでしょうか。医療機関の仕入れでも、現金取引をしているとは考えられません。当然支払いも手形でしょう。開業してすぐならば別にして、自転車操業している医療機関がそれほど多いとは思えません。

つまり、お金を集めても、レセプトを継続して割り引いて仕入れ続けることは大変そうです。ファンドを発行した会社は本当にレセプトを仕入れていたのでしょうか。うまく仕入れられなくても、しばらくは大丈夫なのです。集めたお金を運用益だと言って再投資させて、残高だけ増えているように報告する。解約を申し出た顧客にはなんだかんだ言ってもっと出資させる。最後には集めたお金を持ち逃げする。なんだか何度も聞いたことがあるような気がします。


えっと。今回はどうかわかりませんが、ここで投資詐欺の黄金パターンを確認します。

1.なんだか確実そうな対象に投資して高利回りだと言ってお金を集める
2.投資はせずに、集めたお金を最初だけ少し配当して(配当しないこともあり)残高がどんどん増えている報告書を発行して、もっとお金を集める
3.そのお金で豪遊して人生を楽しんで、やばくなったら「うっそぴょ~ん」って破綻する


実際にはいろいろアレンジを加えてここまで露骨にならないようにカモフラージュするのでしょうが、よくわからない新しいものに投資するのなら、自己責任でしっかりと検討しなければいけないってことですね。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告