08
24
25
26
27
28
29
30
31
   

テクニカル指標を表示するツール

キャプチャ
出所:カブドットコム証券 kabuステーション 7203 トヨタ自動車 1分足にいろいろ追加

ということで、毎日テクニカルな時間を持つようになりました。テクニカル指標ってたくさんの種類があります。


テクニカル指標は、どこかの公的機関が定義しているわけではなくて、多くの投資家が経験上有益だと思われるものが広がったものです。つまり、テクニカル指標として決まったものがあるわけではなくて、種類も内容も流動的なものなのです。

そのたくさんのテクニカル指標は、証券会社が提供しているチャートで計算してくれます。でも、種類も定義も決まっていないのですから、ツールによって用意されているテクニカル指標も微妙な計算も変わってきます。


まず、テクニカル指標の中には似た性質のものがたくさんあります。自分でほしいテクニカル指標が用意されていない場合は、用意されているテクニカル指標を一通り試してみることをお勧めします。表記が異なるだけで、数学的には同様な内容の場合もあります。

それでだめなら、その指標が表示できるチャートを探すことになります。そのためにも複数の証券会社の口座を持っていると便利なのです。


それでも表示できるチャートがない場合や、まったく新しい素晴らしい指標を思いついた場合は、自分で表示できるチャートを作ってしまいましょう。エクセルなどの表計算ソフトでも多くのことができます。現在の価格を取得できるサイトもあります。

--むにゅぅ 誰かに作ってもらうのがいいみょ

誰かに頼むと、まったく新しい素晴らしい指標のアイデアが漏れてしまうかもしれません。ここは頑張って自分で作ってしまいましょう。


テクニカル分析の勉強を始めた時は、もう少し体系だっているのかと思っていました。でも、考えてみればどこかに管理している団体があるわけではないし、そもそも何をやってもいいのです。

もちろん、まったく別の内容を一般的な名称で呼ぶといろいろややこしいことになりますが、他人が使っている名称さえ使わなければ自由なのです。

とはいっても、自分で作るとなるとそれなりに手間もかかります。まずは証券会社が用意してくれているチャートで、思うような表示ができないか使い込んでみることが大切だと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告