11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

48.6秒の手間

キャプチャ

前回の「よそ行きと自分遣いの計算シート」で、自分使いなら手抜きでいいから楽だと書きました。


ということで、本当に手を抜くとどうなるか作ってみたのが上のローソク足チャートです。味気ないチャートですが、自分で見るには十分です。

いつものSBI証券のトレードツールHYPER SBIから日経平均株価の日足6か月データをCSVファイルでダウンロードしたところからストップウォッチ片手に作成してみました。

所要時間は48.6秒です。

キャプチャ

もちろん。何度も繰り返している作業ですので、慣れてはいますが、それにしても1分かかっていません。正直自分でも驚きました。


作業としては、まずダウンロードしたCSVファイルをダブルクリックしてExcelを起動します。次に、不要な列を全部選択して、「Delete」キーで削除します。
※いつもは安全のために「列」を削除するときには右クリックして削除しますが、今回はCSVファイルからの作業ですので、余分な参照などがないとわかっていますから、スピードを考えて「Delete」キーです。

次に「日付」が入ったA列を選択して、いつもの「データ」「区切り位置」「次へ」を2回で「列のデータ形式」を「日付」に指定して「完了」です。

シート全体を選択して「並べ替え」で「日付」の「昇順」に並べ替えたら表は完成です。


今回は余計なデータが入っていないので、とりあえず数字が入っているセルをどれか選択して「F11」キーを押して自動でグラフを作成します。デフォルトは棒グラフが作成されます。

キャプチャ

グラフエリアで右クリックして、「グラフの種類の変更」で「株価」のローソク足チャートを指定して「OK」です。

キャプチャ

自分使いと言ってもこのままでは見にくいので、グラフの日付を右クリックして「軸の書式設定」で「テキスト軸」に変更して、縦軸の価格の「最小値」を「14000」に変更して終了です。


1分を切っているというのは自分でも驚いています。でも、まだ途中で迷うところもありましたので、もっとタイムは縮められると思います。スペック的には少し劣るサブPCを使っているし。

いや。タイムトライアルが目的ではなくて、自分使いならお手軽に検証できますというのを実践したかっただけです。1分切っているのですから、お手軽ではないとは言わせません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告