07
25
26
27
28
29
30
31
   

売買手数料

キャプチャ
出所:SBI証券 手数料サイトの信用取引部分を抜粋

株式投資は、証券会社を通して行います。証券会社には注文を仲介してもらうのですから、手数料を支払います。


株式の売買手数料は、基本的に売買注文が約定(やくじょう)したときに、金額に応じて発生します。多くの場合は1注文ごとに手数料が必要となります。

例えば、2000円の株式を制度信用で1000株購入する注文を出した場合を考えます。たまたま売り注文が細かくて、200株と300株と500株に分かれて合計1000株約定した場合には、3回に分けて約定しています。でも、注文は1つですので、2000円の1000株で2百万円の注文に対する手数料を支払うのです。

これが、価格を変えて3つの注文だった場合はどうでしょう。2050円で200株、2000円で300株、1980円で500株の注文を出して、すべて約定した場合は、合計約定金額は2百万円で同じですが、3つの注文に対して手数料を払うことになります。


同じ平均約定単価2000円で1000株の制度信用買いポジションを取っても、手数料が異なります。細かい注文を出す投資家には少し優しくありません。ひよこ投資家™は細かい注文をピヨピヨ出したいのです。

特に売買金額が数千円のETFをちまちま取引したら、利益を出すのは至難の業です。

そんなひよこ投資家™に優しい制度もあります。1日の約定金額に応じて手数料を払う制度です。これは対応してくれる証券会社が限られますが、ひよこ投資家™ご用達のSBI証券でやってくれています。ETFでも安心です。

ただし、あらかじめ手数料形態を決めておく必要があります。変更するときは月単位で、翌月から変更となります。


最初に口座を開いたり、手数料形態を選択するときにはしっかりと検討すると思いますが、手数料は結構な頻度で変更されます。自分にとって一番有利な証券会社で手数料形態を選択したつもりでも、しばらくして見直してみると、ほかの証券会社のほうが有利になっていたということは少なくありません。

また、自分の投資スタイルが徐々に変化して、実は不利な手数料形態になっていたということもあります。

定期的に手数料形態を見押すことも大切だと思います。



Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告