10
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ショートスクイーズ

キャプチャ

株式投資だって、売りから入ることもできます。「オプション取引基礎の基礎」でもやりましたが、買いポジションを「ロング」、売りポジションを「ショート」などと言います。


とは言っても、ロングとショートでは少し様相が異なります。まず、ショートには「現物取引」がありません。もともと持っていない株式を売却だけするのですから、「現物取引」は無理なのです。

どこかから(悪い大人から?)借りてきた株式を売ることになります。

--人から借りたものを売っちゃうっていけないやつだみょ 友達なくすみょ

いや。そのために貸してくれるのです。そして、大切なことは、貸してくれるのは悪い大人だから、手数料で十分儲けるのです。

そうなのです。ショートポジションを持っている期間ずっと手数料が必要になります。ということで、あまり長期の投資には向いていないのです。短期投資の手法だということです。

また、ロングポジションなら、損失が限定されています。1000円で購入したら、最悪の状態でも価値がゼロになるなるだけです。ところが、ショートポジションだと損失が限定されません。1000円で売った銘柄が1万円、10万円になることだってあるのです。


つまり、ショート(空売り)から入る場合は、ロング以上にリスク管理が重要になってきます。ショートポジションで含み損が膨らむ前に損をするとわかっていても買い戻す(損切:ロスカット)ことが必要になります。

とはいっても、いざ損失を確定する場面でははなかなか決断できません。ですから、この買い戻すタイミング(損切ライン)をあらかじめ決めておくことは大切なことです。

空売りを仕掛ける投資家の多くは、あらかじめロスカットのタイミングを決めて仕掛けています。


ところが、相場には悪い大人がたくさんいます。そして、困ったことに、取引の多くは悪い大人たちが関わっています。

悪い大人たちは、チャートの形だって自由自在に操れます。いたいけなひよこ達が仕掛けたくなるようなトラップを仕掛けて虎視眈々と待っているのです。

そこにいたいけなひよこ達がロスカットのタイミングを決めて空売りを仕掛けることになります。ひよことはいえ、みんなが売れば価格も下がってきます。悪い大人たちは、ひよこ達がたくさんトラップ引っかかった頃を見計らって、おもむろに仕掛けます。

もともと悪い大人たちが仕掛けた罠なのですから、ロスカットラインも完全に把握されています。悪い大人たちはそのラインまで一気に買い上げるのです。

ひよこ達は慌てて買い戻すしかありません。ひよこと言えども、みんなが買い戻せば価格はますます上昇します。買い上げた悪い大人たちはひよこ達の損失をすべて食べつくして利食い売りで手仕舞えばいいのです。

これが「ショートスクイーズ(Short squeeze)」です。

--うぎゃ~ ひよこはひとたまりもないみょ

うん。ひよこ投資家™は一つ一つちゃんと理解できたものに投資することが大切なのです。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告