08
24
25
26
27
28
29
30
31
   

大量の決算短信ではこれを見る!!

キャプチャ
出所:SBI証券 決算発表スケジュール

昨日の 6506 安川電機 を皮切りに、3月決算企業の本決算発表が本格化してきました。


今年の集中日は、5月13日の金曜日で、959件となっています。全部を確認するのは大変です。仮に1社で1分かかったとして、959分、約16時間必要です。

--金曜日だから、土日を確認に充てればいいみょ

うん。金曜日なのが救いです。でも、16時間というのは大変な時間です。ましてや、気になる企業をじっくり調べようとしたら、とても1社1分のペースは保てません。

--全部見ようとするからだみょ 気になるのだけ見ればいいみょ

う~ん。気になる企業だと5社ぐらいになります。でも、せめて日経平均採用銘柄ぐらいは確認したいと思うのです。そうなると、どれが採用銘柄なのかリストアップして確認してってやっていると余計な時間がとられてしまいます。

となると、本当に気になる数十社を見るか、全部見るかとなります。だったら全部見ようかと思ってしまいます。


昨年は、「大量の決算短信を見る」で書いたように、無料で利用できるXBRLビューアソフトをこっそり使って、全部確認しました。

利用したのは「TeCA Webの無料ツールTeCAX(テカックス)」です。

--それでも1分で決算書をダウンロードして開いて確認するのは大変だみょ

うん。決算書はポイントを絞ってざっくりと確認するのです。


見るのはずばり「倒産する危険性の有無」と「利益が出る仕組み」かどうか。

といっても、確実に調べようと思ったらべらぼうな時間がかかりますので、あくまでも「ざっくりと」です。

「倒産する危険性の有無」は、貸借対照表の「流動資産合計」と「流動負債合計」の大小を確認します。

「流動資産合計」はすぐに支払いに充てられる資産です。家計で考えると、現金と預金に相当します。「流動負債合計」は1年以内に支払う予定の借金です。家計では、クレジットカードで支払った買い物の未払い金額などに相当します。

つまり、さしあたって請求される支払予定の合計を、支払うだけの資金を持っているかを見るのです。「赤字と債務超過と倒産と」で確認したように、借金が返済できなくなった時に倒産するのです。

次に「利益が出る仕組み」です。これも難しいのですが、ざっくりと、損益計算書で「売上高」の変化と「経常損益」の変化を確認します。つまり、売上高の変化額以上に経常損益が悪化していたら、利益が出ない体質に変わっているのかもしれないのです。商売には「固定費」が必要ですので、変化率ではありません。あくまでも変化額で確認します。

この2点だけに絞ってTeCAXを利用すると、1社30秒ぐらいで確認できます。959件で約8時間です。現実的になってきました。

ただし、CPUとメモリーに負担をかけますので、ある程度のマシンスペックが必要になります。

安川電機をサブPCで確認しましたが、あまりの遅さにびっくりしました。


もちろん。確認したい企業がしっかりと決まっていて、スケジュールもばっちり管理してあれば、こんな乱暴な方法は不要です。面倒だからやっつけでいいから全部確認したいって人にお勧めの方法です。


2016.04.21 追記
確認していてふと思ったのですが、怪しい企業は、「純資産合計」がプラスかどうか(債務超過に陥っていないか)は見ておいたほうがいいですね。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告