11
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ゴールデンウィーク中のCME日経先物

キャプチャ
データ出所:225Labo CME日経225先物(円建て)日足

ということで日本では、ゴールデンウィーク最終日です。連休前には大きく下がって、海外市場でも東京市場の下げをそのまま受け継いで下げていましたので、心配でした。


ということで、シカゴの日経平均先物の日足に一目均衡表を記入したのが上のチャートです。

アメリカの雇用統計の発表を明日に控えていることもあってか、恐れていたほどは動いていません。日経平均株価と比較してみます。

キャプチャ

--おんなじだみょ 違いが判らないみょ

日経平均株価と、日経平均先物のチャートですから酷似しています。でも、日本がゴールデンウィークで浮かれている間もシカゴでは場が開いていますので、CMEには新しい値動きが追加されています。


CME日経先物チャートを見てみると、終値は雲の下で自由に動いているように見えますが、遅行スパンを見ると、先行スパン1が上値抵抗線として押さえられているように見えます。

上から雲を抜けた時も一気に下落して抜けていますから、この雲の中は居心地が悪そうです。

明日の東京市場では、遅行スパンと先行スパン1とのせめぎあいが観戦できるのかもしれません。

とはいっても、明日の夜にはアメリカの雇用統計が発表されます。この内容次第では遅行スパンも雲を気にしていられません。いつかは雲の呪縛から逃れないといけないのです。


日本市場が休みの間に海外市場の値動きは気にする必要はないのかもしれません。でも、実際に為替や日経平均先物や海外市場が動いている以上、気になります。

そして、一目均衡表を見ていると、日本が浮かれている間にシカゴやシンガポールで取引された日数をどう扱うのか気になって、ちまきも喉を通りません。

しばらくは、日経平均株価とCME日経先物の一目均衡表を見比べる日々が続くのかもしれません。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告