08
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

7203 トヨタ自動車株式会社 の今期営業利益が40%減だって!?

キャプチャ
データ出所:7203 トヨタ自動車株式会社 2016年3月期決算と平成26年3月期決算資料から作成

7203 トヨタ自動車の2016年3月期決算が発表されました。同時に発表された今期見通しで営業利益が40%減益でした。


2016年3月期の決算は、増収増益でした。でも、マーケットコンセンサスには届いていないようです。

マーケットコンセンサスは税引き前当期純利益がSBI証券3,039,912百万円、IFISが3,039,910百円となっています。


マーケットコンセンサスに対して、税引き前当期純利益が約98%となっています。また、発表前の株価終値は5634円となっています。

単純に、PERがそのままで、税引き前当期純利益が届かなかった分だけ株価が下落したとすると、約2%減の5529円となります。つまり、今日は2%程度の下落は覚悟したほうがいいということになります。

キャプチャ
出所:SBI証券 7203 トヨタ自動車 分足1日チャート


むしろ、2017年3月期の見通しで、営業利益が40%減益ということが大きくニュースで取り上げられています。

想定為替レートは、1ドル105円だそうです。今回の決算に比べて円高方向で考えています。

でも、105円というのは、2014年の水準です。売上高も、2014年よりも増えるとの見通しです。そして、いくら円高だといっても、減収減益前提で目標を立てているとは思えません。

日本企業は、当初の見通しを厳しめに発表する傾向があります。売上高が見込めないのなら別ですが、売上高はそこそこ見込めて、利益だけ約40%下落するというのをそのままにしておくとは思えません。

2014年3月期の営業利益で計算しなおすと、約20%減益となります。個人的には悪くてもこのレベルではないかと考えます。


決算発表が増収増益でも、株価が下落することがあります。逆に下方修正で株価が上昇することもあります。

これは、企業が発表する前に、相場のえらいさんたちがいろいろと予想している数字(マーケットコンセンサス)を前提に株価が決まっているからです。

増収増益なのに、マーケットコンセンサスに届かなかった場合は株価は下落します。逆に下方修正が発表されても、マーケットが思っているほど悪くない場合には株価は上昇します。

今回のトヨタ自動車は、2016年3月期実績がマーケットコンセンサスに届かなったのと、2017年3月期見通しが、マーケットコンセンサスの2,810,782百円に比べて大きく下回っているということになります。

とはいっても、2兆円近い利益を見込んでいるのです。まあ。今日は2%引きで考えて、これからは長い目で見守るのがよろしいかと思います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告