07
25
26
27
28
29
30
31
   

マウス買いました M-BL21DBWH

キャプチャ

商品券って持っていてもなかなか使えません。ということで、マウス難民のもきち♪は商品券でマウスを購入しました。


もともとはワイヤレスマウスはあまり好きではありませんでした。ワイヤレスだとマウスの電源も気にしないといけません。面倒です。でも、1台使ってみて、自宅で使うのなら単3電池に限り許容してもいいのかと思えてきました。

自宅だと、メインPCとサブPCと2台立ち上げて、USBテンキーボードにマウスが2台。電源コードが2本にLANケーブルとケーブルだらけになります。ワイヤレスだと便利です。


ということで、エレコムのワイヤレスマウスです。エレコムはどうもマウスに顔を書くのが好きなようで、東芝dynabookのぱらちゃんのような顔が書いてあります。別にそれで選んだわけではありません。きっと ・ω・


ELECOM ワイヤレスマウス BlueLED 5ボタン M-BL21DBWH


単3電池使用の少し小ぶりのマウスです。サイズ的にはもっと小さくてもいいぐらいです。Logicoolと比べてみると、投影面積はそれほど変わりませんが、高さがかなり抑えられています。

キャプチャ

機能的には5ボタンで、logicoolと同じ親指部分に2つボタンがついています。デフォルトではWebブラウザなどの「進む」と「戻る」ボタンが割り当てられていますが、ユーティリティをダウンロードすれば割り当てを変更できます。使いませんけど。

マウスソールはかなりいい感じに滑ります。「マウスソール」で紹介した「カグスベール」と同程度といえます。

カウント(カーソル速度)は、上面のボタンで3種類に切り替えられます。これは便利です。PC本体の設定を変更せずに、用途によってカウントを変更できたりするのです。今は中間の1500カウントで使っています。

ホイールの回転は普通の硬さでしっかりしていると思います。logicoolが軽めですので、作業によって使い分けることになりそうです。決算短信マラソンにはちょっと重いかもしれません。

ホイールのチルトスイッチはスペック上書かれていませんが、なぜか右チルトのみ作動します。左はそもそもスイッチがないように思います。

また、レシーバーが本体に収納できますが、これはパッケージにも製品のWebサイトにも書かれていません。収納できて当たり前なのでしょうか。もったいない。店頭でしばらく悩んでいたのはこれが原因です。

キャプチャ


欠点は、レシーバーがPC本体から大きく飛び出すことです。logicoolでは4.5mm程度の飛び出しが、7.5mm程度となっています。

キャプチャ
上:logicoolのレシーバー 下:エレコムのレシーバー


マウスソールもそのままで、カウントも手元で変更できますので、購入してすぐに使うことができます。各スイッチも、非力なもきち♪には少し重めですが、しっかりしています。

USBレシーバーが飛び出すのは気になります。持ち歩くときには毎回取り外す必要があります。

モバイルユーザーから見ると、やっぱり不合格です。Bluetoothに対応していればこれで十分なのですが、Bluetoothでは認識しませんでした。この飛び出しは残念ながら「モバイルには使えません」と言っているようなものです。

悔しいけど自宅で使います。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告