11
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

上場企業の決算一覧を作成する その3

キャプチャ
出所:JPX(日本取引所グループ) マーケット情報 その他統計資料 東証上場銘柄一覧

その2」までで、上場企業の決算データをダウンロードして、フィルター機能で最新の通期データを抽出しました。このまま検索などを使いながらでも利用できますが、連結決算を発表している企業では連結と個別が並んでいます。また、業種の情報がまだ全くありません。


業種の情報は、JPX(日本取引所グループ)のサイトからダウンロードできます。場所はちょっとわかりにくいのですが、「マーケット情報」の「統計情報(株式関連)」内の「その他統計資料」の「東証上場銘柄一覧」にexcelファイルで公開されています。

ダウンロードして開いてみます。業種や規模も書かれています。これに財務情報を追加すれば使い勝手のいい表が出来上がりそうです。

キャプチャ


東証上場銘柄一覧には「ETF・ETN」も含まれています。今回は使いませんので、行ごと削除します。

「ETF・ETN」が入力されている「市場・商品区分」をキーに並べ替えればいいのですが、今後のことを考えて、こちらもフィルターを設定して並べ替えます。

データが入っているセルを選択して、「データ」タブの「フィルター」をクリックします。「市場・商品区分」の右の「▼」をクリックして「昇順」をクリックします。

キャプチャ

「ETF・ETN」が上部に並びますので、行ごとドラッグして選択して行頭番号部分で右クリックして削除します。

「市場・商品区分」で並べ替えられていますので、「コード」の右の「▼」をクリックして「昇順」をクリックして、コード順に戻します。

キャプチャ

上場企業一覧が完成しました。


ここまでの作業で、「上場企業の決算データ」のファイルと、「上場企業一覧」のファイルができました。この2つのファイルを合体して、ファイル形式を新しい形式(.xlsx)に変更します。

2つのファイルを開いて、どちらでもいいので、左下にあるシートのタブで右クリックします。「名前の変更」でシート名をわかりやすいように変更しておくと便利です。ここでは、「ichiran」と「zaimu」に変更しました。このシート名はこの後の式に出てきますので、コピペしたい場合は同じ名前にしておくと少し幸せかもしれません。

もう一度シートのタブで右クリックして、「移動またはコピー」を選択します。「シートの移動またはコピー」ウィンドウで「移動先ブック名」でもう一方のブックを指定して、「OK」ボタンをクリックします。

キャプチャ


合体したファイルを保存します。しかし、新しい機能を使っていますし、この後使う関数も新しい機能ですので、古いバージョンではサポートされていません。

ということで、新しい形式で名前を変えて保存します。

「ファイル」タブを選択して「名前を付けて保存」を選択して、保存したいフォルダを指定したら、ファイル名を付けて、「ファイルの種類」から「Excelブック」を選択します。ファイル名は「meigara.xlsx」としました。

キャプチャ

表の合体は「その4」に続きます。
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告