10
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ヘリコプターマネーはデフレの救世主となるか

キャプチャ
出所:DIAMOND online 「ヘリコプターマネー」の効果はアベノミクスとほぼ同じ

前FRB議長のバーナンキさんが来日して、黒田おじさんと安倍首相と会談しました。


会談直後から、「ヘリコプターマネー」を検討しているという報道が相次いでいます。

--ヘリコプターマネーって初めてきいたみょ

うん。中央銀行(日銀)が紙幣を刷って、ヘリコプターからまくということです。でも、実際にはそんなことはできないので、比喩的に使われています。具体的には政府が発行した国債を中央銀行が直接引き受けます。

バーナンキさんは以前からヘリコプターマネーについて発言していました。そして今回来日して黒田おじさんと安倍首相と会談しています。

日本観光のついでに寄って、世間話をしたわけではありません。日本でヘリコプターマネーを導入するときの具体的な話をしたと考えるのが自然です。


--うにゅ お金がないならどんどん刷ればいいんだみょ

いえ。国債を中央銀行が引き受けるというのは非常に危険なのです。裏付けは国債なのですから、国の信用をお金に換えているのです。際限なく続ければ、いつかは国の信用価値がなくなって、ハイパーインフレに陥る危険があります。

今の日本では、日銀が国債を毎年80兆円購入しています。今は債券市場に出回っている国債にとどまってはいますが、一度市場に流れた国債も、政府が新規発行した国債も、同じ国債です。

もうすでに中央銀行による国債購入は実施されているのです。


だとすると、今さらヘリコプターマネーが話題になるのは少し違和感があります。それよりも、コントロールできないインフレを防止する方法をしっかりと話題にする必要があると思っています。

市場の国債を購入するのと、新規発行する国債を直接引き受けるのとでは確かに違います。政府と日銀が直接やり取りしていたら実態が見えなくなるという側面はあります。

でも、やっていることは今と変わりません。もうすでにやっていることなのです。だとすると、今後インフレが進んだ時に、しっかりとコントロールされているのかどうかに注目することが大切だと思います。

中央銀行による新発国債の直接引き受け」ってのは破壊力満点の言葉ですが、すでに同じことは行われていると認識することが大切なのかと思います。

Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話を中心に書いています。

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧  シーズン2

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサードリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告