07
29
30
31
   

ダークプール

キャプチャ
出所:SBI証券 SBI PTS

SBI証券には、「取引所金融商品市場外取引」であるSBI PTSがあります。


PTS(Proprietary Trading System)とは、証券会社が独自に設定している証券取引所以外で取引できるシステムです。

--むにゅ? 勝手に取引しちゃいけないんだみょ 怒られるみょ

うん。勝手にやっているわけではありません。日本証券業協会の定める「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」などに従って設定されています。

証券取引所の営業時間外でも取引ができますし、手数料もお安くなっています。


このPTSは個人が利用することが多いのですが、機関投資家が大口の注文をこなすための市場外取引があります。

機関投資家が大口の注文を取引所でさばこうと思うと大変です。他の注文に対してまとまった注文を出すと、価格が大きく動いてしまいます。買えば大きく上がるし、売れば大きく下がります。

--ちょっとずつ 何回もに分けて注文すればいいんだみょ

うん。そうすると、板読み屋さんがすぐに反応します。一定の価格帯に何度もわいてくる注文があると、つつかれてしまいます。

そこで、機関投資家の大人たちは、大口の注文を市場外でさばくのです。ひよこ投資家™はこんな取引が行われているとは気が付きません。知らないところで取引されているのです。

ダークプール(Dark Pool)」です。

--ダークだみょ 黒いスーツに黒いハットをかぶって濃い目のサングラスをかけたごつい男がアタッシュケースを交換するやつだみょ

いえ。ダークといっても合法です。大人なサラリーマンが普通に明るい部屋でコンピュータを使って取引します。「見えない流動性」と言われています。


ダークプールは決してダークではないし、サングラスも必要ありません。でも、なんだか香ばしいにおいがします。

とはいっても、個人の小口の注文はPTSがせいぜいで、とてもダークプールとは縁がありません。

ということで、そのような大人の取引が存在するということだけわかっていればいいのかと思っています。


Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告