07
24
25
26
27
28
29
30
31
   

企業の決算発表を読む その6:決算書をエクセルに取り込む

キャプチャ

決算書を詳しく検討するには、表計算ソフトに取り込むのが一番です。ここでは例としてmicrosoftExcelに取り込む手順をご紹介します。

2008年度から全ての上場企業について、有価証券報告書は金融庁のEDINETで、決算短信は日本取引所グループ(JPX)の適時開示情報閲覧サービスでPDF形式とXBRL形式で公開されています。

残念ながらどちらも表計算ソフトでそのまま読み込める形式ではありません。しかし、少し加工することで表計算ソフトに取り込むことが可能です。特にXBRLはXML形式で記載されたテキストファイルですので扱いが容易なのです。

ここでは、簡単だけど(たぶん)限られた条件で平成25年9月17日以降発表の決算しか使えない方法から、手間がかかるけど確実な方法まで3種類ご紹介します。

1.XMLビューアwebブラウザで表示してエクセルにコピペする
2.XBRLからCSVファイル(中間ファイル)に変換してエクセルで読み込む
3.PDFからテキストファイルにして加工してからエクセルで読み込む

の3種類です。

1.XMLビューアwebブラウザで表示してエクセルにコピペする

これはきっと最新のGoogleChromeでしか使えない方法だと思います。以前試した時はダメでしたし、今IEで試してみましたがうまくいきませんので、きっと限られた条件での方法だと思います。また、XBRLの質にもよるのかもしれません。でもこれでうまくいけば非常に楽です。2015.4.29 他のブラウザでもうまくいきました。どうやら平成25年9月17日稼働の次世代EDINETでHTMLデータ(Webの形式)も添付するようになったようです。

まず取り込みたいXBRLをダウンロードします。ここでは2015.4.24発表の6436 アマノの決算短信を例に進めます。

日本取引所グループ(JPX)の適時開示情報閲覧サービスで決算短信のXBRLをクリックします。

キャプチャ

ダウンロードしたZIPファイルの「XBRLData」→「Attachment」内にあるXBRLをGoogleChromeで開きます。

キャプチャ

キャプチャ

選択してコピーしてエクセルで新規ファイルにペーストすれば出来上がりです。

キャプチャ

らくちんです(^^)
Secret

プロフィール

もきち♪

Author:もきち♪
個人事業主ですが株式投資のほうが主体になっています。

投資スタイルは逆張りナンピン。チキンになりきれないひよこ投資家™でピヨピヨトレードです。

2007年に投資信託を始めて、2009年に国内株式の個別銘柄投資を始めました。

中小企業診断士(診断業務休止中)でオンライン情報処理技術者です。

ブログでは株式投資とコンピュータの話がメインになるかな?

きほんゆるめに。。。

【FISCOソーシャルレポーター】ってのに公認されました。


キャプチャ
もきち♪への直通メール

スピンオフサイト

ブログ内リンク

全ての記事を表示する
データをダウンロードできるサイト一覧

ブログ内検索

過去の記事

全ての記事一覧

カテゴリ

最新記事

ランキング




経済ニュース













使っている証券会社

スポンサーリンク

おすすめ



カンファレンスバナー

アフィリエイトフレンズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

広告